INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

異世界官僚「文書に『その上で』と入れ、命令を実質無視しただけなんですけど?また俺何かやっちゃいました?」

異世界ファンタジー書きます

どこかの国の、何かの官庁に勤めていた中堅官僚。
何かの拍子に地震と大嵐があり、トラックにひかれて心臓発作を起こし、気が付いたら異世界へ…もちろん完璧に日本語は通じます。
なんかパラメーターが見える能力ももらいました。

そして、まったく身元不明の怪しい人間ながら、なんだかんだと上流階級の人間と知り合い、その異世界の国の政治にアドバイスできる立場になりました・・・・・・・


「困ったなあ、南無三!!」
「何か困りごとがあるようですね。普段ならシャワーを浴びて、ジャガイモとサンドイッチを食べてくつろぐあなたが…」

「実は王様から、〇〇をやれと命じられて、その基本計画を作らなければいけなくなったのじゃよ。〇〇は、非常に微妙な問題で、本来ならやりたくないのじゃが…、これは王様の目玉政策、1丁目1番地の公約でな…素案まではできているのだが、これが正式に決まったらやらざるを得なくなる」

「なるほど…その基本計画の素案を見せていただけますか?」

「これだが…」

「ふーむ、なるほど…。今回の事業は、〇〇と▲▲が入っていますね。なら、『▲▲をする。【その上で】〇〇をする』と入れましょう。そうすれば、やりたくない〇〇は▲▲が完全に終わらない、ということでいつまでもやらないで済みます。この言葉を入れれば、終わりです」

「なんと!!!」

「そして…〇〇については【本来の〇〇の在り方を議論し】と入れましょう。そもそも論には答えがありません。ずっと”議論”をして実行はたなざらしにすればいいんですよ!!」

「て…天才だ!!!!!」
「南無三!!」
「評判は伊達じゃないな!!」

「へ?また俺何かやっちゃいました?こんなの、元居た世界では普通にやってたんだけどな…」

この世界で伝説の「カスミガセキ・ブンガク」の使い手として、この官僚が勇者として語り継がれるのは、まだ先のはなしである……

異世界もの、このレベルで書いてるとラクだね(笑)
これの元ネタは、以前も紹介したこの本。

平成の政治

平成の政治

f:id:gryphon:20201217105839j:plain
「その上で」が入った役人文書は実現しない

この前紹介したのは、こういう部分でしたが…
m-dojo.hatenadiary.com




こういうのを霞ヶ関文学と呼ぶそうです。

m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com

・「厳格に」というのは例外があるのが霞が関の読み方。例外を認めないときには、「例外なく」と言う。
 
・単語の後に「等」をつけることで、事実上何でも入れられるようにしてしまう。
 
・1000人の人間がいたとする。そのうち、100人を辞めさせ、新たに100人を採用。この場合を「削減」と言う。だから、人数は変わっていない。本当に減らしたければ、「純減」と言う。
 
・「講じなければならない」と言うのは「講じたいけど、講じられない」と言う状況も許す。また、「速やかに」と言っているだけで、「可及的速やかに」とは言っていないので、しばらく放って置ける。
ameblo.jp

あと、途中唐突に出てきた「南無三」その他はこの話
togetter.com
togetter.com
togetter.com
togetter.com
togetter.com
togetter.com
togetter.com
dic.nicovideo.jp