INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

オミクロン型で入国規制が再強化されたら年末のボクシング・格闘技は大丈夫?

タイトル通りなんです。

…岸田総理大臣は29日、新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」の発生が確認されたことを受け、水際対策の強化を検討する考えを明らかにした。
(略)

岸田総理は29日、記者団に対し「世界的に感染拡大の動きがあるので、さらなる水際対策の強化について引き続き検討を行っており、然るべきタイミングで発表したい」

news.yahoo.co.jp

news.yahoo.co.jp


さすがに賢明にして、命懸けである興行主催者が、このへんの心配をしてないわけはないし、もともと隔離期間なども必要だから、闘う海外選手はすでに来日してるだろう…してるよね???

ただ、一流選手になればなるほど、いつ試合する国に飛ぶか、いつまで慣れ親しんだ場所でのトレーニングを継続するかもガッチリ決まっている場合が多い。
ミルコ・クロコップが典型で、彼はギリギリまで故国でトレーニング、大会直前に来日して試合することを好んだとか。だから航空機トラブルとか、かなり関係者も心労があったという。


RIZINはオール日本在住者でイベントするのかな?そのへんの全貌も、例によって明らかではない

平野耕太が、椎名高志が、 広江礼威が泣いた…映画「トキワ荘の青春」がBSPで本日放送

トキワ荘の青春 デジタルリマスター版 BSプレミアム11月29日(月)午後9時00分〜10時52分 BS4K同時


漫画の神様・手塚治虫をはじめ、藤子不二雄石ノ森章太郎赤塚不二夫、日本を代表する漫画家たちがともに若き日々を過ごした東京の伝説的アパート・トキワ荘。1950年代、夢を抱いて各地からトキワ荘に集まり、生活は貧しくとも漫画にすべての情熱を注ぎ、「新漫画党」を結成して新しい漫画について語り合う若者たち。友情と絆、かけがえのない青春を市川準監督が史実とフィクションを織り交ぜて描く群像劇。主演は本木雅弘

【出演】
本木雅弘、大森嘉之、古田新太生瀬勝久鈴木卓爾阿部サダヲ、さとうこうじ ほか


紹介を繰り返す必要はない、この記事に飛んでもらえれば。

m-dojo.hatenadiary.com

登場する皆さんはいずれも作品が大ヒットを飛ばし映像化された…だけでなく、業界内でも比較的…少なくともSNSを見る限りでは相互に、そして他の漫画家も含めての交流があり、それこそまさにトキワ荘のように、機知に富んだ会話で盛り上がり、互いに高め合っているように見える人たちばかり…(略)…だけれども、そういう人たちが、楽園ではない影の部分に注目して描かれた「トキワ荘の青春」、そしてその中でも、現実でも一種の”敗者””去り行く者”として描かれた寺田ヒロオに、これほど心を揺さぶられる…

自分もこの作品って「なんか暗そうだなー」ぐらいに思って敬遠してたんですけど、これだけの面子が、心を揺さぶられているんだから、見てみようかって気になりますよ。

なんかこのまとめ、はてブ的に琴線に触れてるのかコメント多いよね(表現規制問題と関係してるからか)
togetter.com
[B! マンガ] ”トキワ荘の長男”「寺田ヒロオ」とは、何者だったのか。~特に『俗悪漫画』批判など - Togetter



その他関連(ごく一部!)
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com





「2021年マンガ10傑」ほか各賞を選定します。【10傑の紹介文完成】

ぱち
ぱち
ぱち、と。

このマンガがすごい!などが発表される前に、先行して発表します。
まず全作品を発表しますが、時間がかかるので、記事の全文(特に作品紹介)はゆっくりあとで追加します。お手数ですが、何度かご来訪してください。

ちなみに「このマンガがすごい!」は9日発売。例によって、表紙で発表するのだが、画像部分を伏せてあるな



その前に…当ブログの「漫画10傑」の賞の特徴、注意点について。
【重要な注意点】
・「10傑」は1−10位の順位付けをしているわけではありません。
・うちの賞の基準として、、『過去に一度選んだものは、その後は自分が実際に面白いな、すごいな、と思ってもあまり優先しない』ようにしています(それでも例外はある)。「なんであれ入ってないの?」と思う作品は、これが理由なことも多いと思います。
この記事の末尾に、過去の賞へのリンクを張っています。
特別枠も作りました。



それではいってみよーー

まず、ここに、一覧を掲載

まず作品を一覧化します。紹介文は可能な限り、徐々に追加していきます。
 

作品名 作者 表紙
10傑 私の息子が異世界転生したっぽい(スピリッツ版) 原作/かねもと 作画/シバタヒカリ
10傑 ミワさんなりすます 青木U平
10傑 ウィッチウォッチ 篠原健太
10傑 葬送のフリーレン 原作者・山田鐘人 作画・アベツカサ
10傑 望郷太郎 山田芳裕
10傑 犬のかがやきtwitter漫画 犬のかがやき@inunokagayaki https://twitter.com/inunokagayaki
10傑 1978年のまんが虫 細野不二彦 単行本未発売
10傑 そうだ、売国しよう~天才王子の赤字国家再生術 原作/鳥羽徹 漫画/えむだ
10傑 チ。~地球の運動について 魚豊
10傑 三浦建太郎追悼漫画 森恒二

1話の試し読みがほとんどの作品にあります。

spi.tameshiyo.me
bigcomicbros.net
shonenjumpplus.com
www.sunday-webry.com
comic-days.com
(「犬のかがやき」さんはtwitterそのものが、過去作の紹介になる)
twitter.com
「1978年のまんが虫」は試し読み無し(かな?)。
www.ganganonline.com
bigcomicbros.net
三浦建太郎追悼漫画は性質上、当然試し読みなし。


【紹介文編】

私の息子が異世界転生したっぽい(スピリッツ版)

ネット上で自主発表された漫画作品だが、大きな反響を呼び、kindle単行本みたいな形にもなったはず。
それを大手出版社が内容ごと引き取り、オリジナル作品の作者は「原作」、そこで作画者と組ませてブラッシュアップして再度、世に問うーーーこの形式自体が、まず面白い。

違う世界に生きる二人の絆を“物語”が紡ぐ、喪失と愛情の物語。
高校時代、陰キャを極めていた堂原(35歳・オタク)。会話した覚えすらない同級生・美央が突然現れて彼に頼んだのは「交通事故で異世界に行った息子と会う方法を教えてほしい」――
息子の死を受け入れられず深い傷を抱える美央を支えることで、堂原は過去の自分とも出会うことに…。

元の作品は…今、カドカワから出てるらしいけど、

最初、また別の形で一冊にまとまったkindle版があり、自分もそれを持っている(確か激安セールか何かがあった)、
その作品は、気楽に仕事ではなく、楽しみで書いたものだったらしいので、絵が凄いラフな感じだった。
これに対して「お話は面白いが、この絵柄では十分なポテンシャルは発揮できないだろう。上手い作画者をつけて『リメイク』し、ついでに細部も膨らませたらもっと傑作になる」と考えた、企画者は素晴らしい発想だと思った。
こういう形で作られる漫画作品も、今後は増えていくかもしれない。それは絵が苦手なタイプの漫画家(いるよね?)にも福音だ。

話として、中核となる「異世界ものって、だいたいこの世界での”急逝”がきっかけで転生(遷移)するけど、じゃあこっちの世界の、その人の家族は?」「こっち側の人が『あの人は異世界に行った』とか言い出したら、周囲からは悲しみのあまりおかしくなったと思われるよな?(「漂流教室」でもそれに似た設定があったね)」というワン・アイデアから話を広げていく、というだけで相当に興味深い。それは後述の「葬送のフリーレン」も同様だが、お約束としての「異世界もの」の厚みが、それを引き立たせているともいえる。
ただ…?それと似た発想、確かこれに先立つ小説で、なんか描かれていたような情報を、どこかで読んだ気がするが……これ以上詳しくは探せなかったから、こちらの勘違いかも?
まあ、それを含めて、最近流行の「ヤンキー・ギャル系の元女子とオタク元男子、ともに現中年の交流」もメインテーマとなっているところも大したもんだと思うなり。




ミワさんなりすます

個人的に大好きで、それをひとつのジャンルだとみなしてる「取りつくろいもの」。
ウソをついた主人公が、その自分のウソに振り回され、糊塗するために右往左往し、その結果さらに大きな問題が発生し…というやつですね。紹介記事より。

映画マニアのフリーター・久保田ミワは、敬愛する国民的俳優・八海崇が家政婦を募集していることを知り、居ても立ってもいられず、八海邸に赴くが、偶然の事故により本物の家政婦と間違えられ、その日から“なりすまし”家政婦として…

単純な「ニセ家政婦」の話なら退屈だが、途中から「なりすまされた」女性が登場、だがなぜか「なりすました」主人公を応援?し、今度はこれこれこうしなさい、と裏から指示するようになる。その振る舞いが、雇い主の俳優からどう見られているか?も含めて、ちょっとした謎が二重三重に張り巡らされているのだ。ただ、そういうミステリー風、サスペンス風の作品だから、途中経過での採点はあくまで仮のもので、最終的な評価は、このあと綺麗に話が着地し、謎の部分に説明がつくかどうかにかかっている。なお、作者の青木U平氏は他に「酩酊!怪獣酒場」なんていう、版権ものの円谷公認パロディ作品を描いていて、ちょっとそのギャップに笑ってる(笑)



ウィッチウォッチ

過去記事に語ってもらおう(手抜きではなく、本来は全部こういうスタイルにしたいのだができないのだ)
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com

…うん、なんか推してるね(笑)このマンガ10傑作はその中での準備付けはしてないけど、仮にするならこれが1位なのかな。
スケットダンスになってるやないかい!という声もあるようだが、2連続で完全同テイストなわけでなく、間に毛色のまったく違う「彼方のアストラ」でヒットを飛ばした上で、スケットダンス的なネタ「も」やってるだけなんだから、それはまあ全然許容範囲じゃないですかね。
むしろそんな感じで共通点がないと物足りなくなるのではないか。もう、この方向性で固めて物語を紡いでもらえばいいと思うが、ただ悪の魔女を巡るロングストーリーも進行しなければいけないわけで、そこはどうなるのでしょうね。



葬送のフリーレン

過去記事
m-dojo.hatenadiary.com

最近、組織的に人間社会を攻撃する「魔族」と、それの退治をする任務とか、魔法師試験とか、物語を紡ぐための「縦糸と横糸」が充実してきて、さらにギヤが一段階上がったように感じています。
フリーレンの長寿設定が「人間の何倍も生きて老成している」も「それでもまだまだ子供っぽい」のどっちにも振り分けられるので、その面でも話が広がる。
あと、感情表現のリアクションがめちゃくちゃ控えめで、とくにがっかりの表情が「引き」なことが多い。
それ、なぜか読んでいると、ぷっと笑える箇所なんですよね。



望郷太郎

m-dojo.hatenadiary.com

決定的にすげーと思ったのは去年、説明抜きで「ポトラッチ」を描写したところ。発表した後「あっ、解説加えないと、何がすげーのか読者もわかってくれない!」と気づいて、あとから「ポトラッチとは」の解説加えたのもおかしかったな。
そんな形で、いったん原始的な世界に立ち返って、そこから「身分制・奴隷制」「通貨発行権」「カリスマの付与」など、文化人類学的な考察、テーマを語っていく……という基本コンセプトが固まって、面白くなった。これはヴィンランドサガにも似たところあり。
特に、主人公は冷凍睡眠でこの時代に来た近代人で、近代のいろんな高度な知識を持っているけど、「だからこの問題はこうすればいいんだ」と、その意見に皆を従わせるための、同意を得る力、カリスマ性はない。それをどうやって獲得するんだ?という部分を描いている。はっきり言って、ここをスキップ、スルーしてる異世界ものってかなり多くないすかね(笑)。いやロクに読んでないのに言う事でもないが。
m-dojo.hatenadiary.com



犬のかがやきtwitter漫画

これは…正直、今の段階では何がどういうふうに面白いかの言語化ができない。
修行中。
ただ、言語化できなくてもめちゃくちゃ面白い。(じゃあ必要ないんじゃないか…)
とくにこの、寝っ転がって何かを呟くところから始まるパターンは完全にひとつの型になっている。


出版社から、普通に単行本企画の声がかかる気がする。もう出てるのかな?



1978年のまんが虫

過去記事に語ってもらおう
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com

とにかく、80年代に漫画文化、アニメ文化は何かのモードチェンジをして、それがある意味で今現在と直結しているように感じられる。
この文化運動について、証言をどんどん積み重ねる必要がある。「アオイホノオ」「ガンダムを創った男たち」などなど、そんな回想記に「細野不二彦」が取り組み始めた…ということの重要性は、このあとはっきりとわかってくるはずだ。



そうだ、売国しよう。~天才王子の赤字国家再生術

これについては、ほかとまったく異なる経緯がある…というのは、あまり言っちゃいかんことだけど、ブックオフにて1,2巻を立ち読みしただけで、どこの出版社から出てて、作者がどんな人かとか全く知らないの。(今回リンク用に検索して「ガンガン」に連載されてたことを知った。今も続いてるのかな?)なぜ手に取ったかというと、このタイトルが異様だったから、というしかない。タイトルってやっぱり重要だね。

で、異世界もの、よく知らん・しらんと言い続けるのも進歩が無いので、ブックウォーカーにあるドラゴンエイジとか少年エースとかを読んである程度は分かったんだけど、少なくとも自分がそれなりに面白いと思うのは「内政チートもの」ばっかりだったんだよね。結局政治劇(アンド外交劇)としての部分にのみ特化して反応してるんだろう。これもその種の政治劇、内政チートものでした。なお、だれも現代社会からは(2巻まででは)転生・遷移してないので、異世界”転生”ものではない。なんかこのへん色々違うらしいのよ。

で、そもそも「売国」とか全然してない(笑)。
これは、主人公の一国を率いる王子が「いざとなったらこの国を売ればいいんだよ」とうそぶく、醒めた感性というか、国家というものを或る種客観的に俯瞰する個性で、熱血的な愛国者ではない、というそのキャッチコピー。
実際のところ、その「いざとなったら」状態とは逆に、そういう客観的で醒めた目で打つその主人公の政策・軍事指導がすべて成功していくので国家が発展しまくり、その「いざ」からどんどん離れていく、という逆説的な意味だ。

f:id:gryphon:20211129103631j:plain
「そうだ、売国しよう」 いわゆる内政チートもの

ただ、その「ああ、国を売っちゃおうかな」というのは、一種の「怠惰」なんだよね。怠惰って、最後に結果出せば怒られないとか「無欲」の演出にもなるので、読者からも嫌われにくい非常に使い勝手のいい欠点なんだな。このへんってヤン・ウェンリーが完成させた、その系譜が続いているのではないでしょうか。
この作品、それだけ無数にある異世界ものの中で、どれぐらいの人気作品なのかの見当もつかない。漫画化されるんだからそれなりの人気作だろうけど、今はコミカライズのハードルも低いしな……どこでも入手可能なほどメジャーなんだろうか。



チ。~地球の運動について

過去記事にて。
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com

舞台となる時代や登場人物が時々変わるシステムをとるこの作品、今のシーズンでは、前シーズンで無力な被害者だった人間が成長して、抵抗の英雄になるというあのパターンが出てきたりするけど、「典型的無神論者」と「純粋な信仰があるがゆえに現在のC教主流派と対立するようになった人」の呉越同舟とか、「印刷機」が重要な意味を持つとか、そんな面白い展開になっています。



三浦建太郎追悼漫画

過去記事に語ってもらおう
m-dojo.hatenadiary.com
森恒二三浦建太郎は、ただの同級生で同業者、という枠を超えた絆があったのだという。(高校時代「居候」までしてたとか…)そして、無頼というかめちゃくちゃな青春を、森の方は送っていて、それがホーリーランドにも生きているとか…
三浦の急逝が、その青春期を今後書くと決心したきっかけになったというのは、あまりに大きな代償だが、三浦がいないからこそ、彼のことは語り継がれなければいけない。
「ケンちゃんコウちゃん」とかへんなタイトルがこの作品にはついてたような気がしたが、本格青春期の仮題候補は、くしくも両者の同じイニシャルである「KM」だとか。



これでとりあえず本編10傑の紹介は完了!!!

特別賞の紹介は書ければかく。このままかもしれない。




◆つづいて各特別賞

【第6回内山安二賞】「ソウナンですか? 」原作:岡本健太郎、漫画:さがら梨々

※大前提である「内山安二賞」とは何か?こういうことなのでご了解ください(笑)↓ 啓蒙、情報の面において優れた漫画を選定し、(勝手に)その第一人者の名を冠した賞を贈るものです
d.hatena.ne.jp

【連載山場賞】「ナポレオン覇道進撃」「ハコヅメ」「信長の忍び

※「連載山場賞」とは、或る程度連載が続いているものを対象に、全体ではなく「その年に盛り上がりを見せた」作品を表彰するものです。過去に10傑に選んだ作品を、主に対象とします(そうでないなら普通に10傑入りするので)


【特別功労賞】さいとう・たかを 白土三平兄弟 みなもと太郎及び「風雲児たち」/「大砲とスタンプ」「ペリリュー」「絶対可憐チルドレン」/「デスゲームもの」まとめて


※特別功労賞は、連載をその年に終了した作品が主な対象とし、ほか「人」「現象」に対しても贈ります。


==========================
これについてのコメントは、あれやこれやで深夜以降か、そのあとか……








過去の一覧です 以前一度受賞した作品は、今すごく面白くても外すのが原則(例外はある)なので、今回のランキングに大きく関係しています

■「2020年マンガ10傑」ほか各賞を選定します■
m-dojo.hatenadiary.com

■「2019年マンガ10傑」ほか各賞を選定します。
m-dojo.hatenadiary.com

■【完成】「2018年マンガ10傑」(第3回「内山安二賞」も)を選定します。
m-dojo.hatenadiary.com

■「2017年マンガ10傑」を選定します。第2回「内山安二賞」なども併せて授与。 -
d.hatena.ne.jp

■「2016年マンガ10傑」を選定します。「特別功労賞」もあの作品に - 見えない道場本舗 (id:gryphon / @gryphonjapan)
d.hatena.ne.jp
■ひとあし早く、当ブログの「2015年/2014年マンガ10傑」を選定 -(つまり2014年は休みだった)
d.hatena.ne.jp
■(番外)「知の巨人」内山安二氏賛歌。そして第1回「内山安二賞」受賞作が決定!(※俺の心の中で) -
d.hatena.ne.jp
■「見えない道場本舗」選定・2013年度漫画10傑 
d.hatena.ne.jp
■「見えない道場本舗」選定・2012年度漫画10傑
d.hatena.ne.jp
■「見えない道場本舗・2011年度漫画10傑」(※ここから順位なしの10選に) 
d.hatena.ne.jp
■2010年度漫画ベスト 
d.hatena.ne.jp
■2009年漫画ベスト 
d.hatena.ne.jp
■2008年漫画ベスト 
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20081231#p4

(2007年は「06年とほぼ同じなので休み」となっていた)
■2006年漫画ベスト 
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20061230#p2

【速報】張本勲氏、年内で「サンデーモーニング」引退

たぶん、色んなメディアがこれから「こたつ記事」出すだろう。それ見てくれ

ハイ本日のこたつ記事、デイリースポーツさんが早かった。

スポーツコーナーの最後で司会の関口宏が「最後に張本さんから、テレビをご覧のみなさまにちょっとお話が」と水を向けた。張本氏は「わたしの都合で、シニア人生ゆっくり過ごしたいんですよ。従って、この番組のレギュラーを今年いっぱいで卒業します」と報告した。……。関口は「ちょっとさみしいお話」と…番組から「あっぱれ」の音声が贈られた。フリーアナウンサー唐橋ユミは「ハリさんにはスペシャご意見番としてまた出ていただくと」と説明した。
www.daily.co.jp

www.tokyo-sports.co.jp


少なくとも番組で表明した発言、それを受けた司会者の言葉などから知る限りは、今年の失言での「引責辞任」ではなかった


とくに感想はないが
どうせやめるなら、かっこよく青木理氏らは、これを言っておけばよかったかもね(笑)
m-dojo.hatenadiary.com



m-dojo.hatenadiary.com

これは11年前か―。
m-dojo.hatenadiary.com



きょう、最後の「風をよむ」では、おいおい、いちばん皆さんが苦手なはずでは…という「北京冬季五輪への外交ボイコット是か非か?」というテーマでやって(あとで同番組の「note」で公開されるだろう)、案の定、コメンテーターは結局全員が奥歯にものの挟まった曖昧な発言しかしなかった(結局、だれも外交ボイコットには賛成せず)のだけど、これ、だれか「北京五輪に世界の多くが取ってる態度は、我々の張本さんへの対応と同じようなものですよね」とか言えばよかったのに(笑)



ウイルスの型に、僅かな違いでもあるの…?日韓コロナ感染差(11/28現在)はもはや不可解レベル

新しいオミクロン変異株の問題もたいへんで、今後報道などはそれ一色になるかもしれないが
twitter.com


距離の近い隣国でのこの状況はやはり気になる。気になるというか、わからない。
お見舞い申し上げます。


両方ともOECD国で、衛生や医療インフラでもそれほど違いはなさそう。
島国と半島だが、地続き国境(休戦ライン)は外交上の問題で交流ほぼゼロにつき実質島国(こういう見立てはよく地政学で言われてる)。
ワクチン接種率はほぼ同様であり、本格開始の時期も偶然似た感じになっていた。
薬の効き方の面では確実に存在しているという”人種”もほぼ似通っている……


だからこそ、何が違うのか?基本、今は「偶然」「謎」をベースとしたうえで、微細なる差を追っていくしかないし、これだけ前提はわずかで結果が大きな差となるなら、カギを「探しやすい」とも思えるのだ。
m-dojo.hatenadiary.com


m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com



この話題、
実は見た限りでは先週の「ゴゴスマ」、本日今さっき放送の「サンデーモーニング」でも話題になった。

これらの番組を含め、自分が聞いた仮説

韓半島が早めに、また大きく気温が下がる。低温化の差。
・mRNAワクチンと、アストラゼネカではやはり違いがある。
・韓国ではまだ若年層の接種率が2割程度、日本は6割ほど。移動や活動が活発な層の差
・行動制限の解除時期の差。
・集団礼拝を積極的に行うキリスト教系などの宗教行動の差。

・・・・・・・・・などなどだ

韓国のメディアでも報道がある…。
news.yahoo.co.jp
www.chosunonline.com

まあ、これは一部の極端人士、限界系文化人の意見だろう。

同国での、新聞による比較。
www.chosunonline.com
www.chosunonline.com

f:id:gryphon:20211128090154j:plain
コロナ、2021年秋の日韓の違い(朝鮮日報

四つというのは、最初にリードが有るけど

・日本は韓国に比べ飲食店・カフェ・ショッピングセンターに行く人「少」
・軽症者・無症状者の検査「少」
・10代の若者の接種「多」
・抗体が長く持つmRNAワクチンのみ接種

という。ただ、一部は日本の報道をそのまま伝えている。


うーん、自分は即物派なもので、やっぱりウイルスに違いがあるんじゃないかなー、とか思うんだよね。本当にわずかな違いがあって、そのわずかな違いが何かの大きな差になる…って想像でいってもしょうがないか。実はどこかで目にしたんだが、どうも明確ではない。
逆に受容する日韓の人間の遺伝子タイプに、それこそわずかな違いがあるかもしれない。そこに今回のコロナの作用があるとしたら、それが医療的なカギになるかもしれない。

まあ、なんだかんだで「増えている/減っている とも、理由は謎」とひとまずは理解するしかない(過去の例も含めて)
その上で、まだまだ慎重に対応するのみだろう。という平凡な結論。


オミクロンが入ってきて、ワクチン効果はすべてすりぬけ・・・という未来も想定した上で。

TBSは「日本沈没」など3本を『10億円』でネットフリックスに配信(サンデー毎日)

サンデー毎日2021年11月21日号より。

f:id:gryphon:20211127080551j:plain
日本沈没など計3本のネトフリ配信は10億円、サンデー毎日

こういう「相場」なんでしょうか。
ほかのシリーズって何?

日本沈没」は、地震国日本のドラマとして、それなりにまず諸外国の目を引くテーマであるのかもしれない。けっきょく未見なので、そのクオリティはわからん。


にしても、逆にネットフリックスという場に上がれば、各国で受ける作品、受けない作品が白日のもとにさらされるという部分はある。

あと、これが製作費にプラスされれば、効果が高いこともまちがいない。


そこで、ネットフリックスに推薦したいのだけど…つづく

「夜の眼は千でございます」(上野顕太郎)が冒頭数本試し読み可能

いや、
ふっと思いついたというか…もとは森下裕美大阪ハムレット」を紹介した時に気づいたんだけど、ショート短編漫画の場合、いわゆるネット上の「電子書籍試し読み」は、冒頭の話が「最初から最後まで」載ってることがある、ということ。
ここの1話とかね。
大阪ハムレット|無料・試し読みも【漫画・電子書籍のソク読み】oosakahamu_001


で、天啓のように「あっ、上野顕太郎漫画はだいたい当てはまるんじゃないか!!」と気づいた。

この本では表題のように、有名な古典マンガを落語に絡めたネタがいくつもある。
じゃー、試し読みをしてもらいましょうかい。

booklive.jp

f:id:gryphon:20211127035752j:plain
夜の眼は千でございます(上野顕太郎)落語風にあしたのジョーを…


めっちゃ面白い上に、このほかに「寄生獣」とかもやってるんだが、
ややマニアックにすぎるかもしれない。


もっと一般受けするのは、さまざまなマンガで「一休さん」を描く奴だろう。
これも上の試し読みリンクで、「はだしのゲン風一休」がすべて読める(2Pだからな)

f:id:gryphon:20211127040020j:plain
夜の眼は千でございます(上野顕太郎はだしのゲン風・一休さん

一休パロは、作者のライフワーク???


m-dojo.hatenadiary.com




ほかの確認はしてないけど、多くの上野ショート漫画集もおそらく冒頭で一編から数編、丸ごと読める試し読みがあるだろう。

m-dojo.hatenadiary.com