INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

中東

池内恵氏が解説。「イスラーム神学的に成長は『18歳』など外在的設定でなく『神が創造した通りに成長する』である」

知識がないという認識があるのに、なぜ憶測でいい加減なことを言うのか。預言者ムハンマドはアーイシャが6歳もしくは7歳の時に結婚し、9歳もしくは10歳の時に性交したとハディースに伝えられている。イスラム教ではハディースはコーランに次ぐ第二の法源と位…

「ムハンマド」関連過去記事リンク集(※これでもごく一部です)

きのうきょう語り始めたおあにいさんとは おあにいさんのできがちがうんでえ。 というか、デンマークで最多の発行部数を誇る高級紙「ユランズ・ポステン」が紙面にムハンマドの風刺画を掲載したのは2005年9月30日。まもなく15周年の記念日を迎える。(仏の…

イスラエルは既に最大の脅威を「トルコ」だと見なしている…?(池内恵氏)

イスラエルの戦略家たちは、どうも年老いた革命体制の遠くにあるイランよりも、元気が余っていて近くにあるエルドアンのトルコの方が大問題と考えているみたいなんだよね。このあたり日本で理解されていない。池内恵「イスラエルの深謀遠慮の対象はイランよ…

「アラジンと魔法のランプ」にはアラビア語の原典が存在しない、という話

まあそもそも、アラジンと魔法のランプ自体、元のアラビア語版の原典が存在しない、18世紀にパリで創作されて捏造されたものなんですけどね。 https://t.co/hBa42wvpVw— 我乱堂 (@SagamiNoriaki) January 18, 2020 えっとおどろき、ウィキペディアも見る。 …

日本は「イランやアラブと友好関係」というけど『彼らの人権問題にあまり触れない』からでもあるんだよね…

www.newsweekjapan.jpwww.sankei.com この前、イラン外交では不思議なほど日本は粘り腰を見せる、という話を書きましたが m-dojo.hatenadiary.comそれなりに中東での存在感は拡大している、と見て間違いない(安倍政権だけの方向性ではなく、民主党時代も含…

再度『お前が戦場に行け論』(別名ジェシカ論法)ブームのようなので、過去記事リンク張っときます

自分とこへのアクセスで、世のなかのできごとを知るシリーズーーー。このブログ脇に、「注目記事」ってあるやろ。 そこで昨日から浮上してるのが、m-dojo.hatenadiary.com なんじゃらほい、と思うたが、安倍晋三首相の中東歴訪中止うんぬんから派生したんだ…

日本の外務省には、かなり巨大な潮流として『親イラン派』があるらしい(佐藤優の著作だが、うろ覚え)

www3.nhk.or.jpこれで「第三次世界大戦が起きる」みたいな予想が声高に語られているが、自分はいろいろ経緯を省略して結論だけ言うと『第三次世界大戦がここからダイレクトには発生しない』と考えています。 それはそれとして本題に。日本のイラン外交は…と…

アブダビコンバットを経て、中東でも格闘技が盛んになったはいいが…カタールでの話

カタール首長の弟王子、格闘技が大好きで、一般の大会にも頻繁に参加しているようですが、自分を勝たせなかったとして相手に激怒。サウジもそうですが、中東諸国は王族の傲慢さがどんどん目立ってきましたね。 pic.twitter.com/MeEFw5x5bW— 岩井洋一(柔術新…

12月7日、暗殺された中村哲氏の特集番組をEテレで再放送

今週土曜日のETV特集は亡くなられた中村哲医師を追悼し2016年9月に放送したETV特集「武器ではなく 命の水を」のアンコール放送を行います。予定していた「ある特攻隊員の死~祖母とたどる兄の最期」は来週14日(土)に放送いたします。中村哲さ…

中東の「啓発アニメ」を池内恵氏が紹介 「でも、それも外国に外注してるんだよな…」

湾岸諸国はどこも「2030年」を目標に開発プログラムをぶち上げているのだが、このアニメでは、国民の知的資源を向上させねば、都若者達を海外に送るというストーリーで啓発を図っている。なんだかよく知っている場所が出てくるな… pic.twitter.com/87OXiqU2b…

米軍のバグダーティ殺害作戦名は『カイラ.ミュラー作戦』。名前の由来がすさまじい…

「米軍は、Daeshのリーダーの殺害事件を「カイラ.ミュラー」と名付けました。カイラ.ミュラーというのは、2013年にシリア北部のアレッポでDaeshに誘拐された人質です。」と米国治安部隊の顧問は述べた。#日本#サウジ#Saudi #داعش #ISIS #Daesh #TRUMP #USA #…

IS指導者のバグダディ死す…ところで彼は『カリフ』だったのか?(内藤正典教授はそう見なしている?)

www3.nhk.or.jp 誰であっても、人が死んだ以上、ひとまずは追悼したい。 そして、その上で 表題の話なんだが……少なくとも、同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授の内藤正典氏は、このツイートを見る限りは「カリフ」だと認定している。 わざ…

「コーランを焼く」に反対の理由…『反発を招く』『亀裂が広がる』『理念に反する』(朝日新聞2010年社説)

既に過去に論じた話だが、9年後のいま、読まれることにいささかの意味があろう。 朝日新聞 2010年09月10日 米国とコーラン 寛容を取り戻すとき 米フロリダ州の小さなキリスト教会が、イスラム教の聖典コーランを焼こうと呼びかけている。今年の9・11の日…

日米首脳会談、トランプの対イラン発言には、正直引っ繰り返って驚いた

トランプ氏は安倍首相が検討するイラン訪問について「首相とイラン指導部は良好な関係を持っている。そのことを首相は私に話してくれた。どうなるか見ていきたい」と理解を示しました。https://t.co/g1tKdnLbzJ— 毎日新聞 (@mainichi) 2019年5月27日 www.san…

飯山陽氏が「NZ首相、ムスリム連帯のスカーフ」について寄稿&ツイート

飯山陽氏はイスラム教の論理 (新潮新書)作者: 飯山陽出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2018/02/15メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見るの著者として一般読者層には知られる。モスク銃撃テロ後のニュージーランド首相によるスカーフ着用について寄…

togetter最新版

遠山の金さんが啖呵を切ってる時、後ろの書記役は何を書いてるのか問題。「おうおうおう、…」?「いつもの」? - Togetter https://togetter.com/li/1255254 公式twitter始めた香川照之氏「カマキリ先生に次、何の授業してほしい?」と募集→あっという間に「…

エルドアンが”スルタン”になろうとしている今「トルコで私も考えた」の新刊が出たらしい

トルコ総選挙、開票の真っ最中とか。リアルタイムの状況を知りたい人は、内藤正典氏のツイートを読むべし https://twitter.com/masanorinaito 73%開票エルドアン大統領55%前後の得票率で第一回投票で当選するのではないか与党AKPは票を減らしたものの44.6…

シリア内戦問題「介入すべきだった」論に「ならお前が行けよ!」論は有効か?Inumashさんのツイートから

もとはhttp://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160115/p1 に入れていたが、その場所からリンクを張るような形にして、こちらに移転した。 似た話が、今月放送されたリメイク版銀英伝で登場したそうですね(第五話) シリア内戦の介入肯定論から、の議論 端的に言っ…

「陸上自衛隊イラク日報」について

twitter、togetter の方面にていろいろしました。 続「陸上自衛隊イラク日報」〜その感想と考察【追加可能】 編集可能 国際 155 view 1 1 user 防衛省が公表した自衛隊イラク派遣時の「バグダッド日誌」がブログっぽくエモい「書籍化しようよ」 国際 1899 vi…

シリア問題、武力行使反対の社説(朝日新聞)

きょうはちょっと書く時間ないので。社説は転載できるので、興味深いこれを残しておこうシリアの問題は、テン年代の世界の中で一番「作為の悪、不作為の悪」が問われる問題だ。 (社説)シリア緊迫 武力では解決しない 2018年4月13日05時00分 https://www.as…

ロシア、トルコ、イランで「シリア処分」を検討する、の図

ロシア、トルコ、イランが(アメリカ抜きで)決めるシリアの運命トランプの対シリア政策は二転三転し、アメリカの存在感がなくなりかけているのを機に、3カ国はシリアを「山分け」しようとしているがhttps://t.co/oc25Q5PKPK#シリア #ロシア #トルコ #イラン…

「いまの反ユダヤ主義は、新しいところから来ている」…その話、みんな知ってたけど言わなかった…

ドイツで反ユダヤ主義は伝統的に極右のものだったが、新しい反ユダヤ主義が移民の間に広まっている、という記事。「警察はよくわからないヘイト犯罪を全部極右のせいにするので統計は当てにならない」とユダヤ人団体#ドイツ #ユダヤ教 #イスラム教 #反ユダヤ…

突然話題になった「エジプトの無神論者」のブログ書き手は、池内恵絶賛の新書「イスラム教の論理」著者であった。

どこまでもイスラム世界: 無神論者vsイスラム教徒:エジプトのトークショーで大波乱 http://www.iiyamaakari.com/2018/03/vs.html という記事が、はてなブックマークですごく話題を呼んでいる。はてブの集合知がすごいと思うのは、こんなに多数ブログがあり…

シリア情勢をめぐって内藤正典、常岡浩介、池内恵、黒井文太郎、福田充…氏らがtwitterで論戦

はじめ「ツイート数が少ないからtogetterじゃなくてこっちでやるか」と思ったら、かなりあった。togetterにしなおすかもしれません。暫定的に 改めて書くが、戦場で無差別に民間人が殺傷されること自体が異常。その対象を自国民とするアサド政権軍の異常さと…

中東ではヒトラー「我が闘争」のアラビア語版が広く読まれている、という話。

【SYNODOS】『わが闘争』とナチズム後のドイツ/川喜田敦子 / ドイツ現代史、ドイツ地域研究 https://synodos.jp/international/21037 ナチズムと聞いて思い浮かべるテクストといえば、アルフレート・ローゼンベルクの『20世紀の神話』、ヨーゼフ・ゲッベル…

「武闘派前国王と外国侵入で荒廃の祖国を救う為、優しい王太子が立ち上がる」「アルスラーン戦記の話?」「現在のリビア」

昨年12月の、この中東情勢解説ブログ読んでみ?脳内にこのイメージを浮かべて(笑)アルスラーン戦記(1) (週刊少年マガジンコミックス)作者: 荒川弘,田中芳樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/04/09メディア: Kindle版この商品を含むブログ (29件) を…

「イスラエルしぐさ」

ネタニヤフ首相のスピーチの最中、平和活動家が会場で叫びだし、一時騒然となったが(それ自体はさして珍しいわけではない)、その抗議をしている平和活動家にライフルの照準を示すレーザーポインターが当たっているのがイスラエルっぽくてぞくっとする。 ht…

「欧米ではイスラームを無理にリベラルに解釈し、見る目が歪んでいるのでは」池内恵氏のツイートなどから

ことの発端はこの本への評価。 イスラームの歴史 - 1400年の軌跡 (中公新書)作者: カレン・アームストロング,小林朋則出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2017/09/20メディア: 新書この商品を含むブログ (3件) を見る内容紹介 世界宗教として君臨するイス…

イスラム国、軍事的崩壊へ― 「彼らはイスラムではない」という批判は有効か(池内恵氏)

ISISはモスルでの攻防で撤退戦を戦わざるを得ない状況になっているが、その過程でアル・ヌリ・モスクを破壊した。奴らはイスラム国でもスンニ派の守護者でも何でもない。単なる破壊者。 https://t.co/YvyUry1ZaR— Kazuto Suzuki (@KS_1013) 2017年6月22日 イ…

「中東ファンタジー」的な作品が増えてきたわいな。そのまんまオスマン帝国が敵役の「鉤月のオルテ」連載開始

中東ファンタジーの波来たる?/「鉤月のオルタ」連載、「将国のアルタイル」放送、アルスラーン戦記も漫画連載好調〜 - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1121541 「中東ファンタジーの波来たる?/「鉤月のオルタ」連載、「将国のアルタイル」放送、…