INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「2022年漫画10傑」特別賞(連載ヤマ場賞、内山安二賞、特別功労賞)

この前書いた

m-dojo.hatenadiary.com

の続き。10傑は選定したけど、毎回特別賞も選んでいるんです。これも、ダラダラと書いていこうかな…

各賞の説明をしつつ選定していきます。

内山安二賞「おしえて! BLソムリエお兄さん」下瀬川ひなる


※大前提である「内山安二賞」とは何か?こういうことなのでご了解ください(笑)↓ 

啓蒙、情報の面において優れた漫画を選定し、(もちろん「勝手に」)その第一人者の名を冠した賞を贈るものです。
「知の巨人」内山安二氏賛歌。そして第1回「内山安二賞」受賞作が決定!(※俺の心の中で) -
d.hatena.ne.jp

「こころ」「泣いた赤鬼」「山月記」…
みんなが昔から慣れ親しんできた文学作品、
それちょっとBLな匂いしませんか?
「実は私も『これBLじゃないんかな?』て思ってたんです。でもそれを学校の授業で言えなかった…!」

大丈夫。ソムリエお兄さんはそんなあなたたちの味方です。
今日もBLソムリエお兄さんが
ボーイズがラブする匂いを名作から探し当て、(ライクも可)
腐ったものが読みたいあなたに
最適な文学をオススメします!

文学作品からBLみを発掘&プレゼンするコメディ第2巻!! 教科書BLみ四天王のうちのひとりとされる『山月記』が登場!! 『ごんぎつね』について光の腐女子VS闇の腐女子の対決!? お楽しみに!!!



Twitterで大反響!!
「それ、BLじゃありません?」
文学作品からBLみを発掘&プレゼンするコメディ最終巻!!

もはやBL!! 悲しき愛の推理小説、『孤島の鬼』が登場!!
美少年に置いていかれたい男が暴走!? 『燃ゆる頬』の美少年に悶絶!!
人生の糧になる『シャーロック・ホームズ』シリーズの激熱バディをご紹介!!

今日もBLソムリエお兄さんが
ボーイズがラブする匂いを名作から探し当て、
腐ったものが読みたいあなたに最適な文学をオススメします!

作者さんのtwitterアカウント
twitter.com

1話試し読み
comic-gene.com


……個人的感慨をいえば、まったくBLというものを知らない状態で、イチから徒手空拳で研究を始めた2010年から、こういう作品の意義を認め賞を贈るまでになったこちらの側の変化の方が感慨深いよ!!
ただ、個別の内容を見ても、やはりその解釈には納得しがたいものがある、的なものがほとんどだが、まぁそれはいいや。


それ以上に重要なのは、BLとは結局「物語の世界を、作者から簒奪することが可能である」というひとつの実例として、考える事ができるのだと思う。
例の「そんなの公式が言ってるだけじゃん」ってやつ? あれ、ただしいんだよね。
dic.nicovideo.jp
bbs.animanch.com
togetter.com


BLに関しては、曰く因縁のある「銀河英雄伝説」でも、ロイエンタールがこう語っている。

この世でもっとも醜悪で卑劣なことはな、実力も才能もないくせに相続によって政治権力を手にすることだ。それにくらべれば、簒奪は一万倍もましな行為

おしえて!BLお兄さん 冒涜論

自分に縁の無かったBL、調べてみればそれなりに違和感がないのは、BL自体との軋轢がいろいろあること/その一方で「物語世界は作者(だけ)のものに非ず。読者に任せた方が設定も緻密になり、作品世界もより豊かになるぞ」という、実質的な”簒奪”の元祖が「シャーロック・ホームズ」だからだろうな。
そこは痩せても枯れてもシャーロッキアンの洗礼を受けた当方、意味がよくわかるんだよ。


そしてその「ホームズもののBL解釈」が、最終3巻に載っているのであります。というか表紙でもうたっているな…
おしえて! BLソムリエお兄さん 3 (MFコミックス ジーンシリーズ)

おしえて!BLソムリエお兄さん シャーロック・ホームズ
おしえて!BLソムリエお兄さん シャーロック・ホームズ


…いや、あたしたち正統(?)シャーロキアンも「ホームズとワトソンの友情の深さが伺えるのは『瀕死の探偵』事件や『3人ガリデブ』事件」とかは覚えましたけどね。古いホームズ研究書では「ホームズは、或いはワトソンは実は女性であるという”珍説”があり…」みたいな紹介もあったな

それが、こうよ。

この作品は全3巻で完結しているらしいけど、
東西の純文学からエンタメまで網羅している。夏目漱石の「こころ」まで(界隈ではこれは、ホームズ的にいえば「ほんの初歩」らしいのだが)

おしえて!BLおにいさん「こころ」

そういえば、自分が評論家(浅羽通明氏)から直接聞いてめっちゃ驚いた、この作品…太宰治「駆込み訴え」をBL作品として読む、という話も、実は入門編に過ぎなかったらしい…(2014年なら、まだまぁまぁ斬新な考察だったのかな?)
m-dojo.hatenadiary.com

太宰治駆けこみ訴えとBL おしえて!BLソムリエお兄さん

そういう点で、理系作品のほうが受賞の多い「内山安二賞」…実際、10傑のほうに入った「いきものがたり」も最有力候補だったが、その啓蒙性にかんがみて(?)「BLソムリエお兄さん」を選定した。

自分がBL以上に大きなカテゴリとして考えている「物語は結局誰のものなのか?」については、以下の過去記事などご参照のことを。

m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com



さて、やっぱり疲れた。…次の特別賞は少し休んでから

「〇〇(同地での選挙で選出された公職者)をありがたがるXX(その地域全体)は終わってる」という表現について


「千葉県は終わっている」と、 渡辺輝人弁護士 https://twitter.com/nabeteru1Q78/status/1598692192436256769 より

あんなやつ、は当然直前のツイートが関係してくるのだろうな。

twitter.com


自分が評価してない人間が、その地の選挙で選ばれていることを理由に「特定の地名」のような属性全体を、「終わっている」と言っても、許されるのかあ。
「自分は以前その属性(今は違う)」は、何も関係ないというか、逆に言えばヘイト性を高めるのでは…。


玉城デニーをありがたがる沖縄県、終わってるよ」
「維新の政治家…松井や吉村をありがたがる大阪、終わってるよ」
…系の言説はけっこうネット上に目立つものですが、憂えるべきものだと思う。


木村幹氏が以前から警鐘を鳴らしていた。

togetter.com

www.newsweekjapan.jp




大阪の「民度」を問う声も
筆者は日本政治の専門家ではなく、故にその詳細な原因について論じる立場にはない。しかしながら、ここで取り上げたいのは、この躍進の中心となったのが、元来、日本維新の会が基盤とする大阪においてであり、SNSを中心とするインターネットの各所で、この大阪の状況を揶揄する声が、強く上がっていることである。曰く、新型コロナ禍において多くの死者を出したにもかかわらず、府政与党の維新の会が勢力を伸ばしたのは非合理であり、それは大阪の有権者の未熟さを示すものではないか。そしてそこから甚だしくは「民度」という差別的な言辞を用いて、大阪の有権者を嘲笑し、ののしる言葉すら溢れている。つまり、「お笑い百万人」「吉本の土地」である大阪の人々は、まともに政治を考える能力を持たないのだ、と。そこに予想外の惨敗を喫した、「リベラル」な人々の焦燥感の表れを見ることは難しくない。

とはいえ、実は世界の多くの国を見れば、一国内のある地域において、特定のイデオロギー的傾向を持った政党が大きな勢力を持つのは、それほど珍しいことではない。例えば、イギリスのスコットランドはある時期まで労働党の支持基盤だったし、アメリカでも、多くの州は赤と青、つまり、共和党が強い地域と、民主党が強い地域のどちらかに色分けされている。
(略)
重要なのは、政治的対立を安易に地域的文脈へと読み替え、そこに自らの地域的偏見を交えることが、如何に地域の間での不信感を生み、不毛な対立構造を作り出すか、に他ならない。即ち、政治的理由から行われる一定の地域の人々に対する、地域的偏見をも利用したレッテル貼りは、逆にそのレッテル貼りに晒された人々の強い反発をもたらし、彼らの間に攻撃者に対する強い憎悪を持たせることになる。そして、彼らはやがて攻撃される自らにアイデンティティを見出し、そして攻撃者とは異なるイデオロギーを以て自らを武装する。つまり、それは自らの敵をわざわざ作り出す行為でしかない。

広告

そもそも人々が自らの政治的立場を決め、その選択を行うに至るまでには、必ずそれなりの理由があり、考え方がある。だからこそ重要なのは、彼らが何故にその選択を行ったかを冷静に考察し、その選択をまずは尊重することでなければならない。にも拘わらず、その当たり前の作業を行わず、自らとイデオロギーを同じくしない他者に、感情のままに汚い言葉をぶつけるなら、その行為は民主化運動を行う人々に対して、地域主義と弾圧をもってした挙句、彼らを自らの対抗勢力へと育て上げたかつての韓国の軍事政権と、大きく異なることはない。重要なのは社会にイデオロギー的分断をもたらもたらすことではなく、冷静に分析し、互いが議論できる環境を作り上げること…(後略)

「奇跡の大成功」直後は、失敗後の準備をしていた者の肩身が狭くなる〜「大乱関ヶ原」より【漫画小ネタ集】

あと1時間半後に日本vsスペインですね。


ところで宮下英樹「大乱関ヶ原」最新回での第4話は、秀吉軍の朝鮮半島からの撤退を描いています。

日本史の教科書などにはさらっと「撤退」と書いているのじゃないかと思うのだが、実際の所、和平が成るかならぬか、なったとして和平のその約束…一番軍隊が脆弱になる撤退時の非攻撃…が守られるのかどうか。


そして、はたしてやっぱり、和平はいちおう成立したものの、追撃の大軍が………そんな折の、日本政界の光景

宮下英樹 大乱関ヶ原 朝鮮半島からの撤兵、もし失敗したら?

撤兵が失敗した時の方策を考えて奔走しているのは、徳川家康

宮下英樹 大乱関ヶ原 朝鮮半島からの撤兵、もし失敗したら?

石田三成は九州で、撤兵の具体的な補給や運行を事務処理していた。
そして運命の、和平条約が反故になっての大規模な撤退戦、朝鮮・明から見れば追撃戦…

宮下英樹 大乱関ヶ原 朝鮮半島からの撤兵、もし失敗したら?
宮下英樹 大乱関ヶ原 朝鮮半島からの撤兵、もし失敗したら?


これでほっと一安心、今後の課題を解決していかねば、のはずだったが…

宮下英樹 大乱関ヶ原 朝鮮半島からの撤兵、もし失敗したら?
宮下英樹 大乱関ヶ原 朝鮮半島からの撤兵、もし失敗したら?

「みんなが成功を祈り、信じて一生懸命だった時、あなたは失敗を想定して準備してたの?」


これに似たことはよくありますね。

別にドイツに勝っただの、なんだのという話ではない。


【追記】……だから今…、俺が狭い肩身の真っ最中だよ!!!

K-1、柔道、猪木追悼、ムタ……12月の格闘技・プロレス放送・配信日程メモ

K-1 3日昼から生配信 abemaTV

柔道グランドスラム 3、4日 テレ東

猪木追悼 6日に日テレ 8日にテレ朝アメトーーク




グレート・ムタ11月27日Noah試合 (後からの配信視聴可能はプレミアム会員のみ)/土曜日のワープロは新日での試合やらないかな?

今、唯一「プロレス」を発信し続けているプロレスリング・ノアのテレビマッチをABEMA独占放送!
「プロレスの灯を消さない」非常事態宣言下でもプロレスし続けるレスラーたちの覚悟をお届けいたします!!


第7試合 スペシャシングルマッチ
グレート・ムタ&魔流不死 vs 桜庭和志&望月成晃

abema.tv


土曜日のワープロは新日での試合やらないかな? これは公式アナウンスのない、俺独自の推測。


こんなところかな?

「2022年マンガ10傑」ほか各賞を選定します(10作品発表! 特別賞は後日に…)

※時間がかかるので、作品をゆっくりと、複数回にわけて、あとから追加します。お手数ですが、何度かご来訪してください。【一応完了。今回は別記事(
https://m-dojo.hatenadiary.com/entry/2022/12/03/032037
)と二本立て】



それではいってみよーー

まず、ここに、一覧を掲載

まず作品を一覧化します。紹介文は可能な限り、徐々に追加していきます。
 

作品名 作者 表紙
10傑 好き好きだいちゅきつよつよソード ノッツ @knotscream  好き好きだいちゅきつよつよソード 1 (電撃コミックスNEXT)
10傑 黒と誠 カミムラ晋作 @kamimurake  黒と誠 ~本の雑誌を創った男たち~ : 1 黒と誠 本の雑誌を創った男たち (アクションコミックス)]
10傑 あかね噺 原作:末永裕樹、作画:馬上鷹将 @akanebanashi_PR  あかね噺 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
10傑 人類存亡コクピットガールズ 塩野干支郎次 @EtoroujiShiono   人類存亡コクピットガールズ(1) (ヤングキングコミックス)
10傑 双影双書 舟本絵理歌 @funamotoerika   双影双書(1): 少年サンデーコミックス
10傑 アオアシ ブラザーフット 小林有吾 @aoashiofficial  アオアシ ブラザーフット(1) (ビッグコミックス)
10傑 いきものがたり 松本ひで吉@hidekiccan  単行本現在無し(?) 
10傑 大乱関ヶ原 宮下英次 @studio_sengoku  単行本現在無し 
10傑 こまったやつら ~民俗学研究会へようこそ~ 吉川景都 @keitoyo  
10傑 月出づる街の人々  酢豚ゆうき @yukikanayama20

1話などの試し読み、発見できたもの

comic-walker.com

colorful.futabanet.jp


shonenjumpplus.com


※人類存亡コクピットガールズは1話無料無い様子

www.sunday-webry.com


shogakukan-comic.jp


comic-days.com

※大乱関ヶ原は1話無料無い様子

※こまったやつら ~民俗学研究会へようこそ~は1話無料無い様子

seiga.nicovideo.jp


【紹介文編】

好き好きだいちゅきつよつよソード

amazon 紹介文より

呪術師に苦しめられる王国を救うべく、へっぽこ戦士・エトロンは立ち上がった!
彼の手に握られるのはおバカ王女・ウラニャより授かった伝説の剣「好き好きだいちゅきつよつよソード」。
なんでもこの剣、持ち主が他人から好意を向けられるほど強くなる特殊能力を備えているとか……
それなら、無自覚に他人をオトす天然男子のエトロンにはピッタリだ!!?

『初情事まであと1時間』のノッツが贈る!!
剣と魔法とドロっとした男女関係をつぶさに描く、ドタバタファンタジーGAG!!!

…はじめに第一話を読んだ時はこういった紹介文を脳内で書いた。「魔法・魔力というのは想像の産物だから、一般的な能力じゃなくて『〇〇が……なった時に…が発動される。だが、その弱点としてXXXの場合は…』みたいな複雑な条件付けも自由にできる。最初は、ちょっとした軽いギャグで導入されているけど、そういう制約、条件を魔法の道具に設定し、それを軸にした緻密なルールの上の頭脳戦を展開したい、といったことがあるんじゃないかと思う。いわばハンター✕ハンターの系譜だ。」
………ぜんっぜん読みが外れたな(爆笑)!!!


いや、そう思ったのは理由があって…この人の前作は「初情事まであと1時間」という…タイトルだけであれだが(笑)、ただオムニバス形式で主人公も設定もその都度変わり、共通してるのはその大前提となるシチュエーションだけ…というテーマに挑戦した作品だった。
星新一の「ノックの音が」や三谷幸喜の「三番テーブルの客」みたいなチャレンジじゃん!

次もそういうアイデアに満ちた作品になるはずだ………と思ったら、どんどん品がないギャグになっていきですね(笑) ただ、その品の無さの中にも、高度な風刺や巧い言い回しが多く…そういう点では「久米田康治」っぽさも感じました。

好き好きだいちゅきつよつよソード

また、そういえばですが、ここで「好きパワー」とかを巡る構図が「かわいくて無垢純真な少年」を巡り「下品で欲望むきだしの少女たちが、ギャグ的なドタバタの大喧嘩を毎回行う」というものなのが、新しいダイバーシティと意識のアップデートを感じました(そうか?)、これにより、エンパワメントされる女性もいるのではないでしょうか(そうか????)



黒と誠

書評誌として、現在も根強い人気を誇っている『本の雑誌』。その後、作家や映画監督として活躍する椎名誠、書評家・北上次郎名義でも知られる目黒考二の二人を中心に創刊された雑誌で、その創刊秘話は椎名誠本の雑誌血風録』、目黒考二本の雑誌風雲録』に詳しく描かれている。今回は、その二冊を底本に、関係者への取材をもとに『本の雑誌』創刊時を、こちらも読書界を震撼させた『どくヤン!』の作画担当であるカミムラ晋作が完全漫画化。70年代、もっとも出版と雑誌が熱かった時代が、ここにある!

二つの相反するエンタメ要素が、巧く混ぜ合わさっていると思う。
それは、古典的・王道的なビジネス成功物語………なんつったって、ほとんど同人誌的な制作過程を経て、東京の本屋に手売りで置いていた雑誌が、瞬く間に数千部の発行を突破し、そして40年だか50年以上続いているのだから、どうしたってビジネスとしての立志伝だ。

黒と誠ビジネス

靴をすり減らして、東京中を回るそんな苦労もしている。
だが一方で……そもそも本の雑誌が、目黒考二が「天気がいい日には、会社に行かずに本が読みたいから」で会社を退社し、そこから趣味の延長のようにして始まったものでもある。
つまりビジネスの成功といっても「好きなことをストレスなく、仲間とサークルのような仕事でやってたら、何とか食えてます」というベクトルなのだ。ぶっちゃけ自分にとっても、そっちのほうが「年商20億円!世界を飛び回り一分を争ってビッグディールを…」とかより、よっぽど刺さる。
サラ・イネスの「誰も寝てはならぬ」みたいな感じだね。

勿論様々な気苦労も人間関係の軋轢も描かれるのは読んでわかるのだが、それでも梶原一騎的な「相手の足の裏をなめてもマネーを掴め!」ではない、そこを重視しないで仕事を回していく…ここへの憧れがあるからこそ「本の雑誌」創刊秘話は特別な地位を占めるのだ。

黒と誠

と同時に、この話は「失われた過去」を追想する物語でもある。なぜなら…

黒と誠 レポート

自分が本を読んで考えたことを多くの人に知らせたい、知ってほしい…というなら、令和の今はパソコンの前に座るか、ポケットのスマホを引っ張り出して、SNSやブログでポチポチと感想を書けばいい。あとは実力次第で勝手に読まれていく……目黒氏が今いたら、間違いなくそれですべては解決、ある意味ハッピーエンドだ。

当時は、それをしたかったら紙に印刷するしかない、製本して配本し、書店に並ぶしかない……時代だった。だから、そうやった。

今は、そんなことをする必要がなくなった。
だからそういうビジネスも立ち上がりはしない。もちろんニュースサイトやまとめサイト…でなくても、本を語ったyoutubeやtikitokで、最低限に「食えている」令和の目黒考二もいるだろう。
だが、それは「本の雑誌」にはならないし、そうなる必要もない。だからこの時代の回想は、本や読書、活字の意味が今とは違う「戻ってこないあの時代」を鮮烈に描くことになるのだ。


あかね噺

幼い頃、父の魔法の様な落語に魅せられた朱音は、父のある一席を機に自身も噺家としての道を歩み始める。17歳になった朱音が目指すのは落語界の最高位「真打」になること――。一流の技量を習得するため、様々な試練が朱音を待ち受け…!? 新生落語ヒロイン、ここに誕生!!


超メジャー雑誌、ど真ん中で落語漫画かぁ……頑張ってほしいけど、難しいだろうなぁ、が正直な感覚でした。しかし、特にぶっ飛んだ設定やキャラクターも配置せず、かなり正統派な形で落語を描いて、それで水準以上の人気を得ている。
なんか、この物語に入り込んで熱中する感じでは無いんだけど、この作品が世間で人気、というメタな部分も含めて「見守って、ほっとしている」という感覚も含めて好きな作品というか・・・・・
しかし作中で「そういう感覚で好きと言われちゃおしまいなんだよ!!」とダメ出しされているから話が厳しい(笑)

ただその話で……、実は懸念していたのは、物語は序盤であかねの父親が破門されるところから話が始まり、主人公はそのリベンジのために芸を磨いていた。
しかし「なぜ破門したのか?」というのが謎として提示されていて…

あかね噺 父親が破門された理由とは

これをきちんと説明できなかったら、ちょっとつまずくぞ、と思っていたんだけど、まあ、そこはしっかり、見事にホームランを打ってくれた。
(※これはヤマ場かつ「謎の解決」なので、知りたくない人は以下の画像閲覧や記事などを避けてくれ)

あかね噺 父親が破門された理由とは

ただこれ「あァん?別に何も考えてねぇ、その場のノリだ。シャレよシャレ、世間にウケたろ?」みたいな返答であっても、それもいかにも噺家らしい感じがして、そんな世界線も見たかった…と思うのは、行動のモデルと思しき某家元に影響され過ぎか(笑)



ここで第一の山場を綺麗に登り切って、そして第二の山へ。
その第二の山は、あかねが前座として楽屋仕事をしつつ、普通の若手落語家としての修行を始める展開。今までのように「才能ある」だけでは学べない現場の経験を踏む展開。
期待度をさらに上げるには十分だろう。


人類存亡コクピットガールズ

正体不明の侵略巨大生物と戦うため、巨大ロボットに乗り込むことになった少年・ナオト。しかしこのロボは乗員4名でないと起動できない仕様となっていた!彼を待ち受けていたのは個性豊かな美少女3名。嬉しくも悩ましい閉鎖空間で戦うはめに陥った少年の運命は…!?巨大ロボットギャグアクション!

簡単にいえば、エヴァンゲリオンを発展的に継承した…といえば聞こえがいいが、「悪ふざけして固有名詞を変えたエヴァ二次創作」というと……いや個性があり過ぎて二次創作になりたくてもなれないというか(笑)。
いや、自分は常々申しているように「著作権侵害にならない範囲でぇ、設定やキャラが似通ったものが生まれても、それは『ジャンル化』の一環でぇ、より創作世界を豊かにするというか…」みたいな主張は持ってるのよ?むしろ推進派よ?
だが、その信念を揺るがすような作品であることも事実だ(笑)
エヴァと同様に、世界を破壊する謎の巨大生命体?が次々来襲、それに立ち向かうロボットの乗組員には特殊な”適性”が必要で、ティーンエイジャーの少年少女が乗らざるを得ない。宿命と使命を背負った彼らの闘い!!
……を描くんだけど!!
ほんのちょっとの梃子の力が地球をも動かすように、要所要所の仕掛けで、あのエヴァの世界がだな・・・・・。

たとえば、エヴァでほとんどネグレクト同然だった、息子をパイロットに乗せる父親は「コクピットガールズ」では、息子を溺愛して、危ないことはさせられないと逆に適性十分の息子を乗せるまいとする。親バカといいたいところだが、ただのバカだ。

人類存亡コクピットガールズ

またコクピットは、上の紹介文にあるように主人公の少年1人と少女3人で乗り込むのだが…なぜかコクピットはいろいろ衝撃吸収設計とかされているのか、出動・戦闘中でもけっこう日常の継続的な状態。そこで料理とか作れたりする。
こういうところでギャグ化した、エヴァ。逆に「それちょっと見てみたい」と思う人もいるだろうかね(笑)

人類存亡コクピットガールズ

なお、少年は弱気で、傍若無人な少女にいつも主導権を握られる…というか虐められる…のは、エヴァの正統継承者か(笑)


双影双書

遊郭にて乞食をして暮らす少年・宵(しょう)はある日突然、皇宮に身請けされることに。 その理由は、皇子の盾となる「影武者」に抜擢されたため。 陰謀が渦巻く皇宮にて、宵は皇子を護れるのか――!? 顔が瓜二つの少年2人が出会い、歴史は大きく動き始める!! ◆作者コメント 初・週刊連載で緊張ですが頑張ります!癒やしになれたら嬉しいです。
双影双書(1): 少年サンデーコミックス

作品紹介はこちらで書いている。(手抜きじゃなくて、本来は全部こうしたい、先に書いておきたかったのです。それができてないだけで)
m-dojo.hatenadiary.com

それは連載第一回目の感想だけど、その後、重要なある部分で「影武者徳川家康」「信長協奏曲」の、両方のコンセプトを受け継ぐことになりました。
そこからどう展開していくのかね。



アオアシ ブラザーフット

大人気サッカー漫画・アオアシのスピンオフ

主人公は、愛媛で暮らすアシトの一つ上の兄・瞬。

かつてはアシト同様サッカーに打ち込んでいた瞬だったが、過去の挫折から今はサッカーと距離を置いていた。

その挫折とは、喘息。
しかも愛媛のJクラブアカデミーに練習生として参加した際に発症し、それが原因でアカデミー生になれなかったという過去があった。

そんな瞬が、ひょんな理由から再びサッカーと向き合うことになり!?


―――遅すぎる挑戦なんて、ない。
誰しもに勇気を与える「再起」の物語。


アオアシ」も最初期のテーマは、青井が才能を見出されセレクションを受けユースに入れるようになったが、それによってかかる経済的負担は?がメインだった。
それを視点をかえただけで繰り返すってのもどうかなぁ、と思わないでもなかったけど…… 「その子が夢を応援するための支えになった、そんな素敵なお兄ちゃんにも自分の夢があった。それはどうする?」という、二重のテーマを繰り返すことによって、それは重低音の響きになって突き刺さる。

アオアシブラザーフット

そんな作品に、結果的にはなったようです。

ちなみに…そういう作品を描いた小林有吾氏も母子家庭に育ち、この度「アオアシ奨励金」を立ち上げたのだそうです。いま検索して知った。
こんなコメントをしている。

natalie.mu
アオアシ」の作者、小林有吾です。
このたび「アオアシ奨励金」を開設させていただきます。

作品を発表する何年も前から、井上雄彦先生が作品の収入の一部をもとにした「スラムダンク奨学金」なる試みを続けておられ、作品発表だけでなくそういった形で競技者の力になろうとする姿勢に感銘を受けていました。

サッカー漫画を描くことになり、いま今日まで作品を続けることができ、同じようなことができないかというのがずっと頭の片隅にありました。
アオアシ」の主人公アシトの家は母子家庭で、サッカーを続けることによる家庭の経済的負担の問題がクローズアップされます。他にもアシト以上に壮絶な境遇である阿久津、人種差別的な問題に子供の頃から晒されるトリポネなど、サッカーを続けることが困難なたくさんの選手を無意識のうちに描いていました。

それはきっと僕自身も母子家庭で育ち、今考えると確かにお金がない環境だったからだと思います。ただ僕の母親は子供にそれを感じさせないようにいた強い母親でした。漫画を描くことに僕がのめり込んだのも、紙と鉛筆さえあればずっとできるものだったからです。

でもサッカーは、高いレベルで続けようとすればするほどお金が…(略)

いきものがたり

作品紹介はこちらでかいています。
m-dojo.hatenadiary.com

動物の生態を面白く紹介する「いきものがたり」

大乱関ヶ原

作品紹介はこちらでかいています。
m-dojo.hatenadiary.com

大乱関ヶ原 宮下英樹 先々のことなぞ考えられるわけがない




こまったやつら ~民俗学研究会へようこそ~

時は1989年東京――。ど田舎から都会の大学に進学した桑子順は他人には見えない不思議なものが見える能力を隠して憧れのキャンパスライフを送ろうとするが、そんな彼が誘いこまれたのは「民俗学研究会」だった!少し癖のある若者たちが繰り広げる昭和青春群像劇!

作品紹介はこちらでかいています。
m-dojo.hatenadiary.com

過去記事へのリンク形式は、そもそも自分がやろうとした形なんだけどちょっと味気ないな…1巻のこの画像を張ろう。

こまったやつら 民俗学者が原宿へ行ったら
こまったやつら 民俗学者が原宿へ行ったら

時代が1989年、という話も興味深い。前にも書いたが、このへんなら別に舞台を、ちょっとだけアレンジして今現在の話とすることもできるか?それともこの時代の話は、この時代の話として描くべきか(時代劇化?)という大テーマとね…「ガラスの仮面」にスマホはあるべきか、みたいなね…



「月出づる街の人々」

透明人間、狼男、ドラキュラ、メドゥーサ、ナーガ、ミイラ男、フランケン。異なるモンスターの少年少女たちが、友情、恋愛、家族について考え、悩み、そしてお互いを理解しながら成長していく。同人誌で発表されて話題となった4編に、新作の2編を加えて待望の単行本化。月明かりがモンスターたちを優しく照らす、オムニバス。

作品紹介はこちらでかいています。

m-dojo.hatenadiary.com

月出づる街の人々
月出づる街の人々


ちなみに「このマンガがすごい!」もまもなく発売。例によって、表紙に1位作品が載るのだが、いまは画像部分を伏せてあるな



これで10傑作は何とか終わった!!他の特別賞は別記事にすることを決定。

あと内山安二記念賞」「連載ヤマ場賞」「特別功労賞」を選定発表するんだが、疲れた!ので、それは別記事にすると今決めた!!

まて次回。
※こちらで展開中
m-dojo.hatenadiary.com



**当ブログの「漫画10傑」の賞の特徴、注意点について。
【重要な注意点】
・「10傑」は1−10位の順位付けをしているわけではありません。
・うちの賞の基準として、、『過去に一度選んだものは、その後は自分が実際に面白いな、すごいな、と思ってもあまり優先しない』ようにしています(それでも例外はある)。「なんであれ入ってないの?」と思う作品は、これが理由なことも多いと思います。
この記事の末尾に、過去の賞へのリンクを張っています。
特別枠も作りました。



過去の一覧です 以前一度受賞した作品は、今すごく面白くても外すのが原則(例外はある)なので、今回のランキングに大きく関係しています

■「2021年マンガ10傑」ほか各賞を選定します。【10傑の紹介文完成】
m-dojo.hatenadiary.com

■「2020年マンガ10傑」ほか各賞を選定します■
m-dojo.hatenadiary.com

■「2019年マンガ10傑」ほか各賞を選定します。
m-dojo.hatenadiary.com

■【完成】「2018年マンガ10傑」(第3回「内山安二賞」も)を選定します。
m-dojo.hatenadiary.com

■「2017年マンガ10傑」を選定します。第2回「内山安二賞」なども併せて授与。 -
d.hatena.ne.jp

■「2016年マンガ10傑」を選定します。「特別功労賞」もあの作品に - 見えない道場本舗 (id:gryphon / @gryphonjapan)
d.hatena.ne.jp
■ひとあし早く、当ブログの「2015年/2014年マンガ10傑」を選定 -(つまり2014年は休みだった)
d.hatena.ne.jp
■(番外)「知の巨人」内山安二氏賛歌。そして第1回「内山安二賞」受賞作が決定!(※俺の心の中で) -
d.hatena.ne.jp
■「見えない道場本舗」選定・2013年度漫画10傑 
d.hatena.ne.jp
■「見えない道場本舗」選定・2012年度漫画10傑
d.hatena.ne.jp
■「見えない道場本舗・2011年度漫画10傑」(※ここから順位なしの10選に) 
d.hatena.ne.jp
■2010年度漫画ベスト 
d.hatena.ne.jp
■2009年漫画ベスト 
d.hatena.ne.jp
■2008年漫画ベスト 
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20081231#p4

「流行語大賞」について思うことは毎回同じなので再掲載

何度も書いている話なので、箇条書きにしておこう。

・「流行語大賞」、いつも感心するのは「その本来の価値に比べてメディアで扱われる機会が大きい」という点。


・選考委員ひとつとっても「センス、学問的業績、説得力」その他もろもろで、あんまり「こりゃすげーな」「このひとなら、その年の流行語を選定する能力がある」と思わせる人がいるかというと……。

21世紀の知性が集結!! これが日本の流行語を判定するベスト・アンド・ブライテストだ!!

姜尚中東京大学名誉教授)、金田一秀穂杏林大学教授)、辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)、俵万智歌人)、室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、大塚陽子(『現代用語の基礎知識』編集長)

・それでも毎回「メディアと世間を大騒ぎさせる」その力だけは、本当にすごいと思う。


・その一方で、もともとは自由国民社の「現代用語の基礎知識」の宣伝を兼ねていたわけだけど、いま、どこのだれが「現代用語の基礎知識」を引いて新語の意味を調べているのだろう。


ウィキペディアよりくわしいとも語釈に権威があるとも思えないけど…


・というか、本当に今も出しているんだ!!とびっくり。ほんと、部数的には何部出ているの??

【募集】「現代用語の基礎知識」の近年の部数の推移について、知っている人はご教示いただければ幸いです。
2013年に、「最盛期の発行部数の4分の1になっている」という情報が出て以降、部数の推移については当方は少なくとも当方はつかんでいない。
notei.hatenablog.com


・流行語も、「検索結果」や「ツイート数」というぐうの音も出ないエビデンスをもとに…それを機械的にピックアップせよとはいわないのだけど、それをベースにしたランキングを検索サイトやSNSが発表するなかで、「流行語大賞」になんのステータスがあるのかなあ。


・たとえばtwitterトレンド大賞、YAHOOやGoogleの検索大賞のこの扱いは、【本来的に考えると】流行語大賞より上であってもいいと思うんだ。


・でも、再度言うけど、「考えてみればなんの後ろ盾もないのに、この賞に権威があること、ニュースとしての扱いが大きいこと、それ自体が一番すごい!」と、そこは感心するべきだと思います。


・年末は、1年の総まとめ的「ランキング」や「賞」がたくさん出るでしょう。まさに一番の「すごい扱いだが、なんですごい扱いになるか理由がわからない賞」であるところの流行語大賞の報道が一段落したところで、有名無名さまざまなランキングを、もう一度フラットな目で見てみたいと思います




過去の関連記事

m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com

ミツバチvsカマキリ、vsスズメバチの「ダーウィンが来た!」紹介し損ね痛恨。そしてカブトムシvsスズメバチの「THE MATCH」も……





この回、ついつい紹介し忘れ、録画を最近ようやく見られた・・・・・・申し訳ない、本放送も配信も終わってしまった。

しかし、ここでカマキリがミツバチを捕食したら、仲間が次々と襲い掛かり、あの「死の鎌」に捉えられた同胞を見事奪回したり
キイロスズメバチが、そういう集団での反撃を逃れるため、飛んできたミツバチを空中でキャッチする技を見せたり、

そしてその「キイロ」の二倍の大きさを誇るオオスズメバチが堂々と巣を襲撃、木箱に穴をあけるべく大あごで少しづつ木をかみ砕いていくシーン…など、見どころ満載でした。もちろん例の集団で組み付いて熱風で殺すあの技も・・・・・・・・

スズメバチvsミツバチ

とにかく、イレギュラーな形での再放送や再配信がBSも含めてあることを願う。


ところで。
その、補足情報がないかと公式サイトに行ったが……





www.nhk.jp

【新発見!】オオスズメバチvs.カブトムシ 最強の昆虫はどっち?

NHK
2022年11月20日 午後7:54 公開
皆さま、こんにちは。久々に、ブログ担当スタッフ直撃取材による記事をお届けします。2022年11月8日、昆虫界(昆虫好きの界わい)に衝撃が走りました!山口大学からプレスリリースされた「オオスズメバチvsカブトムシ 最強の昆虫はどっち?」という研究成果です。一部マスコミにも取り上げられましたので、「見たよ」という方もいらっしゃるでしょう。しかし!ブログ担当スタッフは知っています。ダーウィン班では発表の日のだいぶ前から、この情報をキャッチしていた人物がいることを。田所勇樹ディレクターに直撃しました。


(略)

鈴木洋平ディレクター(以下、鈴):小島さんにインタビュー取材すると、とても面白いお話が聞けました。

ス:それで、最強昆虫はどっちですか?

鈴:ずばり、オオスズメバチです。

ス:やっぱり~!カブトムシは優しそうだけど、オオスズメバチは見た目も怖いですから。でも、ちょっと意外でもありますね。あんなに固いヨロイがあるカブトムシが負けるなんて。

鈴:小島さんの研究は、夜、クヌギの樹液場に集まるカブトムシの観察からはじまりました。カブトムシが集まって食事しているところへ、明け方、オオスズメバチがやってきます。そして、カブトムシの脚にかみついて、次々と投げ落としはじめ、わずか5分ほどで樹液場を乗っ取ってしまったといいます。カブトムシ10匹ほどに対して、オオスズメバチは2~3匹で圧勝。小島さんはさらに翌日、翌々日と観察を続けましたが、3日とも同じことが繰り返されたそうです。

山口 NEWS WEB

“真の昆虫の王者”は? カブトムシ対スズメバチ
11月22日 15時10分

クヌギ林などで夏の夜間や早朝によく見られるカブトムシの姿。
夜行性と思われてきたカブトムシですが、実は、ある天敵の存在によって、夜行性を強いられている可能性があることが山口大学の研究者によって示されました。

カブトムシの生態に詳しい山口大学理学部の小島渉講師は、ことし8月の朝5時ごろ、山口市内のクヌギ林で、樹液に集まるカブトムシと、そこに飛んできたオオスズメバチが餌場争いを繰り広げる様子の撮影に成功しました。
映像では、オオスズメバチがカブトムシの脚に繰り返しかみついて、次々と投げ落とし、わずか数分で餌場を乗っ取ってしまう様子が収められています。

www.nhk.jp