INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

電撃文庫「やせいのいしおの」が、ガチのサバイバルものですごいらしい(佐藤ケイ著、10月新刊)

やせいのいしおの! ~異世界ケモミミサバイバル~ (電撃文庫)

やせいのいしおの! ~異世界ケモミミサバイバル~ (電撃文庫)

内容紹介
とにかくすごい達成感! 今日もなんとか生きのびた!

井戸に落ちたら異世界だった。文明なし、道具なし、獣人はいる。柴犬娘の案内で帰り道を探しつつサバイバルの始まりだ。火が要る紐が要るカゴが要る斧も欲しい! だけどそんなの作れるの? そして生きて帰れるの?

著者について
●佐藤 ケイ:第7回電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞者。代表作『天国に涙はいらない』『私立!三十三間堂学院』。

●かみや まねき:『私立!三十三間堂学院』(電撃文庫)などを手掛けたイラストレーター。同人方面でも活躍中。

著者の経歴も、紹介者のかたも正直わからんし、カバーを見ればふつうには手に取らないだろうね。
ただ、大きく見ての「サバイバルもの」にはすべて興味があるし、文明創出・復興ものにつながるのかもしれない、

これは基本、普遍性があるんですよ。一誌に一冊、グルメマンガや恋愛漫画的に、そのジャンル自体が滅びることはないやつ。

創世のタイガ(5) (イブニングKC)

創世のタイガ(5) (イブニングKC)


こういったジャンルとして、この作品は面白いか面白くないか。とりあえず白紙だけど、「こういうジャンルの本が出る」というだけで一次関門は通過。

徳川秀忠の「関ヶ原遅参」は、激戦時に『温存した追加兵力』をぶつける意図があったのではないか


真田丸でも軍師官兵衛でも描写されることがあったと思うけど「東軍と西軍の戦争が、『関ヶ原合戦という1日の合戦でほぼ決着』が想定外の事態であり、それ以前の諸大名は長期戦を想定して動いていた」と…いうことが、時に結果が有名過ぎてわかりにくくなっている。

ナポレオンの「必殺技」は進撃の速さも砲兵や騎兵の巧妙な利用もあるが『ここぞ』というときを見極め、その場面で温存していた精強無比の近衛軍を投入する判断の良さ…も挙げられる。

f:id:gryphon:20190918112007j:plain
ナポレオンの近衛軍は「ここぞ」の場面で投入された(ナポレオン覇道進撃)


ただ、秀忠が遅れたのは予備戦力温存のため…というのも、(遅れという)結果から見た逆算ではないか??とも言えてしまう。
「それで負けてしまっては元も子もなかろ?」も説得力あるしねえ。
お題としてはなかなかの仮説だが、要検証、ということかな。

新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い

新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い

一次史料にみる関ヶ原の戦い(改訂版)

一次史料にみる関ヶ原の戦い(改訂版)

「あいちトリエンナーレ検証委」生配信は本日

「第2回あいちトリエンナーレのあり方検証委員会」の開催について
印刷用ページを表示する掲載日:2019年9月9日更新
1 日時
2019年9月17日(火曜日)午後1時30分から午後4時まで(開場:午後1時)
2 場所
愛知県庁 本庁舎2階 講堂
3 公開
(1) 会議は、公開で行います。
(2) 本会議の様子は、YouTubeライブで配信します。
 【URL】

www.youtube.com



www.pref.aichi.jp

自分は本日は見られないけど、アクセス可能な人はどうぞ。アーカイブもあればいいんだが

自分のSFは『すこし・ふしぎ』で十分だ、とあらためて思った(「彼方のアストラ」議論を読んで)


そのブクマ。大盛況 最初につけたのはおれか
b.hatena.ne.jp


まとめで全体読みやすく
togetter.com

関連
togetter.com
togetter.com



ひとことだけいい?ひとことだけ、ほんとに。
「天気の子」感想で、記事内にもタイトルにも書いたけど、
m-dojo.hatenadiary.com


【自分の SF レベルというのは藤子 F 不二雄先生の定義する「すこし・ふしぎ」から一歩も離れてない。少し不思議生まれのすこしふしぎ育ち。科学考証甘い奴らは大抵友達。】

である、と再宣言したい。そして、今回の「彼方のアストラ」を巡る議論を見て、もう少し言葉を強くするが、自分のSF観やSF知識が「すこし・ふしぎ」でとどまっていることを、不幸とは感じていない。むしろ喜びである。それ以上にハードなものはスルーして、一向に後悔しない。自分はこれからも「すこし・ふしぎ」なSF『だけ』を摂取して、SFについては満足していくだろう。

藤子・F・不二雄大全集 少年SF短編 1

藤子・F・不二雄大全集 少年SF短編 1

藤子・F・不二雄大全集 少年SF短編 (3)

藤子・F・不二雄大全集 少年SF短編 (3)

藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 (1)

藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 (1)

藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 (2)

藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 (2)

藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 (3)

藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 (3)

藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 (4)

藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編 (4)

その観点からみて「彼方のアストラ」はそれなりに不満点もあるが、それでも大層な傑作だと思うのであります。






この話、いくつかの関連記事に続く…ようにしたいのだが、どうなるか。

香港でデモのテーマソング「香港に再び栄光あれ」が人気に

mainichi.jp

www.youtube.com


香港で、デモ隊のテーマソングが登場した。インターネットやソーシャルメディアなどで爆発的に拡散され、今月上旬からデモなどで歌われるようになった。「自由」の大切さをうたい上げる歌詞と荘厳なメロディーが市民を鼓舞し、抗議運動にエネルギーを与えている。

 歌のタイトルは「願栄光帰香港」(香港に再び栄光あれ)。作詞・作曲に携わった男性は香港紙に「音楽は人の心を団結させることができる」と話した。8月末、デモ映像と共にインターネット上で発表された。映像は、ヘルメットやマスクなどを身に着けた若者らが行進する様子や、市民が手をつなぐ「人間の鎖」など、デモの映像を編集した完成度の高いもの。ソーシャルメディアなどで次々と拡散され、デモや集会だけでなく、ショッピングモールなどあらゆる場所で市民が合唱している。

 「自由のためにここに集まれ 全力で闘おう」「民主と自由が永遠に朽ちませんように」――。

自分はこの種の、各時代各地域の政治性のある流行歌(パロディ替え歌などもふくむ)に関する情報をけっこう集めている。
というのは、これまでの経験上、こうやって新聞やテレビ、あるいは歴史書で断片的に情報が挙がるんだけど、その詳細はわからない…ということが、このSNS情報革命時代前はほとんどだったからだ。

こんなふうに、いきなり実際の歌も聴けて、歌詞もわかって、日本語での翻訳もついて―――なんてフルセットではなかなか見つからないものだったが、いい時代になりました。


とはいえ、これもすぐに情報は消えてしまいかねない――ので、コレクションしておきます

かわぐちかいじ「イーグル」は韓国でドラマ化されていたそうだ(舞台も韓国大統領選に)。Huluで見られる



イーグル (Eagle) 上 (1) (My First BIG SUPER)

イーグル (Eagle) 上 (1) (My First BIG SUPER)

プレジデントDVD-BOX

プレジデントDVD-BOX

2010年にドラマ化されていた。まだtwitterですら十全に普及してないころだ。

www.wowkorea.jp

jisin.jp



そういうのの一覧化もあった。
ホーリーランド」が実写化されていることは知ってて、話題にもしたことがあるが…これもどこかで配信されているのかな
matome.naver.jp

第4次安倍再改造内閣、各種宗教関連団体との関係をカウントすると…(やや日刊カルト新聞)

なんか、あまり知らない団体が頭角を現してる感もない???再編成的な何かが、業界の中であるのだろうか

宗教問題 27:葬儀社大倒産時代

宗教問題 27:葬儀社大倒産時代

宗教問題 26:統一地方選に挑んだ宗教者たち

宗教問題 26:統一地方選に挑んだ宗教者たち

宗教問題 23:「日本のキリスト教」という暗闇

宗教問題 23:「日本のキリスト教」という暗闇