INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

飯山陽氏が「NZ首相、ムスリム連帯のスカーフ」について寄稿&ツイート

飯山陽氏は

イスラム教の論理 (新潮新書)

イスラム教の論理 (新潮新書)

の著者として一般読者層には知られる。


www.newsweekjapan.jp

異教徒によるスカーフ着用というパフォーマンスは、着用義務に反対する立場のイスラム教徒女性を絶望の底に突き落としただけではない。そのパフォーマンスを絶賛した、着用を肯定する側のイスラム教徒に対しても、全く意図していない「別のメッセージ」を伝えたという、複雑で深刻な問題も引き起こしている。
(略)
この姿を見た多くのイスラム教徒は、「彼女はイスラム教徒同然になった」と理解したのだ。

実際に、若いイスラム教徒男性がスカーフ姿のアーダーンに歩み寄り、イスラム教への改宗を呼び掛けて首相を当惑させる映像も出ている。この映像はパキスタンなどのメディアで大々的に伝えられる一方、欧米メディアでは取り上げられなかった。

文中にある、アーダンNZ首相に改宗を進めるムスリムの映像はこちら


www.thenews.com.pk








この一連のツイートの途中で、飯山氏が紹介していた記事がこれだ。
機械翻訳を紹介する。

オマーは、シャリア法、ハマスからのイスラエルに対する暴力の下で、同性愛者が同性愛者の死刑に処されることを非難することを拒否
Omar Refuses To Condemn Gays Being Stoned To Death Under Sharia Law, Violence Against Israel From Hamas | Daily Wirewww.dailywire.com

Omarの発言を受けて、The Daily Wireは電話とEメールで彼女のオフィスに連絡を取り、最近の2つのニュースについて考えました。

Sky Newsによると、最初の話はブルネイからのもので、そこではブルネイのスルタン・ハサナル・ボルキアが施行している新しいシャリア法は神からの「特別な指導」の一形態であると述べている。

同性愛者の性に対する処罰として、そして「シャリア法の下での窃盗罪に対する切断、両方の罰則は一度実行された子供にも適用される」と投げかけて、死を招くことになるだろう。

2番目の物語は中東から来ています、そこで、パレスチナのテロリストグループハマスは最近イスラエルに20のロケット弾を発射して、そして無実の民間人の家を破壊しました。

デイリーワイヤは、オマールに、どちらかの話についてコメントをすることができるかどうか、また、これらの行為のいずれかが「不道徳かつ非人道的」であることを発見したかどうか尋ねました。

デイリーワイヤはまた、オマルにこれらの行為がイスラム過激派によるものであると言えるかどうか尋ねた。

オマルと彼女の事務所は、コメントを求める複数の要求に答えることを拒んだ。
(略)
オマーは、ナチス・ドイツによって使用された反ユダヤ主義の陰謀説を押し進め、反ユダヤ主義の兵士を使用したことで、彼女の民主党の同僚によって何度も非難されてきました。オマーは、イスラエルをメディアインタビューで世界有数のテロ支援国スポンサーと比較し、イスラエルユダヤ人国家として存在することを許可されるべきではないとも示唆しました。