INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

叛骨の映画監督、「ジャンゴ」を作ったタランティーノ、イスラエルを支持し軍を激励


タランティーノイスラエル軍を激励

クエンティン・タランティーノ監督は、ハマスとの国家戦争のさなか「士気を高める」ため、イスラエル南部の軍事基地を訪問した。イスラエルの国際非営利教育団体スタンド・ウィズ・アスによると、 60歳の『パルプ・フィクション』監督は軍事基地を訪れ、兵士たちと交流したという。

まず、イスラエル戦争ルームX(旧ツイッター)アカウントは、1400人以上が死亡したハマスの壊滅的な10月7日のテロ攻撃を受けて、60歳の『パルプ・フィクション』監督がイスラエル軍と会談している画像を共有した。。テロ組織はガザ地区でも少なくとも199人を人質に取っていると伝えられている。

反ユダヤ主義に反対する非営利団体スタンド・ウィズ・アスは、タランティーノの訪問の写真を投稿した。「暗い時代の明るい瞬間:伝説の映画監督クエンティン・タランティーノは、完全に治安が悪化したイスラエル南部を突然訪問し、イスラエル国民との団結を示した」ハマスによるテロ戦争が続く中、壊滅的な打撃を受けた。そこで彼は軍事基地を巡り、兵士や住民と交流し、自撮り写真やビデオのソーシャルメディアの熱狂を引き起こした。サポートを示すなんて素晴らしい方法でしょう。」


www.hollywoodreporter.com

そうだ、「ジャンゴ」の日本語副題は「繋がれざる者」だったか……