INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

読書

【恒例再投稿】「今年の漢字」の主催者が行う「漢字検定」はアホだと高島俊男が斬る(笑)

過去の記事を再掲載します。もとは2012年の記事。http://www.kanken.or.jp/years_kanji/ 「今年の漢字」とは 一年を振り返り世相を表現する漢字一字を考えることで、皆様に漢字の持つ奥深い意義を再認識していただきたいと考え、1995年から毎年実施している…

「帰化する奴は人間じゃない。生きてる価値はない」「帰化する奴を俺は殺してやりたい」…あるエッセイ集より

m-dojo.hatenadiary.comに関連するっちゃするし、偶然と言えば偶然だ。もとは別の資料を、自分の蔵書棚から探していたんだ。しかし、以前も言ってるけど、はっきり言って当方「本棚樹海」だからね(笑)。目当てのものは見つからない半面、探しているうちに…

本日12月11日、「このマンガがすごい!2020」発売日…1位は?

このマンガがすごい! 2020作者:出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2019/12/11メディア: 単行本400人以上のマンガ好きが選ぶ「今読むべきマンガ」をランキング形式で大発表! 300冊以上のマンガを徹底ガイドします。 もちろん、毎年恒例の1位作家インタビュー&描…

力道山の死は、今の学校教育ではどう教えられているのか/15日に没56年法要(一般参加可能)

先日、知人と話してたら力道山がヤクザに刺されて死んだということを知らなかったらしく「お前学校で何勉強してきたんだよ?」と言ってしまった。— 犬紳士 (@gentledog) December 9, 2019 力道山がヤクザに刺されて死んだのは現代人の基礎教養だと思いますが…

【メモ】伝説の演出家・鴨下信一が語る「寅さん映画、この演技がスゴい!」

この本、読んだ。 昭和芸能史 傑物列伝作者:鴨下信一出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/07/11メディア: Kindle版「国民栄誉賞」で見る昭和芸能史。 美空ひばり、長谷川一夫、藤山一郎、渥美清、森繁久彌、森光子。昭和・平成の大スターにして国民栄誉賞…

「はだしのゲン撤去要請」の過去記事がなぜかtwitterで話題。当時の論評を再紹介

www.huffingtonpost.jpという記事が、2014年記事なのになぜかtwitterで「トレンド」になっている。 それは不思議ではあるが、別に理由はどうでもいいや。当時…それより前の2013年にも、実際に閉架措置になったことがあり、当時少し論評しているので、その記…

「品切れ」「単価上昇」「出版点数増加」〜池内恵氏が学術書出版の問題を語る

なんと,みんぱくリポジトリでは,名著小長谷有紀(1992)『モンゴル万華鏡 : 草原の生活文化』角川書店を全てオープンアクセスにしている!https://t.co/p35YM2TURp— WATABE Ryoko (@khargush1969) December 4, 2019 これは角川が潔く絶版にして独占的な出…

「ルールを作れば、技術が(勝手に)生まれる」か「技術を継承する」か?興味深い対談あり

ことし4月の記事だが、読み逃したか、読んでも本質がつかめなかったか…どっちにせよ、だれかがツイートかなんかして浮上し、偶然目にしたのだが、このへんの話がじつにこう、考えさせられた。 Dropkickの記事である。 ch.nicovideo.jp 中井 でも、ボクから…

ヴィンランド・サガ、王子覚醒までの英国戦は「撤退戦もの」の傑作。他に「皇国」「アンゴルモア」「バルツァー」…/「王冠の意志」の話も傑作!

NHKで放送の「ヴィンランド・サガ」、先週書けばよかったんだけど書き逃したので今更。この作品も本当に大河連載になったけど、はっきり「〜編」と分けられるような構成になってますよね。 ほんで、第二章ともいえる「尊敬するお父さんを殺されたトルフィン…

畠中恵の新作『わが殿』は「時代劇版・内政チートもの」?/時代劇と異世界ものの相互比較は可能か

激動の時代を乗り越えろ! 「国家再建」「経済再生」「地方復興」を成し遂げた奇跡の主従の物語。 『わが殿』(畠中 恵・著) https://t.co/ZIa96Lkti7— 本の話@文藝春秋BOOKS (@hon_web) November 27, 2019 わが殿 上作者: 畠中恵出版社/メーカー: 文藝春秋…

小学館は、ビッグコミック増刊の電子版って出してないの??/一方で講談社「コミックDAYS」はかつて掲載拒否してた川原正敏「龍帥の翼」が入った

ビッグコミック増刊号(ギャラリーフェイクとか機械仕掛けの愛とか載ってるやつ)の電子書籍が無い いま、とある必要によって調べたんだけど、ほんとかよ、令和元年の今・・・ というか下手したら、紙版ですら、Amazonに並べるの送らせてるんじゃないかな?…

「ゴング格闘技」最新号発売。当然ながら「朝倉兄弟」が表紙

GONG(ゴング)格闘技 2020年1月号出版社/メーカー: アプリスタイル発売日: 2019/11/25メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る『ゴング格闘技』2020年1月号(NO.305)【12.31 RIZIN】朝倉 海 「“トップを目指したい"思いと “RIZINを盛り上げたい"葛藤がありま…

自作が中国で映画化決定の日本作家は、香港問題語れないやろなあ…、という小説(フィクションです)

メディア: この商品を含むブログを見る※この物語はあくまでフィクションであり、現実の事件・団体・個人などとは無関係であることを、とくにお断わりしておきます 【小説】 盛大な、レセプションだった。 それもそうであろう、既に製作されることは報じられ…

呉智英氏の連載コラム、休載が続く。体調が、やや心配……

週刊ポスト。最新号。呉智英氏、2連続で休載(週刊ポスト、2019年11月)週刊ポスト 2019年 12/6 号 [雑誌]出版社/メーカー: 小学館発売日: 2019/11/25メディア: 雑誌この商品を含むブログを見るこの連載コラムは、中川淳一郎氏との交替での隔週掲載なのだが…

中世欧州ではなぜ籠城戦が多いの?はしご、投石器、水の補給は?-『戦場の中世史―中世ヨーロッパの戦争観』

翻訳者のツイートがプチプチバズってる。 【まもなく発売】戦場の中世史─中世ヨーロッパの戦争観 アルド A セッティア https://t.co/vy3xZ0Uk4g @amazonJPさんから— 八坂書房 (@yasakashobo) November 22, 2019私が翻訳したアルド・セッティアの『戦場の中…

「突然変異した赤狩り」「道義的ポルノ」…町山智浩氏が米国の”差別告発”の風潮を批判的に紹介(週刊文春)

週刊文春2019年11月28日号、町山智浩氏のコラム「言霊USA」より。 テーマは「woke culture ,cancel culture(差別に敏感な文化、それをボイコットする文化)」WOKEとは、WAKE(目覚める)の黒人訛り的表記で、目覚めた人の文化、なのだが、町山氏の解説によ…

土方歳三最後の闘い描く「ヒジカタ」、間もなくイブニングで連載(「勇午」の赤名修)

もうひとつイブニングの話題から。土方歳三最後の闘いえがく「ヒジカタ」ドーン。 この次のページで、重要な語り手として、この人が登場する。正直、名前しらんかった。ja.wikipedia.org 土方歳三は、やろうと思えば「函館で戦って死んだ、というのは偽装で…

本日、桜庭和志vsホイラー・グレイシー20周年だとか

本日、桜庭和志がホイラー・グレイシーを破って20周年。体格差や、ルールにレフェリーストップがないのにレフェリーが試合を止めた等の問題点はあるが、木村対エリオ以来45年ぶりに日本人がグレイシーを破った快挙には違いない。そして後半年で、桜庭対ホイ…

井上章一氏が「プロレスまみれ」という本を出してた

プロレスまみれ (宝島社新書)作者: 井上章一出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2019/10/10メディア: 新書この商品を含むブログを見る 得意の邪推でつづるエピソード満載の、井上センセイ、初めてのプロレス論です。 デストロイヤーの4の字固めに熱狂して以降、…

谷崎潤一郎の短編「小さな王国」は『架空のごっこ遊びが暴走する』ホラー話として秀逸らしい

一つ前の記事とおなじく、さるところで伺った話。もう9年前の話だけど、こんな記事を書きました。 m-dojo.hatenadiary.com オバケのQ太郎 3〔F全集〕 (藤子・F・不二雄大全集)作者: 藤子・F・不二雄出版社/メーカー: 小学館発売日: 2009/11/25メディア: コ…

信長名鑑の作者様「新情報はウエルカムです」(twitterでタグ付きで募集)

この前書いた「信長名鑑」について…作者がかたる信長名鑑作者: 姫川榴弾,みやま零出版社/メーカー: 太田出版発売日: 2019/11/14メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 現在の信長名鑑の目標は全ての信長創作物を集め、俯瞰できるよう…

ゆうきまさみ氏「鳥坂の中指は、今は塗り潰す→それがギャグにまたなった」/「だけど〇〇は、今なら描かない」(KAWADEムックより)

ゆうきまさみ氏「今の状況に合わせた描写の変化とは」KAWADEムック えーと、すでに当ブログ「予告編」なんて書いてるし、状況説明は手短に。 (文藝別冊)" title="総特集 ゆうきまさみ ―アニパロから歴史ものまで― (文藝別冊)">総特集 ゆうきまさみ ―アニパロ…

浅羽通明「星新一を読む」ゼミ、「陰謀団ミダス」「とんでもないやつ」など11月に

星読ゼミ第32回は、Aが11月17日日曜Bが11月23日土曜どちらも午後一時半開始、課題作品は、「陰謀団ミダス」「金の力」「とんでもないやつ」、いずれも『妄想銀行』(新潮文庫)で読めます。仮想通貨とキャッシュレスの時代にこそ鮮烈な星版貨幣論の衝撃‼️今回…

「ゆうきまさみムック」増補新版が発売中(予告編)…昔の表現を今(ポリコレ的に)振り返ったくだりが面白い

これ、本格紹介する前の予告編ね(実は貸してて手元にないの)。 (文藝別冊)" title="総特集 ゆうきまさみ ―アニパロから歴史ものまで― (文藝別冊)">総特集 ゆうきまさみ ―アニパロから歴史ものまで― (文藝別冊)作者: ゆうきまさみ出版社/メーカー: 河出書房…

NHK-BSで井筒俊彦特集番組。(本放送終了、再放送あり)

本放送は終わったけど、再放送あり。 NHKドキュメンタリー - BS1スペシャル「イスラムに愛された日本人 知の巨人・井筒俊彦」 https://t.co/9D7Zdaz8s0 2019年11月11日(月) 午後7時00分(50分)(再放送)— 綾瀬川 (@ayasegawa_neta) November 9, 2019 S…

昨日の記事続報。つまり「ちばてつやが『てへぺろ』の元祖」なの?/というか「失敗で舌を出す」しぐさの起源は?【創作系譜論】【日曜民俗学】

【創作系譜論】【日曜民俗学】きのうの記事から、議論をつづけます。いや、続ける気なんか無かったんだけど…m-dojo.hatenadiary.comという記事を書いたー。資料を提示したー。(大前提として、上の記事をちょっと読んでね)たくさんの反響をいただき、感謝で…

ちばてつや回想「女の子が舌を出し『いけね』と言う場面を描いたら、圧倒的反響があった」

少年漫画界のラスト・レジェンド、ちばてつや先生の回想。 …当時の漫画界ではおてんばな女の子を書くのはタブーだった。 よく先輩のマンガ家や編集者から、「笑わせるのは、ヒロインといっしょにいる三枚目のキャラクターで、ヒロインはいつもうれいを含んだ…

「本好きの下克上」4話で「不便な粘土版だから数千年後に残った」皮肉を思う/中島敦「文字禍」をこの機に読もう【記録する者たち】

えー、「本好きの下克上」なんとかabemaTVの配信見ています。その4話について… abema.tv ※2019年11月4日現在、まだ無料で見られます見た範囲では「ちょ、ちょいお嬢さん、本好きは解るし、俺もその末席だとは思うが、20世紀の知見を中世風異世界に持ち込む…

「『結婚式』妨害」「アルコール検査ボイコット」…JR労組の闇描く「トラジャ」、武田砂鉄氏が朝日で書評

m-dojo.hatenadiary.com で紹介した「トラジャ」。 トラジャ JR「革マル」30年の呪縛、労組の終焉作者: 西岡研介出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2019/09/20メディア: 単行本この商品を含むブログを見る「人殺しの組合にはいられない」(本文より)JR…

鳩山由紀夫総理、内田樹氏らに「教育行政で提言を」。内田さん、あっさり篭絡され(笑)「もう一度表舞台に出てきて!」

僕は鳩山さんにもう一度表舞台に出てきて欲しいです。だって、僕と高橋源一郎に「教育行政について提言してください」って言ってくれた総理大臣なんて他にいませんから。それが「いい時代」だったかどうかは評価が分かれて当然ですけど「お気楽な時代だった…