INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

【余談】オミクロン株って「尾身クローン株」に聞こえない? 悪のコロナ団が目障りな尾身博士の、悪の分身を作り…

タイトル通り。
尾身クローン。
日本の、そして世界征服をたくらむ悪のコロナ団だが、ワクチン戦隊の活躍によりその野望は停滞を余儀なくされていた。

敗因を分析するコロナ団は、戦隊の要、知恵袋が尾身博士であることに気づき、遺伝子コピーの技術を利用して知らぬ間に尾身博士のDNA情報を採取。
それを改造し、尾身博士に蓄積された対ウイルスの知識と経験を取り込み、それを反対に悪のために使わせる計画を実行した。
それがコロナ団の技術の粋を結集した尾身クローン(オミクロン)株は、尾身氏の知識・経験を悪用し、ワクチンの免疫をすり抜けているのだ…………


って、我ながら何が元ネタなのかさっぱりわからない。
強いていうなら、ハカイダーの頭部に脳を移植された光明寺博士だろうか。
ビオランテの中に含まれた沢口靖子の遺伝子なのだろうか。

その種の遺伝子とか、脳の移植とかは置いといて(置いとくなよ)。


悪の陣営・敵役においてラスボスや、互角のライバルに、「黒」を基調とするなどした「正義のヒーロー・主人公と合わせ鏡のようなキャラクター(ブラックでも何でもいい)」を登場させる、という手法はいったい誰が考え出したか。
ことし3月、「ニセウルトラセブン」がBS4Kで放送された時に記事にしたが、結局有力な手掛かりは得られてなかった。

m-dojo.hatenadiary.com

(略)……他の連中は何と言うか偽装工作とか、実験台とかそういうしょぼい感じで出てくるんだが、「ダン対セブンの決闘」では、明らかに「ウルトラセブンと互角の力を持つ悪のウルトラセブン登場!能力は互角ださあどうする?」という流れにあるものですわな。

ちなみに今気づいたんだけど、こういう形でメカが登場するメカゴジラ、メカニコングがある。戦闘力の高い生き物対抗するためにそれをコピーした「メカ」を対峙させる、という設定は共通している訳だが …
今調べましたところ、一番有名なメカゴジラは実は後輩であって、1974年に登場しました。メカニコングとにせウルトラセブンが 同じ年1967年の登場です。

電子怪獣メカニコング (塗装済み完成品)

電子怪獣メカニコング (塗装済み完成品)

Amazon

藤子・F・不二雄の「ひとりぼっちの宇宙戦争」は、まさにロボットなので「互角」というのが、ストーリーの重要な要素になっているのであります


ハリウッドB 級映画とか、漫画とかには手が回らないんだが…、こういう形のAと同等以上能力を持たせるために、Aを模した「メカA」を作ると言うパターンの、起源を探りたいと思うのだが、……そうなると欠かせないものがある。

それがヒーロー、正義の味方Aに対抗するために登場する「ブラック A」です!!

と言ってもいわゆるN=1、の類であってそんなたくさん例を挙げられるるわけじゃないのだが…もちろんの例とは、これに他ならない。


実は昨年…2020年に、初代ブラックタイガーの中の人、マーク・ロコ、いやマーク”テラー(恐怖)”ロッカ がなくなっておりまして、これから書く話も実はその追悼文を書くつもりで色々考えたことです。

f:id:gryphon:20210302094006j:plain
プロレススーパースター列伝の初代ブラックタイガー

その後、ブラックタイガーはあまりの好評さにすでに7代目を数えるらしいんだが、やはり初代。

伊東四朗の「ベンジャミン」は、藤田まことから「だいじょうぶなの?」と本気で心配された(新潮)

てんぷくトリオでお茶の間の人気者となるが、あくまで第三の男だった伊東の名が全国区になるのは「みごろ! たべごろ! 笑いごろ!」(NET・現テレ朝)でのこと。故・小松政夫と組んだ「電線音頭」のベンジャミン伊東で、まさに大ブレイクとなった。〉

 やる前は照れくさくて、やってらんないなんて思ってるんですけど、バカバカしいことほど大まじめにやらないと、お客さんは見てくれないんですよ。

 仲間からも、「伊東の目がイッちゃってる」なんて言われて。逆に、そうなると、してやったりですが。「てなもんや三度笠」(TBS系)からの古い付き合いの藤田まことさんにどこかの局で会ったとき、手を引っ張られてトイレまで連れていかれて、「四朗ちゃん、だいじょうぶなの?」って、本気で心配されましたから。

news.yahoo.co.jp

いま、この掲載ページを忘れて「伊東四朗 藤田まこと 心配」とかで検索したら、これは持ちネタのひとつでもあり、伊東四朗は折に触れて語っていたようだね。

taishu.jp

…パーティーのとき、「四朗ちゃん、あんた大丈夫か?」と本気で聞いてきたのが、藤田まことさん(笑)。

 スタジオに視聴者を入れた時には、9才と5才の息子2人が来たんです。司会の小松政夫が「電線音頭を踊りたい人いる?」と声をかけたら、次男が手を挙げた。私は頭が真っ白になりましたよ。


この続きがある。

 ヤクルトタフマンのCM撮影でも同じようなことがありましたね。監督が“駅の改札口に立っていてくれ。両側を乗客が通るから、奇妙な踊りをしてほしい”と言うんです。女房がちょうど、駅のそばで買物をしていたようで、僕が家に帰ると、“お父さんが妙な踊りをしていて、恥ずかしくなったから帰ってきた”と話していました(笑)。

【立民党代表選に際してリメイク再掲載】たとえば、K党などの問題点~そもそも党首選が実質上まともに行われぬ党は、それ自体信用に足らぬ。

この記事は、もとは
m-dojo.hatenadiary.com
です。そこから一部の固有名詞などを変えただけで、再掲載します(でも、言いたいことは同じなのでこれでいいのだ)



早いもんでR党、いや立憲民主党の代表選は本日である。

そんだから、その投票日に、そして来年の参院選が行われる前に言っておくけど。

今回の代表選、討論会とか出馬会見とか、そのへんを直接見ることは時間も興味も足らなくて殆どなかったんだけど、それなりに立憲民主党らしい曖昧で退屈な発言があったり、各候補者の欠点や思慮不足が明らかになる場面も、さまざまにあったと報じられる。
そしてまた、天下国家、国益や市民の利益をわきにおいた合従連衡や義理絡み利益絡みの駆け引き、そういったものも見て取れる。






しかし、そんなしょうもない党首選でも、まともに党首選を行うことない政党、
民意や党員の意志のありかを、投票という形で示してもらい、それに従ってトップが選ばれるということを(形式上はそれをあれやこれや正当化する理屈を並べても)やっていない政党よりは、そりゃまだマシだろうて。

そういう政党は、どれだけ歴史、伝統を自画自賛しようが、実際に長年国会や地方議会に勢力を築こうが、国民の大多数が、心から信を置けるかというと、実際のところ、そうはならぬのではないか。


あまりにも、凡庸な結論(みんなが感じる当たり前の議論)すぎて、ちょっと書くまでもないかと思ったが、やはり一応かいておこうと思った。


つまり「K党」…、公明党のような政党の持つ問題点である。

「屋台骨揺らぐ」と世代交代進まぬ公明、山口氏7選有力

2020年7月29日 5時00分

 任期満了に伴う公明党代表選を9月に控え、山口那津男代表(68)の7選が有力視されている。衆院解散の可能性が取り沙汰されるなか、「党の顔」は代えられないとの見方が多いからだ。ただ、国政選挙の得票数は減少傾向で、世代交代が進まない現状に不満の声も出始めている。

 公明党が9月27日に開く2年に1度……


ここで同党を例に挙げたのは、国会に議席を持つ政党の中で、上に挙げた問題を抱える中での最大議席の政党なので、あくまでも「代表」として挙げさせていただいただけで他意はない。表題にも「たとえば」とうたってあるし。
もっと少数議席の政党にも、同種の問題を抱える政党もあるやに聞くが、それは基本、同じ批判が通用すると思うので、各自思い浮かべていただければよいと思う(笑)。

「雑誌の健康・終活企画は物凄く売れる。シャブみたいにハマる」「スクープが文春に偏るのは、追ってるのが文春だけだから」(小川寛大氏)









なんとなーく、知ってた。わかってた。だが知りたくなかったな…

『昔はラノベの悪口は「文章スッカスカ、下部分真っ白」だったが、今は「文章がクドい」に』(笑)



いや、これを象徴するような平成初期・後期のギャグマンガ2題。
前も書いたが
「批評はパロディの代わりは出来ないが、優れたパロディはそれ自体が批評である」という命題そのまんま。

f:id:gryphon:20211130101253j:plain
GS美神」でのラノベへの皮肉


f:id:gryphon:20211130100927j:plain
スケットダンスラノベ風刺パロディ

shonenjumpplus.com
3f.blog.jp



端的すぎんだろ(笑)
いや椎名高志のほうは、あくまでも大正昭和初期の文豪(しかしその作品が猟奇的すぎて悪霊になった)の霊がそう主張してるって設定やで?




しかしまあ、たしかにそういう悪口は聞くことがある。
前者はリアルタイムで、自分で言ってた(笑) だってだな、とある事情で知らないのにもらった一冊「殺人切符はクローバー色」というやつがな…
ま、それは余談。
だいたい下半分が真っ白なのは
夢枕獏
格闘技
小説
だったよな。
そうだ。
その通りだ。
すごいな、お前______。




もちろん、ツイートされた本人もこの見立てはかなりざっくりしたもので、そういう前提がそもそも正しいかわからない、と仰っておられるが、
時代の中で、ジャンルの特徴といった大きなものまで気づかずに転換しているという象徴的な意味合いとして十分、それ自体が批評になっている気がして面白かった。

ボクシング、村田や井岡の相手が入国できるかは未定?…まもなく結論

まだこれ、岸田文雄首相が全世界入国規制を言う前の記事だった。先回りしてIFの形で問うたのはわれながら慧眼だったけど、ほんとにそうなってしまったな…
m-dojo.hatenadiary.com






だが…
親の死に目に駆け付ける人も、日本への留学を熱望するひともいる。
ボクシングや格闘技、プロレスだけが、入国規制で被害を受けるわけではない。


ここでボクシングの選手だけは例外扱いにできるはずだ、という理屈は、正直いくつか脳内には浮かぶが説得力があまり大きくない。
そうなればまな板の鯉になったつもりで、結論を待つしかない。


ちなみに、たとえば新年にビッグマッチのあるプロレスでは…

オミクロン型で入国規制が再強化されたら年末のボクシング・格闘技は大丈夫?

タイトル通りなんです。

…岸田総理大臣は29日、新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」の発生が確認されたことを受け、水際対策の強化を検討する考えを明らかにした。
(略)

岸田総理は29日、記者団に対し「世界的に感染拡大の動きがあるので、さらなる水際対策の強化について引き続き検討を行っており、然るべきタイミングで発表したい」

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp


さすがに賢明にして、命懸けである興行主催者が、このへんの心配をしてないわけはないし、もともと隔離期間なども必要だから、闘う海外選手はすでに来日してるだろう…してるよね???

ただ、一流選手になればなるほど、いつ試合する国に飛ぶか、いつまで慣れ親しんだ場所でのトレーニングを継続するかもガッチリ決まっている場合が多い。
ミルコ・クロコップが典型で、彼はギリギリまで故国でトレーニング、大会直前に来日して試合することを好んだとか。だから航空機トラブルとか、かなり関係者も心労があったという。


RIZINはオール日本在住者でイベントするのかな?そのへんの全貌も、例によって明らかではない