INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

トランプが圧勝、完勝、返り討ちだったね(……※『VS世論調査』において。「隠れトランプ」非実在論に終止符?)

タイトル(の前半)が釣りだとか、そういうお叱りは聞く耳持たんよ。だって俺は何度もこの話をしているし、ぶっちゃけヒラリーとかバイデンとかへちまとかより、ずっとこっちの方に興味を持って論じてたんだから。


m-dojo.hatenadiary.com


togetter.com


その、「世論調査」リベンジマッチ、再び沈む・・・・・・・・・・

最終的にトランプは負けるかもしれないけど(べき論、希望論ならそうあることをやはり望む)、こんな接戦になった時点で、世論調査と統計は敗北です。郵便投票が?レッドミラージュが? ならば、それを勘案して「事前」に、述べておくれよ。定量的に。


そして、こういうことでよかろうか。

f:id:gryphon:20201105005853j:plain
『隠れトランプはやはり実在していました』 ※ヘルシングの「敗北主義者」パロ

最終的な、両候補の勝ち負けではない。
世論調査において、隠れトランプはあり/なし」という議論、すなわち学問的な論争において「あり」ということでよろしいか????


いや、この結果ではまだわからない、微妙だというところで微妙な結果が出た、すなわち正しかった、のかもしれない。
そういう詳報がくるまで執行は延期されるのも合理的であろう。

ただ、今の状況的には「かくれトランプってやっぱりいたんだね」「世論調査、当てられなかったね」というのを、デフォルトな仮説としておいてよさそうだ。
そのうえで、反論者は「いや今回も世論調査は正しかったんだよ」「隠れトランプは”一見そうみえるけど”やっぱりいなかったんだよ」と、異議申し立てをする側…といってよろしいんじゃないでしょうか。

と、このテーマの記事が早くも出ていた。
www.nikkei.com