INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

那須川天心とK-1、政治的駆け引き過熱…まさに『令和版・四角いジャングル』(が、読みたい)

headlines.yahoo.co.jp

 バックステージで天心は、リング上でのアピールについて「世界でビッグカードが組まれているのに、なんで日本は組まれないんだと思う」「お互いやりたいのに、やれないのはおかしい」と話した。だが「向こうに乗り込んでやりたいか?」という質問には「(K-1との)独占契約は無理なんで」と答え、別の形での実現を希望。「彼(武尊)を見て対戦をイメージすることは?」という質問には「最近は無いですね。自分の試合もあるので」と答え、以前よりも武尊自体への熱意は薄れている様子だった。
(略)
RISEクリエーション伊藤隆代表は大会後の総括で、天心のアピールについて「向こう(K-1)サイドの考えもあるでしょうけど、ニュートラルな環境でやれるといいですね。テレビがついたり、天心が言うように東京ドームでやれるといいし、向こうの選手がやりたいなら来ればいい。全面戦争でも構わない。日本の格闘技を盛上げたい」と、天心×武尊に留まらないK-1との対抗戦にも前向きな姿勢を示した。天心×武尊の1試合だけに関しては「賞味期限は半年でしょう。向こう(武尊)の選手生命も残り短いでしょうし、僕はこっち(天心)の陣営ですけど、最高の状態でやらせてあげたい」と…
www.boutreview.com

那須川は「何度か対戦の打診をしているが、K-1サイドから『3年の独占契約が必須』といまだに言われる。その条件は受け入れられない」と説明した。

 本件ついては武尊本人も以前からSNS上で前向きな姿勢を示している。昨日の那須川の発言の後にも「オファー出せるならとっくにお互い出してるでしょ。色々言いたいことあるけど、今はその為に自分が信じることを全力でやるだけ。絶対実現させるから待ってて。まずは11月24日絶対勝つ」と自身のツイッターに投稿。この投稿に対するファンからの「いいね」は17日正午時点で1万5千件、リツイートは3500件を超えている。

times.abema.tv

 ……中村プロデューサーは、那須川が武尊と戦いたいとコメントしていたことは、「メディアを通して見たり聞いたりしていました」と語った上で、「武尊選手はK-1と契約していてK-1のチャンピオンです。その武尊選手と戦いたいとの意思があれば、所属ジムさんを通してK-1に正式にコンタクトをとってもらって、そこでK-1 JAPAN GROUPと契約してもらえれば可能性はあります。新生K-1はその姿勢をずっと一貫してやってきたので、変えることは基本的には考えてないです」と以前からの体勢を継続していくと……(略)「そういった手順を踏んでくれれば武尊選手と戦えるチャンスは全然あるので、そういった意味では僕らはどんな選手にも門戸は開放しています。まずはコンタクトしていただければまずはそこからかな、と思っています」と説明。(略)… それに関連して那須川が「独占契約で3年間(K-1に)来てくださいと言われる」と語っていたことには、「K-1の方から那須川選手、そして那須川選手が所属しているジムに正式に試合の交渉をしたことはないです。そして現時点で先方から我々にも正式なコンタクトはないです。そこはここでしっかりと説明させていただきます。マイクアピールや誌面でそういったことを話しているのは見たことはありますが、ちゃんと交渉のテーブルに就いたことはないです」と……
efight.jp










いやー、おもしろいですね。この悪魔と妖怪のばかしあい。
そこに、敵か味方か「なぞの老師」が、ふっと登場してアドバイス





ところで、ヤングマガジンで「那須川天心物語 てっぺん」が始まった。

f:id:gryphon:20190920094633j:plain
ヤングマガジンで連載開始「那須川天心物語 てっぺん」

まだ冒頭部は、少年時代が中心となりそうなので、そのへんはいいも悪いも、まだ評価の前段階、という感じな気がする。(生き馬の目を抜く週刊漫画誌連載で、それでいいのかという話もあるだろうが…)
ただ、自分の勝手な妄想では、いまのK-1やRISEの記者会見を含めて、「同時進行ドキュメント」でこれが漫画になっていたらなぁ、と思う。それは同じマガジン系で、昭和におそるべきあだ花を咲かせた『四角いジャングル』を知っているからかもしれない。ただ、あれは当然ながら、裏の裏を知っている梶原一騎が自分でその「政治的駆け引き」自体を丸ごとコントロールしていたから描けた部分もあるのだろう。でも時代は令和、試合だけでなく駆け引きも全ガチの「令和版・四角いジャングル」見たくないですか??
自分が漫画を描けるなら(描けるんだけどね。前日記事参照←あのレベルかよ)、ネットを発表媒体にして、全て公開の二次情報を使って、「那須川天心と武尊の試合は実現するのか?それをめぐる選手の戦いと、団体の駆け引き、ファンの心境」などを織り込んだ、同時進行の「令和版・四角いジャングル」を本当に描いてみたい。だれか、やってみようというひとは出てきませんかね。
そして、本当に実作してみれば「四角いジャングル」の虚実をミックスした作品作りの凄さも今以上に分かる気がする。

四角いジャングル 1

四角いジャングル 1

小泉環境相就任会見、「働き方改革」を「じゃあこの時間の記者会見ってどうよ?」って話に持ってかれてる…

www.env.go.jp

こんな会見記録、はてなブックマークで浮上しなかったら読むことはなかったろう。ブクマカさんグッジョブ。
プラごみのストローとか原発事故とかの話も出ているが、こんなやりとりも…

(記者)NHKの根本ですよろしくお願いします。霞が関働き方改革についてお伺いしたいんですけども、今日の夜の9時半から始まった幹部訓示でも、大臣ちょっと御指摘されてましたが、これまで政治家として霞が関及び永田町の働き方改革をずっと追求されてこられたと思うんですが、今回環境省率いる立場になられたわけで、環境省働き方改革をこれからどういうふうに進めるのか。今日1日、官僚の皆さんとお話されてですね、メスを入れられそうなところがあれば教えてください。

(大臣)次の大臣が来る時があったらこの記者会見は時間変更すべきだと思いますね。まず最初に、何時ですか今、10時45分ですよね。そしてさっき官邸で、ぶら下がりをやって、あれだけ質問を受けて、そして官邸で記者会見もやって、そして、この記者クラブでやって。それを、1日の中でこの時間まで、環境省の職員の皆さんが残ってやるという、今までの慣例を辞めたいと。そして皆さんは、これやりたいですか。これ皆さんがやりたいんですか。
(記者)やりたいです。
(大臣)この時間に?
(記者)はい。

(大臣)そういう内容を求められている方が、もしもこの記者クラブの皆さんだとすると、全員とするとね、働き方改革っていうのは、難しいですね。だから私、幹部職員の方で、今日の朝から会っているんですよ。だけど、メディアに画をやっぱり作らなければっていう、そういったことも含めて、幹部職員の訓示の姿をまずやってくださいと。もちろん中には今日、幹部訓示の中で初めてお会いした幹部の皆さんもいらっしゃいます。だけど、私はそういう形式的なことがあんまり好きではないので、こういう時間の中でどれだけ省けるかなと。そして、そういったことを省きながらも、メディアの皆さんを通じての国民に対する発信というものをちゃんと果たすことの両立というのは、私はできるはずだと思っています。なので、願わくばこの時間の、この会見というのは、次の環境大臣が来られた際には、この日ではなくたっていいのではないかなと。今日1日の流れを考えたときに、環境省の皆さんも大変だと思いますので、何かこう、危機管理上の何かとか、今すぐ説明責任を果たさなければいけないことがあるという時に、時間を問わず、こうやって発信することは間違いなく政治家としては大切だと思います。だけど、今日1日の流れというのが、ぜひNHKの根本さんには、NHKはWEBでも、霞ヶ関のリアルという、そういう企画をやっていて、私厚労部会長のときに印象的だったのは、厚生労働省の若手職員の皆さんが叫びにも似ている、近い、もうこんな毎日死にたくなると、あれだけの叫びを提言としてまとめた。そういう実態を見ていますから、何とかしたいと思いますね。なので、一つ一つ、自分のところからでもできることを確実にやっていきたいと思いますから、今日の、呼び込みの後のぶら下がりで官邸の中で申し上げたように、官邸の向かいである内閣府の本府から、この環境省の建物にわざわざ移動しなければレクができないような環境はやめていきたいし、逆に、環境省の皆さんがわざわざ仮に私が本府で仕事をしているときに、暑い中寒い中、忙しい中、移動の時間をかけて環境省から本府にいくようなコスト、そういったこともなくしていきたいと思うし、私は率直にそういった取組に対するメディアの皆さんの協力もぜひ仰げればと思っています。なので、若手職員の方にも意見を聞きながら、私になにができるのか。そういったことも、幹部の方だけではなくて、環境省の職員の皆さんにもコミュニケーション取りながら、聞いてみたいなと思います。

ちなみに、会見時間と場所は(令和元年9月11日(水)22:03 ~ 23:07 於:環境省第1会議室)じゃったそうな。

・・・・・・・に、しても、なんというかね、むかし何かの頓智話であったんだけど…、どこか相撲自慢の村横綱に、とんちものが土に即席の円を描いた土俵で勝負を挑む。
「目をつぶって、おれのぶちかましを受け止めてくれ。あんたを土俵の外に出せたら俺の勝ちで」に、横綱は余裕綽々で了承。もちろんびくとも横綱は動かなかったが…実はとんちものは、こっそり仲間に命じて横綱が目をつぶっている間に土俵を書き換えていた!いつのまにか、横綱は土俵の外へ。とんちもの大勝利……


みたいなね。
働き方改革はどうする?」に対して「ではこの、夜10時45分を回ってもやってる記者会見必要ですか?」と返ってくるこれ、
すばらしいと褒めるような次元でもないし、ぎゃくにけしからんと論難するところもあるようでない。 ・・・・・・あえていうなら「評価対象外。 だが、こういう技を相手が使ってくることは要チェックや」…みたいな感じだな。
小泉環境相の会見要旨なんて、今後継続的に追うこともないだろうけど、ブクマによる浮上ついでに見た貴重な経験でもあり、メモしておきたい。

土俵をずらされた

21日、故佐藤大輔氏追悼「大サトー学会」に「南北戦争フォーラム」参戦。翌日も単独シンポ

9月21日「大サトー学会」(南北戦争フォーラムも出演)


※ツイートのここを確認してね⇒「もう満員札止めだそうです」


twipla.jp
このリンク先を見ると、研究発表を募集し、「研究成果のポスター張り出し」も募集するなど、学会的な体裁を意図して整えているようだね。実にどうもいい話だ。


もう、参加できる見込みがないのは残念な話ではあるが、盛況をお喜び申し上げる。 作家死して、映像化も重版出来も博物館もたいへんおよろしいことだが、ファンが勝手に?かどうか集まって、『研究』なるものをワイワイと続ける、これにまさる追悼や検証もないのではなかろうか。それを引き出す佐藤作品のポテンシャル、魅力もまたいわずと知れたものだろう。
ちなみに、この作品の縁で参加するとのこと



22日は南北戦争フォーラムが単独でシンポ。この前話題の「南北戦争当時最強の装甲艦」話するとか

nanboku-sensou.blogspot.com
9/22に会報12号発刊記念シンポジウムを開催します

南北戦争中に開発、実戦投入された北軍の蒸気装甲軍艦USSモニターは、世界初の回転砲塔を備えた金属装甲軍艦という、世界の海軍史の中に重要な足跡を刻んだ殊勲艦でした。全日本南北戦争フォーラムでは今年8月に発行しました会報第12号にて、このUSSモニターに関する特集を組みました。このたび…(後略)


日時:2019年9月22日(日)14時30分~
場所:お気軽会議室/Hana*水道橋
東京都千代田区神田三崎町3-6-15 ウインド水道橋Ⅱビル303(JR水道橋駅から徒歩1分。詳細はGoogleマップ
https://maps.google.com/maps?q=35.7015518,139.7515822
参加費:正会員は会場使用料金を頭割り負担願います(500円前後を想定)、外部の方は無料
※参加にあたっての予約、事前申し込みなどは不要です

このまえ、ひとのツイート埋め込みで相撲を取っただけのこの記事、ふたけたブクマがついて「この本欲しかった!」という声も多かったはず。会場で買えるらしいで
m-dojo.hatenadiary.com

ちなみに検索ついでに見つかった過去記事
m-dojo.hatenadiary.com

「関ヶ原」は既に『通説への疑念への、そのまた疑念』で本が出るレベルー『関ヶ原合戦は「作り話」だったのか』

この前「秀忠軍はわざと遅れた予備兵力」ではなかったか、みたいな記事を紹介したけど、直接の関係はない。



内容紹介
東西両軍の勝敗は、前日に決まっていた。
三成と上杉の「挟撃策」、午前中は押し気味だった西軍、迷う小早川秀秋……。
通説は完全に覆った!

豊臣秀吉の死後、天下を狙う徳川家康。一方、豊臣政権を守ろうとする石田三成は、上杉家の直江兼続とともに家康を東西から挟撃する策を練る。さらに関ヶ原で西軍は、後年、ドイツのメッケルに「西軍勝利」と言わしめたほど見事な布陣をし、東軍と互角以上に戦いながらも、小早川秀秋の裏切りで敗れた……。

小説やテレビドラマ、映画等でおなじみのこれらの逸話は、後世に編纂された二次史料から生まれたフィクションであった。では、同時代の一次史料から関ヶ原合戦を眺めたとき、何が見えてくるのか。

最新の研究を踏まえて、従来の関ヶ原のイメージを完全に覆す書。

内容(「BOOK」データベースより)
豊臣秀吉の死後、天下を狙う徳川家康。一方、豊臣政権を守ろうとする石田三成は、上杉家の直江兼続とともに家康を東西から挟撃する策を練る。さらに関ヶ原で西軍は、後年、ドイツのメッケルに「西軍勝利」と言わしめたほど見事な布陣をし、東軍と互角以上に戦いながらも、小早川秀秋の裏切りで敗れた…。小説やテレビドラマ、映画等でおなじみのこれらの逸話は、後世に編纂された二次史料から生まれたフィクションであった。では、同時代の一次史料から関ヶ原合戦を眺めたとき、何が見えてくるのか。最新の研究を踏まえて、従来の関ヶ原のイメージを完全に覆す書。


いや、ふつうに日々を送る善男善女には、そもそも疑問形で表題に書かれた「関ヶ原は作り話だった」という話自体を知らないだろうけど、盛り上がってるの、その説。


m-dojo.hatenadiary.com


そんな本があるの。

内容紹介
主戦場は関ヶ原の平野ではなく、家康も三成もいなかった!…一次史料から、従来の「関ヶ原合戦」観を覆す驚愕の真実が浮かび上がる!

新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い

新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い

内容紹介
関ヶ原合戦にはよく知られたおなじみのエピソードが多い。しかしそれを歴史的に検証するとどうなのか? 本書では一次史料を用い、小早川秀秋への「問鉄砲」はフィクションであり、小早川秀秋は開戦と同時に裏切り石田三成方は瞬時に敗北したこと、家康の小山評定は歴史的事実とは言えないことなどが、次々に検証されていく。生駒利豊書状の真に迫る白兵戦のすさまじい描写、細川忠隆の首注文史料の数字が語る実戦の具体性も本書の見どころである。
【序章】関ヶ原合戦はどう語られてきたのか―江戸時代に誕生した関ヶ原合戦像 【第一章】関ヶ原合戦当日の虚像を剥ぐ 【第二章】関ヶ原合戦以前の通説を正す 【第三章】小早川秀秋を裏切らせた「問鉄砲」はフィクションである 【第四章】『日本戦史』の布陣図に歴史的根拠はない 【終 章】すりかえられた天下取りの戦い

出版社からのコメント
従来の関ヶ原合戦像に疑問を呈する意欲作。新出の一次史料や同時代史料を駆使した検証によって、数々の名場面の虚像がはがされ、徳川史観に基づいた「脚色」が浮かび上がっていく……。
今後、関ヶ原合戦を論じる上で避けて通れない一冊である。

著者について
1960年、三重県四日市市に生まれ。1985年、上智大学大学院文学研究科博士前期課程修了。
1998年、名古屋大学にて博士(歴史学)の学位取得。別府大学文学部史学・文化財学科教授。
著書に『日本近世城郭史の研究』(校倉書房)、『豊臣の城・徳川の城―戦争・政治と城郭』(校倉書房)、
『幕府権力と城郭統制―修築・監察の実態―』(岩田書院)、『新「関ヶ原合戦」論―定説を覆す史上最大
の戦いの真実』(新人物往来社)など。

togetter.com



そしてーーーー

一次史料にみる関ヶ原の戦い(改訂版)

一次史料にみる関ヶ原の戦い(改訂版)

内容紹介
秀吉の没後は、遺命に基づき家康をトップとする体制が敷かれていた!関ヶ原合戦に至る道筋の意外な真実を、一次資料から再構築する!

著者について
歴史研究者。1969年生まれ。東海古城研究会・勝永座談会・佐賀戦国研究会・曳馬郷土史研究会に所属。一次資料をもとに、関ヶ原の合戦の全貌を根底から覆す新説を発表し、歴史学者や愛好家から注目されている。

togetter.com


togetter.com



これに対して異論反論オブジェクションがあるの。
それが2019年の風景。

『真剣師ビブリオバトル』という遊びを紹介。『子供に本を紹介させてお小遣い』の話題に絡めて

togetter.com

が話題です。ブクマも栄光の1000突破目前

[B! 子育て] 『本を読んで内容を説明して面白かったらお小遣い』というルールを子ども達に実践したら驚異的な成果があった話「win-winな子育て法、スゴイ」 - Togetter


b.hatena.ne.jp


これに関連して、以前から書きたかったある遊びを、いい機会だから書いておこう。

毎回、メールを転載して催しを紹介している、評論家・浅羽通明氏の『星ゼミ』というのがあります。星新一を読み解くトークイベント。
浅羽通明の個人アカウントとは別に公式アカウントがある。


twitter.com

せっかくだから、直近のイベント予定を再紹介しよう

第30回★星読ゼミナールのお知らせです。
Aクラス09月23日(月曜・秋分の日)午後13時開場13時半開始16時半まで。
Bクラス09月28日(土曜)午後。13時開場13時半開始16時半まで!

今回の課題作品は、「小さな十字架」「復讐」「処刑」。いずれも『ようこそ地球さん』(新潮文庫ほか)で読めます。今回は最初期作品から。世の中を人生を支配している偶然と必然…。人間たちは翻弄され奇跡を感じ主体的たらんとあがく。冷徹で時に温かい星ワールドから、いろいろ考え語り合いましょう!
いつもながら、話題は、時事問題、サブカルチャー、男女、家族、下ネタから、芸術、社会、歴史、哲学、宗教などなど、
作品から離陸して様々な方向へ自在に広がってゆくはずです…(^_^;)
Aクラス:木戸銭(参加費):1500円加えてドリンク等の注文をお願いしています。お酒もあります(500円~)
於☆夜学バー“brat”地下鉄
千代田線湯島駅徒歩2分JR御徒町駅徒歩4分。台東区上野243池之端すきやビル3F

Bクラス:木戸銭(参加費):1500円のみ。セルフサービスの珈琲と水はありますが飲み物、スナック菓子など各自の持ち込み推奨です!於☆本と珈琲・あひる社絵本の国支部。新宿区四谷4丁目28吉岡ビル7F。地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅下車。出口2(大木戸門口)より地上へ、新宿通りを四谷方向へ左側の歩道をひたすらまっすぐずっーと歩きます。謎のイスクラ薬局を過ぎ大木戸門前、コメダ珈琲を過ぎ、なお歩いて世にも怪しい宇宙村と昭和な喫茶店騎士道を過ぎると拓ける視界は四谷大交差点。吉岡ビル一階文具屋EMOTO右脇を入り奥のエレベーターで七階まで。古本に囲まれ学習にも陰謀にも最適な天空のサロンへようこそ♪所要時間ほぼ8分。

で、だ。このあと、こういう一節もある。

基本ここでしか買えない特別グッズ=浅羽通明最新時事エッセイ、評論を直販!(内容については浅羽通明Twitter参照)、>>
闇の古本行商人セドリィ浅羽の講釈付古本即売コーナー、BAKENEKOBOOKSふるほんどら猫堂も(白熱オークションあり!)<<毎回大好評です(=^ェ^=)

真剣師ビブリオバトル」とは、実はこのコーナーを見た自分が概念として抽出し、提案するもので、これがそのまま、というわけではない。とりあえず、端的な光景を、今から漫画で紹介する(なぜだ)


f:id:gryphon:20190919093000j:plain
ビブリオバトルでお金が儲かる?「真剣師ビブリオバトル」(仮題)


自分が見たのは、主催者、MCである浅羽通明氏がこれを十数冊行っているやりかただけど、ビブリオバトルに進化させるなら、(1)これを複数人で行う。(2)そして、優勝者は、その獲得賞金?額で競う(笑)
これだけでいいのだよ。エリア88の傭兵のごとく、稼げるかどうかは腕次第。本の選択眼と、プレゼンテーションの話術次第でいくらでも稼げる。

f:id:gryphon:20190919100856j:plain
エリア88 新谷かおる 全員がプロ
さらに追加提案なのだが、たとえば「ブックオフの100円均一コーナーで買ったもの」という縛りを入れるのもいいのではないか(それはセドリっていうんだ)。100円なら、さすがに儲けが出るレベルで売れるだろう。あるいは、最初にこのビブリオ参加者が1店に集まり、ヨーイドンでオークション用の選ぶところから勝負を始める、なんてルールでもいいのではないか。(それはセドリっていうんだ2)


いや、ここまで書いて来てなんだが、ビブリオバトルはちゃんと公式ルールがあって、これにそってないとビブリオバトルは名乗れないんだ(笑)
www.bibliobattle.jp

ビブリオバトルの名称をイベント開催においてご利用いただくことについて,
ビブリオバトル普及委員会では,「公式ルール」をお守りいただくことを前提として
ビブリオバトルの名称利用を自由とさせていただいております.

必ず,公式ルールはお守りいただくようにお願い申しあげます.
必ず,公式ルールについては詳細にご確認いただきますようにお願い申しあげます.
名称利用 - 知的書評合戦ビブリオバトル公式サイト


しかたない、裏高野じゃないけど「裏ビブリオ」「闇ビブリオ」、ダンスビブリオ(なんだよそれ)に飽き足らない実戦ケンカの極真ビブリオ、とでも名乗るか…『ビオリブバトル』でもいいや。


でもほんま、内容自体はなかなかいいと思うので、この方式を公開しおすすめしたいと思っています。なんなら山本弘先生が、小説に登場させても構いません(笑)

【整理というかパクった『真剣師ビオリブバトル』公式ルール】
・発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
・順番に一人5分間で本を紹介する.
・それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.
・全ての発表が終了した後に、それぞれの本のオークションを参加者全員で行い,最多売却額を得たものを『チャンプ本』とする.

BISビブリオバトル部 活動記録

BISビブリオバトル部 活動記録

中国語には後知恵を意味する「事後諸葛亮」という言葉がある。/プラス「MMQB」の再紹介

リツイートの数は、それをきのう紹介してる高史明氏のツイートのほうが多いので、そちら経由でネットでは話題、ということだろう


f:id:gryphon:20190919074406j:plain
横山光輝「この報告は孔明にとってはショックだった」原画とパロ画像


似たような俗語である「マンデーモーニング・クォーターバック」というのはリプツイートにも関連して挙げられているけど…『アメリカで日曜夜のアメフトを、次の月曜に(職場や学校で)自分がフォットボール選手のようになってあれこれ戦術を語る人』、の意味。使いづらいだろうから、略称のMMQB、あるいはQBの略称のほうはなじみ深いから「マンデーモーニングQB」でもよかろう
自分は柔術家のエディ・ブラボー氏が、自分は総合格闘技MMA)は闘っていないので、俺の意見はそういうものだと思ってくれ!と、そう自称してたのを聞いて印象に残ったのだった。
2006年の話だね。そうか、05年大晦日ホイス・グレイシーvs所英男についてだったか…

m-dojo.hatenadiary.com

ただ、最初に言っておきたいことがある。君が俺のところに、ホイスの試合についてインタビューをしにきたことが、彼のガードワークにあることは分かっている。そして俺も、ホイスのガード戦略には大いに失望した。
それでもホイスが伝説の男であることには変わりはないんだ。それに俺はMMAはやっていない。だが、ホイスは今も戦い続けている。彼はウォリアーで、俺は単なるマンデーモーニング・クオーターバック(日曜のフットボールの試合について、月曜の朝にいろいろ批評する人)さ。戦わずに批評するだけだ。そのことは、ゴング格闘技の読者の人にも最初に言っておきたい。

これはこのインタビューをした堀内勇(ひねりン)氏のみならず、OMASUKI FIGHTこと高橋テツヤ氏も斎藤文彦氏もそうなのだけど、優れた英語インタビュアーは、面白く印象的なワンフレーズに関しては翻訳をそのまま使わず(MMQBだって「後知恵」とか「傍目八目」の訳で済む話です)、原文をバッと紹介して、そこにニュアンスの解説文を付け加える。これによってキャッチ―になるし、読み手はこうやって知識が付くしでウィンウィン(WIN-WIN。お互いに得になる、の意味。…ってこんな感じでだ。皆知ってるけど(笑))


もうひとつの言葉「キーボードウォリアー」も、格闘家人生の後半には、ちょっと負けが目立ったエンセン井上ボブ・サップ(この2人の格闘技キャリア(それへの真摯さ)はまったく異なるのだが)がファンの批判に応じて口走った言葉である。
m-dojo.hatenadiary.com


堀内氏だけななく、面白いと思った他言語の表現を、こうやってブログで記事にして保存してた過去の俺グッジョブ!(自画自賛



ついでに時事に絡めるが、文在寅大統領らの『賊反荷杖』も、原文を解説するかたちが良かったね(これこそ事後諸葛亮!…でもない)



自分も演説報道の直後から言ってました、ので「事後諸葛亮」のことばは一応避けられるか(笑)

韓国 ムン大統領 優遇除外に「日本ぬすっとたけだけしい」 | NHKニュース

こういう諺は直訳と意訳両方をのせてください。他国、他文明の諺って好きなんだ。

2019/08/02 22:59
b.hatena.ne.jp


ただ、似たような比喩やことわざがあったらそれに移し替えるというのも、立派な翻訳術のひとつではあるので、そこは単純にはいえない。ただ好みとしては、自分はことわざは原文紹介派だ。第一に、他文化のことわざはそれだけで楽しいので。


最後 中国では「諸葛孔明」と「諸葛亮」だとどっちが一般的に使われるのかね??

いまや中国もネット大国だから、検索結果などの客観的指数でも測れるかもしれないが、どうなんでしょうね中国在住者やネイティブの生感覚では。聞いたこともある気がするが、結局忘れた。

電撃文庫「やせいのいしおの」が、ガチのサバイバルものですごいらしい(佐藤ケイ著、10月新刊)

やせいのいしおの! ~異世界ケモミミサバイバル~ (電撃文庫)

やせいのいしおの! ~異世界ケモミミサバイバル~ (電撃文庫)

内容紹介
とにかくすごい達成感! 今日もなんとか生きのびた!

井戸に落ちたら異世界だった。文明なし、道具なし、獣人はいる。柴犬娘の案内で帰り道を探しつつサバイバルの始まりだ。火が要る紐が要るカゴが要る斧も欲しい! だけどそんなの作れるの? そして生きて帰れるの?

著者について
●佐藤 ケイ:第7回電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞者。代表作『天国に涙はいらない』『私立!三十三間堂学院』。

●かみや まねき:『私立!三十三間堂学院』(電撃文庫)などを手掛けたイラストレーター。同人方面でも活躍中。

著者の経歴も、紹介者のかたも正直わからんし、カバーを見ればふつうには手に取らないだろうね。
ただ、大きく見ての「サバイバルもの」にはすべて興味があるし、文明創出・復興ものにつながるのかもしれない、

これは基本、普遍性があるんですよ。一誌に一冊、グルメマンガや恋愛漫画的に、そのジャンル自体が滅びることはないやつ。

創世のタイガ(5) (イブニングKC)

創世のタイガ(5) (イブニングKC)


こういったジャンルとして、この作品は面白いか面白くないか。とりあえず白紙だけど、「こういうジャンルの本が出る」というだけで一次関門は通過。