INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

柳澤健「2000年の桜庭和志」が単行本に

2000年の桜庭和志

2000年の桜庭和志

  • 作者:健, 柳澤
  • 発売日: 2020/02/27
  • メディア: 単行本
1984年のUWF』の続編にして、『1976年のアントニオ猪木』の最終章!

タイガーマスクに憧れプロレスを志した少年―-。アマレスを学び、プロレスラーになった桜庭和志は、サブミッションレスリングに夢中になり、総合格闘技の世界へ。そしでPRIDEの主役となり、UFCのレジェンドであるホイス・グレイシーと107分の死闘の末、伝説となった。桜庭が、“リアルファイトのタイガーマスク”になったのである。桜庭の生き様を追いながら、グレイシー柔術とは何か、MMAとは何か、格闘技とは何か、UWFとは何か、プロレスとは何かに迫る。
取材は、桜庭への幾度にも及ぶインタビューだけでなく、石井和義ホイラー・グレイシーホイス・グレイシーにも行った。著者は、自ら柔術教室にも通い、そのなんたるかを学んだ。まさに体当たりのこの作品は、著者の真骨頂でありひとつのシリーズの大きな締めくくりでもある。

内容(「BOOK」データベースより)
UWFからPRIDEへと駆け抜けUFCの殿堂入りも果たした総合格闘技界のレジェンド桜庭和志IQレスラー&グレイシーハンターの全貌がついに明らかになる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
柳澤/健
1960年、東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、メーカー勤務を経て、文藝春秋に入社。編集者として「スポーツ・グラフィックナンバー」などに在籍し、2003年にフリーライターとなる。07年に処女作『1976年のアントニオ猪木』(文藝春秋)を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


雑誌連載中の内容紹介を、ちょっとネタバレ(当たり前だ)だけど再掲載する

m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com


記念イベントを開催(コロナ収束の具合次第だろうかね…)


3月28日

www.1101.com
2000年の桜庭和志

『Number』のOBであり、
現在はフリーライターとして活躍中の柳澤健さん。
昨年『Number』 で連載をしていた
『2000年の桜庭和志』が
単行本となり発売されたばかり。
2000年、ホイス・グレイシーを倒し、
時代の寵児となった桜庭和志
桜庭選手の活躍を振り返りつつ、
その時代を描いた柳澤さんと、
この本の取材に協力し、
桜庭選手を高く評価する柔術家の
中井祐樹さんによる桜庭選手論です。