INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

海外

朝日新聞・松本仁一が新連載「国を壊す」

「カラシニコフ」「アフリカを食べる」で有名な朝日の名物記者・松本仁一が連載を同紙で始めた。「国を壊す」と題し、ジンバブエの混乱を書いている。 治安の悪化、ハイバーインフレ、モラル崩壊、人種対立の扇動・・・などお決まりの展開が並ぶが、そのジン…

ジンバブエ、ただいまお金がすぐ10万倍に。額面が。

http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/hassinbako/news/20070928ddm002070128000c.html 発信箱:インフレ率10万%=中村秀明 世界で最悪の経済状況にある国はどこか? 自爆テロが続くイラクでも、大量虐殺とあふれる避難民のスーダンでもない。アフリカ南部…

福田政権で「自由と繁栄の弧」は?豪州選挙で「日米印豪安保」は?

外務省サイトから「自由と繁栄の弧」演説 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/18/easo_1130.html はてなキーワードを作ったのも自分だ。 で、これは「中国包囲網」になりかねないという批判もある。 そのへんは「いいえ違います」とかわすこともでき…

宗教と社会に関するエピソード集

ここ1、2か月の新聞から。日本じゃこの種の話は大問題にはならんから、こつこつ記録していかないとね。◆アメリカの大学が、イスラム教徒の学生の要求に従い足洗い場を設置(イスラムでは一日三回の礼拝前に手足を清める)。キリスト教の学生が政教分離と批…

トルコとイスラムと政教分離

トルコの総選挙(与党のイスラム系政党が大勝)と、その後の展開は興味を持って眺めていた。ご存知の人はご存知なので、詳しい話は省略するが、トルコは20世紀初頭に「啓蒙専制大統領」とでもいうべきムスタファ・ケマル・パシャ(のちにケマル・アタチュル…

中島岳志「ヒンドゥー・ナショナリズム」を読む

中島氏は1975年生まれ。前、「ダルビシュ、ハンカチ王子級の人材」(特に、左派・リベラル系という言い方を敢えてすると、数的にも貴重な新鋭だ)と書いたことがあるが、それにふさわしいエリート教育を、毎日新聞を中心に敷かれているので知名度もアップし…

フランス余談。ルペンの「フランス万歳」について

なんでもルペンの国民戦線は、すっかり勢いをそがれたそうな。それは、サルコジが(国内政策の)タカ派で、国民戦線支持層をごっそり吸収してしまったからだそうだ。 これは危険と見る人もいるが「過激派をこういう形で無力化することもできる」と見なすこと…

」サルコジの「カジュアル(=英米化)革命」について

毎日新聞「記者の目」 http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/kishanome/news/20070529ddm004070151000c.html ・・・最近、来日したフランスのワイン業者が一様に嘆いている。サルコジ大統領はアルコールをたしなまず、ワインにまったく関心がない、と。 シラク前…

チャベス大統領、独自の無料表計算ソフト開発へ。「人民はマイクロソフト支配に抵抗する」(近未来SF)

2008年7月5日、ベネズエラ独立記念日。 皮肉にも最大の敵、米国の独立記念日と1日違いだが、その祭典を司る主の表情はあまりにも対照的だった。 ジョージ・ブッシュ大統領の支持率は9.6%。ついに前代未聞の、一桁の支持率を記録した。民主党大統領候補バラ…

チャベス大統領、反政府系TV局を閉鎖

http://www.latina.co.jp/html/topics/topics_disp.php?code=Topics-20070529141237 http://jp.ibtimes.com/article/general/070529/8001.htmlテレビ局は旧支配層の資本で、元来中立的というよりは一方の側に立っていたこととか、チャベスが最近土地改革に踏…

悪の米軍に立ち向かう、若きトルコの勇者!舞台はイラク・・・の映画が大ヒット

※ひさびさにリンクミス。 この上が格闘技関連エントリです 昨日付けで「オープン・ウォーター2」の予告編を見た、という話を書きましたが、もうひとつ興味深い映画が一部映画館で公開予定。 題名はずばり「イラク」。副題「狼の谷」。予告編を見ただけなので…

おかねもちが散財にやってきた!!bodogとパンクラスが提携

おかねもちが散財にやってきた!!bodogとパンクラスが提携

格差社会。 いやいやいやいや。まあそれは、いい取り合わせではあるとは思うけど、Bodogって、その資金の割にはへんなところに話を持っていくよね。あの資金量や金満ぶりなら、ひとっとびにPRIDEやK-1と提携したっておかしくないとは思うけど。やっぱりまだP…

エストニアではソ連の象徴「鎌とハンマー」のシンボル禁止

22日の東京新聞において、エストニアでソ連の対独戦争勝利記念碑を撤去する、という記事に載っていた。 あはははは。 まあ、理屈としては正しいわな。 今、レーニン・スターリン体制の残酷さがヒトラーナチス体制のそれに匹敵するトータリタリアニズム(全体…

君知るや、北海の鋼の国を・・・シーランド公国について。あるいは「国」とは何か

昨日、「後で触れておこうか、そのメモ代わりに」と「シーランド公国」の一言を書いておいたら、そのキーワードで多数の来訪者がいた。こんなに興味を持ってる人がいるとはね。最近のニュースを見てみよう 「世界最小の国」売却へ・英国沖のシーランド公国 …

肉を讃える歌。

今さつき、ちやうど丸谷才一のエツセイ集を読了したのですね。綾とりで天の川作者: 丸谷才一出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2005/05/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見るわたくしの文体といふものは、けつかう直ぐに影響されてしまふた…

「女王陛下の議会」開幕・・・歴史と伝統と儀礼と

11月17日の産経新聞に、ロンドン特派員・蔭山実の筆による「明解要解」というコーナーがあった。 英議会は例年11月、1年にわたる国会(つまり通年国会だ)は始まるが、最初に行われるのは上院での(←伏線)「女王演説」なんだそうだ。戴冠式で使う王冠に…

関川夏央「世界とはいやなものである」が増補文庫化

その記事を探しているときに見つけた記事 この本は単行本のときは読んだが、どう増補されているのかな http://book.asahi.com/bunko/TKY200611210140.html 世界」とはいやなものである 東アジア現代史の旅 [著]関川夏央 [掲載]週刊朝日2006年11月24日号 [評…

朝日新聞企画「新右翼の欧州」に注目せよ!!

この前、ヨーロッパに新しい極右の潮流、という朝日新聞の特集記事が面白いという記事を書いたが、あれは壮大な前ふりで、この企画につながっていたようだ。(そう告知しておけばいいのに)第一回目が、すごく面白い。 例のフランスの国民戦線(FN)は、今や…

欧州の反イスラム(右翼)運動に地殻変動・・・「僕らは寛容だ、だから非寛容のイスラムは敵だ」

11.18の朝日新聞は3面「時々刻々」に、大変面白い記事が登場した。 フランス社会党は大統領職奪回の切り札として、人気者の女性政治家ロワイヤルが登場した。 ここで右派サルコジ(?になるかはまだ不透明)との「バトル・ロワイヤル」になるか、もしくは大…

ノーベル平和賞にバングラデシュ「グラミン銀行」とユヌス総裁

【ロンドン=横田一成】ノルウェーのノーベル賞委員会は13日、2006年のノーベル平和賞をバングラデシュの貧困層への金融支援を実施したグラミン銀行と同行のムハメド・ユヌス総裁の双方に授与すると発表した。バングラデシュでの貧困撲滅への努力を評した。 …

核実験ではベネズエラも北朝鮮批判

どこまで本気かは知らないが、全体主義の自滅スパイラルに入り込まなかっただけでも、チャベスウォッチャーにとっても、かの国の人にとっても喜ばしいことだ。http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/10/11/20061011000009.html 【核開発】ベネ…

チャベス番長、また大暴れ。「南米テレビ」で米国メディア支配に挑戦す!!

「チャベス大統領」というキーワードをつくったのは自分だが、順調に他の人のブログにも登場しているようで知名度は上昇の一途のようだ。 衛星放送で本日、また彼を中心とした動きが特集される。 NHK衛星第一テレビ夜10時10分から 地球特派員2006 「米メディ…

タイ・クーデター指導者は厳格、清廉なイスラム教徒

偏狭守備の司令官の副官に、この指導者の娘がいたらおもしろかった(笑)銀英伝ネタはひさびさだ

タイでクーデター勃発

これはだれの言だったかな(『クーデターの政治学』という本を書いた岡崎久彦だったかもしれない)、戦後タイというのは広ーくいいますと「強権軍事クーデター党」と「腐敗政党政治党」の”二大政党”だったと(笑)。 比較的、軍がクーデターを行った後の民政…

ジダンの頭突きを呼んだ言葉は?

http://www.cnn.co.jp/sports/CNN200609060018.html フランス代表主将のMF、ジネディーヌ・ジダン選手の頭突き事件で、「被害者」となったイタリア代表DF、マルコ・マテラッツィ選手(インテル)は5日、伊スポーツ紙、ガゼッタ・デロ・スポルトとの会見…

ギュンター・グラスは元ナチ・・・ブリキの太鼓で奏でよ、「ホルスト・ヴェッセル」の歌を(笑)

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200608170437.html グラス氏「ナチス所属」に「告白遅い」と批判 少年時代にナチス・ドイツの武装親衛隊に所属した過去を明かしたドイツのノーベル賞作家ギュンター・グラス氏に、近隣国やユダヤ人団体などか…

ハリー・ポッター翻訳家が納税に関し、居住地がスイスか日本かでもめる。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060726i204.htm?from=main2 ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズの日本語版翻訳者の松岡佑子さん(62)が、同シリーズの翻訳料などの所得を申告していなかったとして、2004年までの3年間に約36億円…

W杯で思いついた格言

ドイツの悲劇は イタリアをサッカーで敵とし 戦争で味方にしたことにある− と、けっこうだれでも思いつくことを書いてみましたが、実はこの種の三国同盟をネタにしたジョークというのは、今はポリティカル・コレクトネスに引っかかるのであまり言えないんで…

毎日新聞に、親台湾コラムが掲載

産経新聞ならともかく(笑)、毎日新聞にこのようなコラムが載るとは。いくらフリーゾーンの「発信箱」とはいえだ。びびってたじろいだのでここに紹介http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/hassinbako/news/20060518ddm002070042000c.html 発信箱:「親日」の…