INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

アジア・サブカル(漫画、ゲーム)の最先端は、ひとつの共通性の元に収斂しつつあるのか?台湾の漫画より

中国で既にライトノベルが「軽小説」とまんま訳され「テンプレも共有」してるという…サブカルの世界連帯はあるのか? - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160117/p1

という話を書いた直後に

少年サンデー編集部「福田宏先生がタイトルすら聞いたことないゲームキャラに似てるらしいので変えます」 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/930606

という騒動があり、逆説的に、「共通性」が証明された感があるが(笑)、つづいて

と。
で…ためし読みがあるから読んでみたら、少なくともこの冒頭は、本当に何の違和感もなくね、日本の漫画と変わらない……あまりにかわらなすぎて、「台湾の漫画なのに、ここまで日本の漫画と同じ印象でいいのだろうか」と思ったりもしましたよ。もちろん背景や風俗に、台湾っぽさがないのではないけど。


ただし、こういうのはただの観測範囲の問題で、持って来る仲介業者だって、日本で受けるものをと考えたら、日本漫画のテイストに近いものを選び、選別するだろう。同じようにして、アメコミの影響を受けた少数派のエッジの効いた日本漫画をアメリカに持っていけば、アメリカのファンは「へえ、日本でもアメコミにこれほどそっくりに描ける作家がいるんだね」「日本漫画は、アメコミの影響をそのまま受けているんだね」と思うやもしれないが、実際はそうでない。
20年ー15年ほど前だが、「香港、台湾、中国で圧倒的に人気で、現地の漫画家に一番影響を与えている日本の漫画家は池上遼一であり、いわゆる『アニメ的』な表現は少数に属する」という論説を聞いたこともある。まあ、このへんは今や情報化社会、グローバル社会になった現在、調べるのは簡単で、印象論で語っている当方が怠慢なだけだが……


まあ、上のような、日本漫画とまったく違和感がない台湾漫画が少数派か多数派か、池上遼一の影響がどのくらいなのかはしらねども、日本の漫画が一種の「フォーマット」を提供することができ、現地でそれを受容してくれる層がいてくれたことには素直にありがたいというしかありません。
文明開化や戦後期の日本がSFやミステリーを受容できたように。

そして個々の作品では、こういう国の作家がどんどん日本のレベルを超えるようなものを生み出すだろうし、そこから新たな「フォーマット」が生まれて、たとえば他の国、地域にも広がっていくかもしれない。


そういえばその「コミックカタパルト」は
http://comic-catapult.com/works/

ガルーダヤナ・サーガ イス・ユニアルト インドネシアIndonesia
伝説の英雄たちと共に冒険の旅へ!インドネシア発、アクションファンタジー
 
偃師(えんし)―禁じられた指物師― 米沙(MISHA) 中国China
紀元前十世紀。商人たちと旅をし、自らを「指物師(さしものし)」と名乗る偃師(えんし)は不思議な能力を持っていた…
 
私と恋するナマケモノ アニサ・ニスフィハニ インドネシアIndonesia
だらしないことを見るといつも不機嫌になってしまうキレイ好きな女子高校生・アリン。ある日、アリンのお母さんが管理している下宿にアルファンという男子高校生が入居することに。見かけはさわやかで好青年のアルファンだが、実は怠け者の上に…

こ、これが21世紀の風景か………