INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「言葉が通じない相手にも、散弾は通じる」

一体何の作品なのか、ひょっとしたらツイート者の描いたオリジナルなのか、とか背景はよく分からないのだが、そりゃ、うーーーーーーーーーんと唸る。
そしてこうやって保存するのであります。

そして今見たら、アンサーツイート(リプライ)があった



f:id:gryphon:20200605010351j:plain
「言葉が通じない相手にも、散弾は通じる」https://twitter.com/pokitasu/status/1268128455188549633より




これに似た内容を、もう少し格調高く、ということは無駄に遠回りして(笑)、司馬遼太郎が語っている。

……白人の目からみれば手足のついた植物のようにおとなしくみえたベトナム人も、近代的な火器さえ手に入れれば白人に対して十分に戦えるという、かれら自身信じがたいような奇跡を発見した。
かれらは日本人よりも平均的に体格が小さいが、世界でもっとも器用だといわれているその民族的才能によって自動小銃もロケット砲も追撃砲ももっとも効果的に操作できたし、それらの兵器から飛び出す鉄砲弾の効果には民族的優劣がないというこの平凡でしかも強烈すぎるほどの普遍性への感動、その感動が内部へ入りこんでの実感がかれらの中の民族的自覚をよびさますという結果になった。

独自の文化の中に閉じこもってきた一民族が、世界史的な潮流の中で自立しようとするとき、かならず普遍性へのあこがれがある。
さらにその普遍性を手に入れようとして夢中で跳躍する。その普遍性は、たとえば中国の場合ではその近代の初期にあってはカトリシズムであり、あるいはそのまがいの太平天国思想であり、ついで資本主義思想であり、さらには「銃口から革命がうまれる」といった毛沢東マルキシズムであった。
ベトナムの場合もそれらをベトナム的規模と屈折の中で経たが、結局は兵器になった。唇や文字で説かれる思想よりも、ひきがね一つで相手を目の前で殺傷できる兵器のほうがはるかに普遍性を戦慄的に体感でき、それも万人が体感できるという点でこれほど直截な思想はなく、この思想はベトナムにあっては、サイゴン政府軍においても、解放戦線においても、ハノイ政府軍においても変わりはない。




ちなみに、こういう米国南部で発祥した様な、何かが狂ってることわざは、他にもこのブログでいくつか収集している。


「神は男を作りました。更に神は女を作りました。そしてサミュエル・コルトは彼らを平等にしました。」

m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com


「諸君は戦争に興味がないかもしれないが、戦争は諸君に興味がある」

m-dojo.hatenadiary.com

「『ペンは剣よりも強し』と言った人間は、おそらく自動小銃を見たことがないんだろう。」


「B-52からのクラスター爆撃はとても精密ですよ。爆弾が常に地面にぶつかることは保証します。」

最初の画像の出典は「ニーチェ先生」だとのこと(ブクマ情報)

「言葉が通じない相手にも、散弾は通じる」 - INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

ニーチェ先生か <a href="https://twitter.com/matsu_koma/status/514778909418610688" target="_blank" rel="noopener nofollow">https://twitter.com/matsu_koma/status/514778909418610688</a> <a href="https://w.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/35020.html" target="_blank" rel="noopener nofollow">https://w.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/35020.html</a>

2020/06/05 13:34
b.hatena.ne.jp

 


w.atwiki.jp