INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「NETFLIX コンテンツ帝国の野望」って本が出たらしい

NETFLIX コンテンツ帝国の野望 :GAFAを超える最強IT企業

NETFLIX コンテンツ帝国の野望 :GAFAを超える最強IT企業

【電子版は6/10より先行発売】

動画配信世界一位! アマゾン、ディズニーを圧倒する動画の王者の戦略。

絶賛の声が続々!

前田裕二
この本を読んだ後に改めて赤い"N"の字を見ると、鳥肌が立つ。
僕らは今、血湧き肉躍る歴史的な「メディア革命ドラマ」の渦中にいると、気付かされる。
SHOWROOM社長

楠木建
ネットフリックスの正体を知りたければ、動画配信前夜に遡らなければならない。そこに戦略と競争優位の本質がある。
一橋大学教授

成毛眞
興奮のうちに読み終えた。ネットフリックスは、エンタメだけでなくあらゆるビジネスを揺るがす最強の破壊者だ。
マイクロソフト社長


有料会員1億4000万人、コンテンツ投資額年間1兆4000億円!
政治ドラマ「ハウス・オブ・カード」から、アカデミー賞受賞作「ROMA/ローマ」、片づけバラエティ「KonMari」まで、
オリジナル作品で驚異的なヒットを放ち続けるネットフリックス。彼らはなぜ動画配信の覇者になりえたのか?
テクノロジービッグデータを信じ、過酷な競争文化で急成長を続けるテック企業。その知られざる創業秘話から、
大胆な業態転換をへて頂点に上り詰めるまでの壮大な物語を初めて描きだす。

この一社が世界を変える
内容(「BOOK」データベースより)
有料会員1億4000万人、コンテンツ投資額、年間1兆4000億円。政治ドラマ「ハウス・オブ・カード」から、アカデミー賞受賞作「ROMA/ローマ」、片づけバラエティ「KonMari」まで、オリジナル作品で驚異的なヒットを放ち続けるネットフリックス。彼らはなぜ動画配信の覇者となりえたのか。テクノロジービッグデータを信じ、過酷な競争文化で急成長を続けるテック企業。その知られざる創業秘話から、大胆な業態転換をへて頂点に上り詰めるまでの壮大な物語を初めて描きだす。


ネットフリックスに関しては通り一遍の知識しかない。
なんで、ただネットでコンテンツ配信するだけ…だけっつっちゃなんだが、の企業が、これほど世界的になったのか。従来のコンテンツ配信企業(映画会社やテレビ局)は、なぜ勝てなかったのか…なんとなく予想はつくが(笑)、詳しく知れば面白いだろう。Amazonの歴史を描いた本も、ビジネス本あんまり好きじゃないじぶんもおもしろかったしね

アマゾンはこうやって「繁殖」していった…「ジェフ・ベゾス 果てなき野望」より/キンドル創世記も - INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-
・第8章「キンドル誕生」が個人的には、たぶん一般的にももっとも面白い。旧来の出版社や著者に対して仕掛けた罠的な戦略は、おそらく徳川家康大阪城攻めに匹敵する(笑)。

・先駆けである「ロケットブック」の挫折などもあるし、アマゾンは音楽事業でアップルに敗北した。もしアップルが、音楽業界での勢いそのままに書籍にも進出すれば…その危機感がキンドルを生んだ。デジタル書籍は旧来の書籍に悪影響、という人ももちろんいたが
「他人に食われるぐらいなら、自分で自分を食ったほうがずっとマシ」。


キンドルWi-FI禁止(難しすぎるから)。PCにつなぐのも禁止。じゃあ携帯電話へのアクセス機能ぐらいしかない…それは「携帯電話を組み込むのに等しい作業」だった。

・さらに、その料金を客が払ってはならない、というか無線接続であると客が感じないようにせよ、という無理難題…そこからきんどるの方向性が生まれた。
 
・のちにEインクと呼ばれる技術もちょうど生まれたところ。先行者にくらべてちょうど10年の遅れが、最高のタイミングになった。
 
・その後の出版社への圧力は、小見出しを見てもらおう(笑)
■弱い出版社から交渉しろ
■10万冊を必ず集めろ
■出版社に伏せられた9ドル99セントという価格
■ガゼルは傷を負い、チーターは走り回る


・9章、10章では出版社の躊躇や反撃、そしてベゾスがもっとも恐れたスティーブ・ジョブス率いるアップルの侵攻とその大戦争のことが語られている。

・幹部はこのアマゾンへの商品提供交渉をこう回想する。
「あの仕事は、手足をばたつかせていやがる出版社を21世紀に引きずっていくようなものだった」



しかし私事だが、このネットフリックス本を知ったのはめちゃくちゃ古いメディア…本に挟んである新潮社のチラシからだったのが皮肉(笑)


いまAmazonでは、関連でこんな本も紹介された

ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix

ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix

「アポロの月面着陸は偽物」説に関するジョーク

たまたま目についた
メモ代わりに収録

UFC ファイトナイト(ファイトパスその他)は14日 修斗は15日、abemaTVで配信






abema.tv

FOOT BRAIN に那須川天心登場(地上波放送済み、BS東京での再放送)

サッカー番組だけど、いろんな他ジャンルを招いてトークする、みたいな番組らしいですね

2019年7月14日(日) 26時10分~ FOOT×BRAIN【世界王者・那須川天心が殴り込み!天才の超絶メンタル】
17歳で世界王者に輝いた「キック界の最高傑作」那須川天心がフットブレイン初登場!天才と呼ばれる彼の頭の中は、とんでもないことになっていた!その衝撃すぎる真実とは?
番組内容
17歳にして世界の頂点に立った、若き天才・那須川天心。昨年末行われたメイウェザーとの世紀の一戦や、先月の亀田興毅との対戦など、常に大きな話題を振りまき続けている。そんな彼のすごさを探るため、番組では専門家を呼んでメンタル診断を実施。そこで明らかになった驚きの結果とは?さらにスタジオでは、(秘)トーク連発で勝村&福田が那須川にメロメロ!?男も惚れる、意外すぎる素朴な素顔に迫ります。ぜひご期待ください!!

出演者
【MC】
 勝村政信
 鷲見玲奈(テレビ東京アナウンサー)
【ゲスト】
 那須川天心(キックボクシング世界王者)
【解説】
 福田正博(元日本代表)

www.bs-tvtokyo.co.jp

『刺し身とジンギスカンー捏造と熱望の日本食』。「チコちゃん」で話題のジンギスカン料理の歴史など描く良書

チコちゃんに叱られる」でジンギスカンの普及について紹介されてましたね。
ある北海道の企業が肉屋にジンギスカン鍋をプレゼントしたことで、それが消費者に貸出されて広まった…という話。


それはそれで個別には間違いじゃないんだろうけどもっと網羅的に紹介した面白い本があります。てか題名がそのまま「刺し身とジンギスカン」。

「ニホン人は昔から刺し身を食べていた」だって? ジョーダンじゃあない、食べていたのは海沿いの高貴な身分の人たちだけ。冷蔵・冷凍流通網が整った戦後になってから、新鮮な魚が日常的に食卓にのぼったのだ!

ジンギスカンって、モンゴルから入ってきたんだよね」って? とんでもない。1938年の月刊誌に東京・高円寺のマトン料理店の広告が。それ以前から、ジンギスカン鍋の写真も紹介しているのは東京の料理店。

さらに、チャプスイという名のアメリカ式中華料理、とろみ料理は、戦前に流行したにもかかわらず戦後には消えてしまい、幻の一品になってしまった。

「食の鑑識家」が、刺し身とジンギスカン、とろみ中華風料理の起源と移り変わりを雑誌を渉猟して追跡調査し、流通している俗説を覆してホントの歴史を教える痛快食エッセー。

ネット上で活躍する「昭和食文化研究会」さんのお好み焼きの方も面白かったがこの本も面白かった。たぶん一つの大きな流れとして、こういう本が今トレンドになり…つつあるかもしれない…ぐらいのムーブメントがあるんじゃないかな。


さて、ダラダラ書いてもあかんので、 この本での「ジンギスカン」についての 概要をまとめよう

・まず大前提として「ジンギスカンジンギスカン料理を好んで食べていた」とか「モンゴル兵がカブトを調理用具として使って、肉を焼いていた。ジンギスカン鍋がああいう形なのはその名残」 とかいうのは、 プロレススーパースター列伝並みにフィクション。

ジンギスカン料理が紹介され始めるのはだいたい大正時代頃から。

・ああいう鍋自体はモンゴルに実際にあったらしい。燃やす燃料は乾燥させた牛糞。

・肉を下ごしらえするのは同じ 。

・ただし満蒙ではジンギスカン鍋は見ないという証言もある

・北京などで食されたカオヤンロウ、という料理ではないかとも言われる

・鍋の形が兜に似ているという話は今回のチコちゃんでも登場していたが、モンゴル軍がかぶとを実際に料理に使っていたというのは怪しく、昔から「真偽は別にして」などと言われてきた。

・そもそも日本の羊の歴史は非常に浅い。本格的な羊毛産業も羊肉産業も日本にはなかった。

・ただ日露戦争を経て、軍隊の防寒着の充実の必要性が出てきた。また第1次世界大戦で 羊毛の輸入ができなくなり国産化を進めてきた。

・とは言っても羊肉が臭いという感覚は一般的であり、羊毛産業を育てるには肉も売らなきゃいけない。肉も売るためには、美味しい料理が作られなきゃいけない、その料理は何か…という、無い需要を喚起するための創意工夫が必要だった。

・戦前満蒙のことが日本に紹介されるにつれ羊肉料理も紹介されるようになった。

命名したのは戦前の満州国総務長官を歴任した駒井徳三ではないかと言われている。

まあモンゴルっぽい料理だからジンギスカン、というのもたいがいだが、フランスではポッキーが「ミカド」の名前で売られ、逆に日本ではああいうお菓子類のあれが、会社が「ブルボン」ですよ…おたがいが、おたがいをゆるせ。

ブルボン ハイセレクション HS-10 35袋入

ブルボン ハイセレクション HS-10 35袋入

ブルボン ルマンド 13本×3袋

ブルボン ルマンド 13本×3袋

ブルボン チョコあーんぱん 44g×3箱

ブルボン チョコあーんぱん 44g×3箱

ブルボン 豆乳のウエハース 16枚

ブルボン 豆乳のウエハース 16枚


刺し身…昔は「冷蔵技術が未発達の中、いかにおいしく食べるか」が課題だった。

この本は表題に歌っているようにジンギスカンの他「刺身の歴史」 についても紹介されている。ジンギスカンもそうだが、戦前の実際の料理本や雑誌記事を広くあたり、そのままの資料を紹介しているところが非常に興味深い。
様々に思うのは、美味しんぼが特にコンセプトとしていた「昔の料理や食材はとても美味しかったが、今の大メーカー主導の大量生産大量消費の食べ物は美味しくなくなった」というような考え方は、やはり巨視的に見れば間違いだということだ。それは冷蔵技術と冷凍技術という、重要な部分の進歩…それも文明開化の時代から考えれば、ほとんど0が100になった、以前は冷凍技術も冷蔵技術も「なかった」時代があったことを考えねばならない。
もちろん美味しんぼの言うことも逆から考えれば正しい面もあって、冷蔵冷凍技術がなかったからこそ、食材が痛まない範囲で調理して食べる、すなわちとれたて出来立ての食材と料理をのみ食べていたから、その範囲では結果的においしかったということはあるかもしれない。

ただ、 戦前や昭和30年代の刺身料理は、今よりマリネやカルパッチョ的な料理、また「たくあんまぶし」「昆布締め」「あらい」などひと手間かけた料理法も多かったんだ。それは刺身の鮮度が落ちた時にそういう油や調味料での味付けで上手く持たせた、ということに他ならない。
またこんにゃくや塩茹での豚肉、ナスなど、魚以外の刺身も多かった。
家庭料理としてのお刺身が食べられるようになったのは、 やはり電気冷蔵庫が一家に一台になったが故である。
そのことを感謝してもし足りない。そう思わせる本でございました。

あとひとつ、今はなくなった中華料理「チャプスイ」について

これに詳しく書かれている。
実はこれをメインに紹介する予定だったんだけど「チコちゃん」のおかげでジンギスカンの方を先に紹介、その勢いで刺身について書くことになった。


チャプスイについては時間があればあとで取り上げたい。

最後にAmazonから目次を紹介

目次


まえがき

第1章 刺し身
1 懐が深い和食の王道
2 一九〇九年(明治四十二年)、西洋婦人が刺し身を食べた
3 支那風のお刺し身
4 刺し身をおいしくする法
5 沢庵まぶし
6 鰯のあらひ
7 黒鯛の洗いマヨネーズ
8 鰯の手開き刺し身
9 刺し身の雲丹和え
10 翁和えという刺し身
11 昆布締め刺し身
12 刺し身のカクテル
13 刺し身とも塩辛とも言える「熟成刺し身」
14 鯛の安倍川?
15 豚肉の刺し身
16 茄子の刺し身
17 鰹の羊羹づくり?
18 鮮度信仰の勘違い&わんこ河豚
19 刺し身のまとめ
20 昔はトロよりも赤身が好まれた?

第2章 ジンギスカン
1 ジンギスカン料理は和食?!
2 ジンギスカン料理のイメージとハテナ?
3 こんな広告を見つけました
4 道具としての成吉思汗鍋、その移り変わり
5 日本の羊肉料理
6 ジンギスカン料理の生い立ちを語る証言記事を時系列でみる
7 ジンギスカン料理、戦後の証言
8 第二期ジンギスカン料理の典型
9 日本のジンギスカン以外の羊肉料理
10 第二期戦後観光ジンギスカン――埼玉県飯能名物
11 ジンギスカンとは何か

第3章 チャプスイ
1 獅子文六が食べたチャプスイ
2 支那料理教本の前書きにチャプスイが
3 カリフォルニアの支那料理店チョプスイ
4 「家庭百科重宝辞典」でチャプスイを引くと……
5 これぞチャプスイ! アメリカン・チャイニーズ・ライス
6 丸ノ内の有名店キャッスル自慢のチャップスイ・ライス
7 チャプスイに対する風当たり――「チヤプシイを食ふは恥知らず」
8 世界平和料理とされたチャブスイ
9 宝塚のスターはチャプスイが好きっ!
10 アメリカ生まれなのに「アメリカ風チャプスイ」
11 爛熟期・○○チャプスイの数々
12 うどんチャプスイ戦中と戦後の比較
13 アメリカの家庭料理としてのチャプスイ
14 来客向きのチャプスイ
15 時代に応じたチャプスイ、パンと魚肉ソーセージ
16 沢庵チャプスイ
17 戦後豪華版チャプスイ
18 そばがきチャプスイ
19 満蒙開拓団の訓練にもチャプスイが登場
20 チャプスイのおかげで筍缶の輸出拡大!
21 チャプスイの流行に利用された李鴻章
22 日本人の食を健康的にしたチャプスイ

家族を漫画に描いたら「勝手にネタにされた」と紛糾…実は東村アキコ先生もそうだった(笑)

anond.hatelabo.jp
という話がブクマをにぎわせているので、過去の記事を。

m-dojo.hatenadiary.com

該当部分を『再放送』しておくか。

司会 じゃあこれからまたマンガに健一さんの伝説がいろいろ出るのはありそうですね


「でもなんか、ちょっと、うち・・・地元の宮崎のほうの、なんか親戚の親族会議で、もうなんか「アキコをどうにかしろ」みたいな感じで、その、親戚をネタにして笑いをとるのをもうやめさせてくれと、本気のブーイングがけっこう上がってきてて、であの、実の弟からも、本当にもうお願いだから俺たちのことをマンガにするのをやめてくれと、親戚にビビっていま封印気味ですね。」


司会 はあ、身内ネタは。そういうときはどうするんですか、ほかのネタは。


「いや、友達を犠牲にしたりとか。(略)でもだんだん、みんながわたしと距離を置くようになってきて・・・」

この「実の弟」が、のちに、「となりの関くん」でブレイクする、あの人…森繁拓真先生である。
m-dojo.hatenadiary.com

パラパラ漫画

パラパラ漫画


復讐…なのだろうか、その後、森繁先生…弟さんも姉の言動を漫画に描いて反撃??しており、結構な世話焼きのボークンであることをバラしてしまっていたのだった(笑)

いいなりゴハン 1 (ヤングジャンプコミックス)

いいなりゴハン 1 (ヤングジャンプコミックス)



以上、「身内のことを漫画に描いたら親族間がギクシャク」の参考情報でしたっ。
そしておまけ
m-dojo.hatenadiary.com

「棄権した人は政治に文句を言う資格が無い」という話、再論

思い起こせば、当方、すべての地方選及び国政選挙、最高裁判事信任投票において、一度たりとも棄権したことがない。すべてで投票している。
いやなに、それほどのことでもない(ほんとにそれほどのことでもない)。ただやれるから、しただけである。というか8割9割の人がそうだろう…と思いきや、国政選挙でも5割、地方選では多くの選挙で3割台とかになってるから、日本全体でいうとやっぱりまれな存在なのかな。



で、「棄権者は全面信任だ。それをしたひとは政治に物申す資格が無い」という議論がある。政治家本人ですら言っている。

 民主党小沢一郎代表代行が高知市内で街頭演説し、「皆さん自身の一票一票で、皆さんの政府をつくることが出来るというのが民主主義の仕組みだ。自民党に投票しておいて、今の政治に文句を言う資格はありません。また、自分が投票に行ったってどうせ変わらないと、棄権している人たちにも今の政治に文句を言う資格はないんです」。

www.asahi.com

最初の黒字部分も、法哲学的にかなりの問題発言なのだが、後者のほうもまた剣呑ではある。




この話は、別に初めての話ではなく、お馴染みのネタである。

business.nikkei.com
 私自身、50歳になるちょっと手前までは、一度も投票に出かけたことのない人間だった。
 このことを口にすると、どういう文脈で言った場合でも、必ずや全面的な攻撃を浴びることになっている。

 「50歳になるまで投票に行っていなかったような無責任な人間がえらそうな口をきくな」
 「百歩譲って、投票しなかった過去があること自体は、個人の自由で、他人が口を出すべきことではないのだとして、あなたのような影響力のある人間が、自分が投票に行かなかったことを誇らしげに語るとはなにごとか。若い人たちへの影響を考えないのか」
 「要するに口だけの人間だということだ」

 まあ、おっしゃる通りだ。

 この件について、いまさら弁解をしようとは思わない。棄権する自由についてあえて議論しようとも考えていない。

 ただ、投票を市民の至高の義務であるかのように訴える人々の高飛車な物言いが、若い人たちの投票意欲をむしろ減退させている可能性については、この場を借りて、ぜひ注意を促しておきたい。

東浩紀氏とやりあったりもしてたらしい。
martbm.hatenablog.com


棄権したことがある、よく棄権している、いつも棄権している…を公言する知識人、文化人は、ざっと思い出す限りその小田嶋隆東浩紀両氏のほか、中森明夫(日本棄権党なんてやってたな)古市憲寿呉智英浅羽通明押井守ロフトプラスワン席亭、…氏らか(ほかにいたら知りたい)
あと、変わったところでは、自分ではなくほかのひとにこう呼びかけた人がいる。


正直や。

『棄権した人は、政治を語る資格はない』という議論、論理的倫理的には間違いだと思うが、当方に有利なので乗っかろう。


『棄権した人は、政治を語る資格はない』という議論は、論理的倫理的には間違っている…という話は、過去にいくつか書いた。
こちら参照
m-dojo.hatenadiary.com



だが…冒頭に書いた自分のことを振り返り、ふと思いついたのである。この意見、『自分にとっては』有利だな、と。
そして、一歩進めて(いや八歩ぐらいか…でも、すぐ近くにある議論だろう)、こういうテーゼを考えた。

『選挙権を得てから、地方選挙を含めてどの選挙でも一回でも棄権したことがある人(※温情で病気や事故など、やむをえざる理由がある人はゆるす)は、それ以降、政治を語る資格は(法的にはともかく、倫理的・道徳的には)一切無い。』

いささか過激かしら?
でも、これぐらいやらなきゃ、投票率はあがんねーし、民主主義も守れねーんだよ!!


ということで、たとえば50近くまで棄権していた小田嶋隆氏が、偉そうに政治なんぞを語る資格なんてねーんだし、それを原稿料を払って雑誌やサイトに載せるメディアも、棄権という倫理的絶対悪を広めることに加担する悪党である。呉智英浅羽通明らもしかりだ。彼らは一回も行ってないという説があったが…



というふうな戯文でかいてみたが、「語る資格はない」といくら外部からいっても、それが倫理や道徳の面ではともかく、法的なものではないかぎり、規制のしようもない。小田嶋氏は50代になる前にも、コラムでさまざまに政治を論じていたが、それを本人はもとより、読者でも「あいつは棄権者だから、『政治を語る資格』がない。だから遡って、彼の発言を否定しなければならない」ともいう人はいまい。
この時点で「棄権した人は、政治を語る資格はない」というのはちょっとアレな議論なんですわ、現実問題として。



だが…なんでこの思考実験をしてるかというと、…この文章だな、民主党政権誕生直前の、2009年の文章。

じゃあ何ゆえ選挙にはいくべきとされるのか
※1、2は(略)。興味ある人はリンク先参照


【3】・あと、世の中においては何かの公的な活動に対して「神聖なものである」という虚飾をまとわせなければいけないことは多い。
納税もそうだろうし、もし今徴兵制度があったらその徴兵もそうだろう。裁判員制度への参加も、国民保険の加入や保険料の負担、(各国の)国旗や国歌の尊重・・・・・

これらは、スムーズに行うために、ただ単にやりなさいと国が権力で命じるのにプラスして「すっごく神聖なものなんです。国民たるものやらなきゃいけないものなんです」というプロパガンダをしているのです。だからある意味、リンク先の方はこの国家の総力を挙げたプロパガンダに洗脳されておらず、こちらは洗脳されているのかもしれない(笑)。
よく、「適当な候補者がいないなら、白票であっても投票すべきだ」という意見がある。
これは「白票があると、ああ全候補者者が信頼されていないんだな、と反省を迫れるから」という論理的な帰結の末に投票する人もいるだろうが「候補者がいようといまいと、その『投票』をすること自体になにごとかの精神的な意味、神聖ななにかがあるんだ」という、宗教的感覚を持つ人もいるだろう。
そういえば最高裁裁判官の国民審査は、ぎゃくに分からんよという白票はイコール信任だっけ。
m-dojo.hatenadiary.com


そう、なんというか、棄権を減らすには、論理的に語るよりも(棄権してはいけないのかを論理で詰めるとぼろが出そうな…)、「なんか、とにかく神聖な行為なんだよ!投票というのは」「投票しないとばち当たる」「投票所には それはそれはキレイな女神様がいるんやでだから毎選挙で 投票したら 女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで 」
www.youtube.com

という”宗教的神聖化”に頼るしかないんじゃないか、ということですな。

その一環として「棄権した人は政治を語る(批判する)資格はない」というのはあっていいかもしれない。そして、その超厳格派、小乗選挙教??として「選挙権を得てから一回でも、その権利を行使しなかったものは、以降永久に政治を語る資格を失う」という、新教義を広めてもいいのではないか(いや、よくないよ)。

おなじみ 日本国憲法第十五条の4 後半部。

……選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

www.shugiin.go.jp