INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「沢村忠に真空を飛ばせた男」には、大山倍達の記述もあり(当然ではあるが)

きのうの「ローキック」記事に関連してtwitterで話材に。






この本は話題の「明石家さんまヒストリー」と同様、「水道橋博士のメルマ旬報」を経由して生まれた本。
対象モチーフの知名度に違いが大いにあるんだが、そういう媒体が無ければそもそも企画が実現しなかったのではないか、という点は共通している。
両方とも見事に商業出版物として市場に出た、という点でもよろこばしい。


ところで、「昭和の格闘技プロモーター」な時点で、相当に危ない橋を渡った波乱万丈のひとだろう、と決めつけるのだけど、その通りなので決めつけもなにもない(笑)

で、極真カラテ大山倍達の記述があるのも当然と言えば当然。
なにしろ「極真鎮魂歌」でもセンセイ・オーヤマは盛大にキックボクシングをDIsっているのだ。

大山倍達黒崎健時やキック関係者をディスる

「キックに関しては野口に騙されたようなものたよ。弟子をタイに連れて行っていい結果を出したらかなりの報酬をくれる約束だったが、黒崎があんな負け方するものたからギャラはゼロだという。黒崎はコーチで行ったのたから試合に出れば負けるのはわかっていたのに、勝手に試合に出てぶざまに負けた。それを理由に報酬ゼロと言う。そんな野口を信じられるはずないじゃないのよ。もし一緒にやるならば私が主導権を取るという約束でね、私は野口と組むことにした。そこにまた黒崎が口を出してきた。スポンサーを見つけるのが黒崎の仕事だったのに私の弟子たちを私が知らないところで引き抜いてキックの練習をやらせたりね。(略) 私のお人好しが全部裏目に出たということだね」

大山倍達、「キックの鬼沢村忠ディスる

「私たって昔アメリカ遠征で未知のレスラーと戦ったし、力道山にも挑戦した。強い弱いは理屈じゃないんたよ。あんな沢村なんて、ちょっと寸止めの学生空手をかじったたけの男じゃないか。学生空手チャンピオンなんて売り文句は根も葉もない嘘だし、山口(剛玄)先生の道場で剛柔流の真似事をしたたけの男がなんで連戦連勝なの、何が真空飛び膝蹴りなの。みんな八百長よ。、私もタイでムエタイと戦ったり稽古もしたからわかるのよ。沢村など、日本人選手の相手をして負け役を演じているのはほとんどムエタイを知らないタイ人の留学生たちなのよ。それでもムエタイはタイの国技たから負け薬の戦士たちも本気でやったら澤村なって一発で吹き飛んでしまうよ。中村や藤平がムエタイに挑戦した時も彼らは勝ったけど黒崎は額を割られ血だらけになって負けたことを忘れちゃいけないよ。まあ黒崎が勝てる確率は、相手が誰だろうと最初からゼロたったんだが…要は強いのはタイの選手。そのタイの選手を倒す前に、沢村八百長選手を君たちに一蹴してもらいたいんたよ」
m-dojo.hatenadiary.com

こういう話に「キック側」から言いたいこともいろいろあったろうよね。
そもそも的には、
あれだけブームを巻き起こした「昭和キックボクシング」の回顧というジャンルが、プロレスや野球などと比べて非常にパイとして小さい気がして(自分も正直、昭和プロレスへの興味と比較するほどの情熱や知識はない)、そこが残念なのだが。
これは、第二次ベビーブーム、団塊ジュニア世代とこのブームが微妙にずれていることが大きいんじゃないかと思うのだけど…
ただ、だからこそこのジャンルを「開拓」する意味は大きいだろう。