INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

2020-12-14から1日間の記事一覧

【恒例再投稿】「今年の漢字」の主催者が行う「漢字検定」はアホだと高島俊男が斬る(笑)

2020年の漢字は「密」でしたか、はいはい。さて…… www3.nhk.or.jp 過去の記事を恒例再掲載します。もとは2012年の記事。http://www.kanken.or.jp/years_kanji/ 「今年の漢字」とは 一年を振り返り世相を表現する漢字一字を考えることで、皆様に漢字の持つ奥…

【メモ】「〇〇がバカで困った」てな逸話は、その〇〇を売り出す意図があることも(小松政夫と植木等の逸話)

植木等さんの「お呼びでない」は付き人時代の小松政夫さんが間違えて出番を伝えたことで生まれたギャグ。と言われてたけど小松さんご自身は「そんなヘマはしない。そうやって僕の名前を売ってくれた」と。好きな話。真偽はどちらでもいい。— 古沢良太 Ryota …

ゴン格やkamipro過去記事をnoteに掲載してほしいと思うが、その時の権利関係は?(インタビュー記事とか特に)

こんな騒動が勃発した。 togetter.comミーがブクマしたのは以下の内容 実際、過去の雑誌記事をnote的な場所に再録して、と思ってる。その時雑誌単位で可能か、執筆者単位なのか、これも知りたいところ。/実は宅八郎氏が業界でもめたのがこの雑誌記事再録。…

【恒例投稿】12月14日、恒例で三波春夫「俵星玄蕃」と、赤穂浪士の色々

まいとしの再投稿です。 関連番組の放送があったので三波春夫だけ先行で記事紹介したけど、まあもう一回あらためて。 時に元禄十五年十二月十四日、江戸の夜風をふるわせて、 響くは山鹿流儀の陣太鼓、 しかも一打ち二打ち三流れ、思わずハッと立ち上がり、 …

「少人数」教育は本当に「大人数」より優れているか?木村草太氏が異論

「個性や違いを大切にした対応」っていうなら、個別対応をしっかりすべきだろうに、なぜ1クラスの定員減にこだわるのか、根拠がわからない。「少人数学級」21年度予算巡り文科省VS財務省 「学力だけが効果ではない」…有識者インタビュー:東京新聞 TOKYO We…

菅首相「悪口だけで国が良くなるか」「議論が、単なるレッテル貼り」「俺は詩人じゃない」~某所での、不満の肉声が面白かった

菅総理の「肉声」を、さるところで知った。 いろいろ、あちこちで言われている批判に対して、氏も言いたいことがあったらしい。自分の確認する限りでは、ソースの信ぴょう性はそれなりにあるので、紹介してみよう。 発信力がない、大きな方向性が見えない、…

ネタニヤフ首相、トランプとの2ショット「ハヌカ写真」に変更…季節限定か、変えるきっかけか

気づいたら、ネタニヤフ首相のTwitter背景写真が変わってた。旧:トランプ大統領とのツーショット新:ユダヤのお祭り「ハヌカ」祝いハヌカが終わったら、トランプバージョンに戻すのだろうか。 pic.twitter.com/irmAM2KCTX— 高野遼 (@takano_r) December 13,…