INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

チャベス番長、また大暴れ。「南米テレビ」で米国メディア支配に挑戦す!!

チャベス大統領」というキーワードをつくったのは自分だが、順調に他の人のブログにも登場しているようで知名度は上昇の一途のようだ。
衛星放送で本日、また彼を中心とした動きが特集される。


NHK衛星第一テレビ夜10時10分から

地球特派員2006 「米メディア支配に挑む南米TV局」 My番組表に登録する


10月8日(日) 22:10〜23:00 NHK衛星第一 Gコード(1662798)
地球特派員2006◇新自由主義を推し進めてきたラテンアメリカでは最近、左派政権が急速に台頭している。こうした中、昨年7月に南米に新たなメディアが誕生した。衛星放送で24時間、無料のスペイン語ニュースを放送するテレビ局「テレスール」である。その目的は、CNNなどアメリカ中心のメディア支配に対抗すること。テレスールの最新の動きを伝えるとともに、メディアをめぐる攻防を通して大きな変革期を迎えた南米の現状を報告する。またスタジオでは、アメリカ政治が専門の津田塾大助教授、中山俊宏氏とともに議論を深めていく。


桃井和馬, 中山俊宏

ただし、その前に野球中継があり、延長で時間がずれる可能性もあるので注意!!


この話題は以前も取り上げてました。

「ところで「南米のアルジャジーラ」って無いのかしら?」
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20060627#p3


この日記の「チャベス」検索結果
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/searchdiary?word=%a5%c1%a5%e3%a5%d9%a5%b9

ひとつ指摘したいのは、こういうことができるのは「(映像)メディア」をつくるコストが少なくともハード面でどんそどん低下しているってこともあるんだと思う。Youtubeによる世界的映像発信もあるしね。ここからまた下の話題につながります。


その前におなじみ「ラテンアメリカから見ると」サイトから。
http://la-news.cocolog-nifty.com/lanews/2006/10/3364060926_f0c4.html

アメリカの敵ではなく、またベネズエラの友好国でもないチュニジアでの世論調査結果が手元にあるが、これによると、若者たちはウーゴ・チャベス大統領を偶像視している。」そして、これは他のアラブ世界でも同様である。

ただ、さすがに北朝鮮の核実験は支持しないだろうな。チャベスが支持したら、残念ながら共ニ天ヲ頂カザル相手に、こんどこそならざるを得ない。

チャベス―ラテンアメリカは世界を変える!

チャベス―ラテンアメリカは世界を変える!

ベネズエラ革命―ウーゴ・チャベス大統領の戦い ウーゴ・チャベス演説集

ベネズエラ革命―ウーゴ・チャベス大統領の戦い ウーゴ・チャベス演説集

反米大統領チャベス―評伝と政治思想

反米大統領チャベス―評伝と政治思想