【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「物語上で、悪役に付加しても許される”属性”」をめぐる、一考察。(ルックバックに関係するような、ないような)

togetter.com

こう、ブクマした。

これ、広くいうと「物語上の悪役に、与えてもゆるされる属性とはなんぞや?」という話で、んでそれがいろいろ困難の末に「ゾンビ」や「ゴブリン」が重宝されるのであろうなあ。
https://b.hatena.ne.jp/entry/4706323226279428962/comment/gryphon

印象に残りしツイートいくつか。







抗議のなかでも、初期に属するツイート群で、ちょっと考えさせられる一節があった。
まとめにもなっているのだけど(ちなみに「このアカウントは、かつてのデマアカウントじゃないか?」と指摘するまとめ(https://togetter.com/li/1748202)もある)

togetter.com


在日朝鮮人の男が殺人を犯すシーンが唐突に出てくれば、今の社会では、レイシズム、すなわち差別と見なされるでしょう」
こういう事象はあるのかないのか、といえば、あるだろう。「あるだろう」というのは、/偏見を助長することもあるだろうし、/それが差別とみなされる(抗議される)こともあるだろうし、/抗議されるだろうという予想が先回りしての自主規制や、抗議があったらその正当性や個数に関わらずすぐ撤回や修整されることも すべて「あるだろう」ということであります。なにしろ、まだ組織が元気な80-ゼロ年代の話とはいえ、日本を代表する出版社や新聞社に組織的に電話クレームし、編集部に罵声を浴びせるなども行うパワーがあったのだ。


…ときに「唐突」で無ければいいのか。在日朝鮮人も、統合失調症も。
また、もうひとつ考えなければいけないのは、物語の悪役とは、ものによっては、他の善玉以上に脚光を浴びる「ヴィラン」であるということだ。
80年代後半、経済や技術の先端性で絶頂期にあった日本は、ハリウッドの悪役としてもずいぶん登場した。ロボコップ3の忍者ロボもそうだが、ヤクザとかも…しかし「日本人というアメリカにおいてはマイノリティな存在を悪役にしては、レイシズムとみられる!」ということで、そういう企画が最初の段階でお蔵入りになっていたとしたら、松田優作のハリウッド初進出作にして遺作でもあった「ブラックレイン」は作られなかった、ということになる。


だから悪役は「架空の属性」にしくはなし? なら「ダーク・アスピリン・グループ」所属にしては………

最初に書いたブクマの仮説
『物語上の悪役に、与えてもゆるされる属性とはなんぞや?』⇒『いろいろ困難の末に「ゾンビ」や「ゴブリン」が重宝される』
という話は、当方の仮説であります。そんなふうに語った作り手のソースが有る訳ではない。



ただ、それでふと思い出した、というかいいこと思いついたんだけど…「ダーク・アスピリン・グループ」というのがあったなあ、と。
どこにあったかというと、星新一のSSにあったんだけどね。

…『外郭団体』というお話。
何でもかんでも世の中がうまくいかないのは官僚のせいだ、という世間の風潮に嫌気が差し、官僚たちは一致団結してとある架空の組織をでっちあげることにしました。
「ダーク・アスピリン・グループ」

天気予報が外れたのも、泥棒が芸術品を盗むのも、天災地変が起こるのも、全てダーク・アスピリン・グループのせいなのですと責任をおっかぶせてしまうわけですね。

そんなわけで、あのコマも犯人の供述が「ダーク・アスピリン・グループ万歳」だったら、なべて世はこともなかった。
実は物語内の企業名…これも、クレームがつきやすい面もある……について、「いっそのこと架空企業を共有しちゃわないか?」という与太話が、漫画家たちの平成トキワ荘(=twitter)で盛り上がり、一時の放談で終わると思ったら実際「週刊パトス」という雑誌名が複数作品で共有された。
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com


これと同じで、どこからも文句の出ない架空のわるーいやつの属性を、何か作ればいいと思うのです。ダーク・アスピリン・グループとかニャントロ星人とかおススメ。ファーザーが主張する「世界を牛耳る『男』の陰謀」はさしわわりがあるかもしれんので没。

ひとつの論点。統計的にその属性が、犯罪を起こすと証明できればいいが、そうでないとダメ?

この物語中、犯罪を起こすのは「男」だった。

「作中で悪漢の性別として女性ではなく男性が選ばれたのはそれは犯罪統計などを反映した結果に過ぎないのだろうし」

これとは別に

つまり作中で「放火」であったら…?

ラストに。”公式”の表現は変わったかもしれない。しかし作者は「物語の万能・唯一神」ではなく、民は反旗を翻してよい。

著作者は、著作権の範囲で物語を、没70年まで支配できる。それが世俗の法だ。
しかし、「物語」はそもそも世俗ーー現実のものであるのか。

m-dojo.hatenadiary.com

f:id:gryphon:20200125125920j:plain
トクサツガガガ 公式設定とはなにか
「物語はそもそも誰のものか」を問う「ジャンプ漫画が複数結末を公式掲載」の話 - INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

「物語」とはしょせん、おはなし、ウソであるので、どの「ウソ」が「正しい」のかなんて、もともと言葉として矛盾している…というところから始まって、いろいろ考えを巡らせた。

2020/03/10 11:20
b.hatena.ne.jp


つまり、これだ。

m-dojo.hatenadiary.com
「歴史の真実」という点ではこういう印象に残るエピソードがある。

名作のある場面で、登場人物たちが歌を歌うんだが、作者の本来の意図としてはその時、ジョン・レノンの『ハッピークリスマス』を使いたかった。だが著作権が複雑でとてもその許可を取るのは間に合わないので、権利問題はない賛美歌を使うことにした…… 。そして笹生さんは、こう独白する。
「でも私は、この場面で流れる曲は『ハッピークリスマス』だって覚えておくよ…」

f:id:gryphon:20210509110315j:plain
歴史の神が遣わした観察者ー薔薇はシュラバで生まれる

この場面は、『結局、創作の中の「真実」ってなんだろう?』と思わせる非常に重要な場面だった。

www.youtube.com





藤子・F・不二雄「ノスタル爺」の修整も含め。
m-dojo.hatenadiary.com
梶原一騎原田久仁信プロレススーパースター列伝」の言い換えも含め。
「プロレススーパースター列伝」文庫版言い替え選集 - INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-


これらをひっくるめて、そして今回の「ルックバック」ももちろん含めて、要は皆が、「華氏451度」の、アレになれ!!ですよ。アレというのは、ネタバレにつながるのでアレというしかないのだけど。