INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「ハコヅメ」が今『とんでもない』。〜過去と現在を行き来して、脇役・チョイ役を綺麗に繋げる離れ業演じる

うーんとね、今回の話紹介したいんだけど、いろんなところが伏線過ぎて
どこからどこまでがネタバレになるか…

あ、公式アカウントなら、公式にOKされてるわけでそっちを見てもらうか




まあ、画像を見てもらったところで、ネタバレ防止と省力化のためざっくりと。

・20年前、この署の管内では薬物や少女売春を仕切る巨大な犯罪者集団の取り締まりがあった。
・その際、秘匿捜査――警察官の身分を隠しての内定、あるいは完全に犯罪者集団の内部に入り込んでの「情報収集班」による捜査も行われた。
・その主要メンバーが、今も署の一線にいたり、出世して指導者層になったり、現在の警察関係者の肉親だったりする。
・ただその「20年前」の捜査には、苦い結末もあった。組織は追い詰め、多くの逮捕者も出したが、犯罪組織のほうの、現場で第一線に立つリーダー(組織の本当のトップではない。ダース・ベイダーランバ・ラル、シャア少佐的なアレ)は相当な切れ者で、いよいよ追い詰められた時に、尾行中の捜査官に逆に話しかける「逆問」を決行。ついでに「捜査官の身分や家族構成も知ってるぞ(場合によっては家族にも復讐するぞ)」とほのめかしたのだ。

f:id:gryphon:20200730013758j:plain
ハコヅメ、過去の因縁話「逆問」

・警察もそれに全面対抗もできるが、家族も危険にさらすコストに見合うほどではない。情報収集班は解散し皆が異動。ある種の「痛み分け」で事件は終わり、犯罪組織現場リーダー格のジョージは娑婆に残った。
・しかしその残党・後継組織的な犯罪が、同じ場所で復活しようとしている……

f:id:gryphon:20200730013902j:plain
「ハコヅメ」過去の因縁話 情報収集班解散

みたいな話なんだが、特筆すべきは、
その過去話に出てきたAさん、Bさん、Cさんとかが、実はその前の「ハコヅメ」にいろんな形で出てきた「Aさん、Bさん、Cさんの若いころ」なんだ。

でさ、ハコヅメはシリアス回とギャグ回を行ったり来たりするだろ?どうかするとシリアスシリーズの間にギャグ回ぶっこむし。
そのギャグ回に出て、ちゃんとギャグをやってるキャラが、今回のシリアス回のAさんBさんだったりするし、また、その種のシリーズに出てくる犯罪者って、仮面ライダーウルトラマンの怪獣怪人と同じで、その回だけのやられ役として出てくる1話完結キャラだと思うだろ?? それが実は繋がってたりするんだよ!!!!!!

f:id:gryphon:20200730010827j:plain
「ハコヅメ」過去の因縁話が脇役・チョイ役まで綺麗に繋げる


この種の煙幕のおかげで・・・・・
やっぱり自分、マンガをそれなりに長く読んでいるし、マンガも映画も「伏線がびしっと張ってあって、それがするりと回収されるのがいい」と公言してきた。
しかし、それは伏線を自分なりに読み解くのが嬉しいんで、ここまで伏線を伏線と思わせずに読ませて、あとからこれが伏線です、とやられると悔しいのひとことであり、ある種不愉快でもある(笑)

しかし、これはこちらが「喝!」を貰う話ではなく、張本だって「相手にあっぱれあげてください」というところだ。


自分もちょいちょいと「ハコヅメ」は、目立つ回があるたびに紹介してきた。(最後に直リンク張っておきます)
m-dojo.hatenadiary.com

今回の重要人物である新署長さんを
「令和の後藤隊長」とまで言って注目してきたが、
m-dojo.hatenadiary.com

それでも相手に秘匿されてしまったのだ。



実際、どこまで緻密に張り巡らせていたのだろう。
藤田和日郎は「後付けじゃない伏線なんてあるのか!!」と言い切ったし、ゆうきまさみは「〇〇というキャラが必要になった時、それを新登場させるんじゃなく、過去に出てもらったキャラにその役をさせると、前から考えていたのか!と読者は感心します」という身も蓋もないアドバイスをしていた(「パトレイバー」において、シャフト内部で内海を追い詰めにかかるハッカー女性などはそれだったんだって。)
そういうものなのかもしれない。


『自分の作品に感想を頂いた時によく思っている事』に共感する声集まる「鑑賞者が優秀な事ってあるよね」「エヴァもこれなんだよなぁ」 - Togetter

だが、ここまで鮮やかな形になっては、それが先付けか後付けかなどどうでもいい、というか実質同じになってしまう。


とにかく、このシリーズでとんでもないことをやってのけてしまった、ということを、作者や公式アカウント(編集者)は自覚してるんだろうか?
https://twitter.com/KOBAN_JOSHI

お前ら、「このマンガがすごい!」の今年の1位、取りに来てねぇか?と。

よく「なんでドラマ化しないの?」とか言われてたが、一足跳びに映画化して、1年に2本シリーズで上映するかつての「寅さん」の地位でも目指してんじゃねえか?と。
※追記 ブクマによると、やっぱりオファーはたくさん来てるそうな。逆に、それを「タメてる」背景が気になるな……

「ハコヅメ」が今『とんでもない』。〜過去と現在を行き来して、脇役・チョイ役を綺麗に繋げる離れ業演じる - INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

漫道コバヤシでモーニングの編集がドラマ化の依頼いっぱい来てますって言ってたね。作者はグラサンにマスクのコンビニ強盗みたいな扮装だったのでどんな顔かはわからなかった。

2020/07/30 16:37
b.hatena.ne.jp


m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com




資料 今回の反響