INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

みなもと太郎「風雲児たち」紹介過去記事を、画像付きで再度(1)

かなり昔に書いた(幕末篇の前)、全体像的な文章


m-dojo.hatenadiary.com




安政の大獄で、裁きをする幕府側に「これは正しい裁きではない」と声を挙げて追放された官僚がいた


m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com


安政の大獄から桜田門外の変はひとつながり。最初にこの部分を「試しよむ」のもありかと。うちでも特に気合入れて紹介し続けた

いい歳してあのジジイが(笑)、当時最新のアニメをパロのネタにしたことも話題となった

m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com



満身創痍の彦根藩士が、首の無い井伊の遺体をかごの中に入れて、かついで二、三歩歩いたところでバッタリ・・・

というのも普通のストーリー的にはわけが分からない。実際の記録にあるから、こういう「ノイズ」も迫真性を持ってせまってくるのだ。
m-dojo.hatenadiary.com

そして、その「結末」は……
m-dojo.hatenadiary.com



友人がおくってくれた「風雲児外伝19」という小冊子より。

わかる?再開なったばかりの幕末編1巻、もともと部屋住みで世に一生出ることもなく、何の意味もない人生を送る―と覚悟していた井伊直弼が、兄弟の相次ぐ逝去により一躍、井伊彦根藩の跡継ぎになることが約束される。しかし、舞い上がる直弼に、父親が「井伊家は大老の家柄。何かがある時は、日本国のすべての責任をお前が負う立場になるのだぞ」と覚悟を求める。そのときに「ドーン!」という効果音とともに父親は喪黒福造の顔に・・・
という、単純なみなもとギャグとおもいきや、実は当初から「桜田門外の変」の回を描くときの伏線にしていた、という


パロディと言えば、こっちもたいへんな話題になりました

m-dojo.hatenadiary.com


咸臨丸渡米・幕府使節団訪欧も面白い物語でした


m-dojo.hatenadiary.com


幕府直接の崩壊原因かもしれない「金交換」話。「大君の通貨」という本で読んでいたのだけど、こちらは2007年に伏線を張り、2013年に回収した(笑)

m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com


入れ墨(彫り物)が普通の習慣か、アウトローの象徴かなんて議論も江戸時代から見れば見えてくる。


m-dojo.hatenadiary.com


お産と「穢れ」概念


m-dojo.hatenadiary.com


「パン」は兵器として優秀だったということ~そして江川英龍

江川英龍は、一括返還もできない程度にマイナーな存在ではあるけど、この作品はその存在に大きく光を当て、知名度を一段アップさせたと思うのです。地元の人が、そんな感謝をしているのを読んだ。

f:id:gryphon:20201104022417j:plain
風雲児たち 日本のパンの父・江川太郎左衛門英龍

m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com



超一流の「陰謀家」としての岩倉具視を描く視点も。



m-dojo.hatenadiary.com




これでもごく一部。まず第一回として紹介

togetter.com