INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

提言・シリアに行く日本の若者を減らしたいなら、先回りして「日本のイスラーム国」作っちゃえば?つまり「イスラム原理趣味」。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141007/k10015189101000.html
貼り紙はことしの春に貼られ、「求人」、「勤務地:シリア」などと書かれていたということです。
貼ったのは古書店の関係者の男性でNHKの取材に対し「誰かに頼まれたのではなく、これを貼ればどうなるかと思って、おもしろがって貼っただけだ」と話しています。

http://chutoislam.blog.fc2.com/blog-entry-205.html
ごく少数ですが、宗教の絶対的な統治規範に関わる規定、あるいは軍や戦闘に関わる側面を教えられると、免疫がありませんから、まさに「天啓」を受けたような気になってしまう人々が出てきます。

社会の周辺にいて、「日本社会は間違っている」「世界はおかしい」と一方的に思いを募らせるタイプの人が、世界宗教が明確に「正しい戦争」「正しい軍事行動」「あるべき統治のあり方」を示してくれると、一気にかぶれてしまうのです。イスラーム教については、世間一般の関心は薄い代わりに、少数のそういった「絶対」を求める人々が集まってきます

たぶん、そうなのだろう。
一定数、何をしようとしてもこういう人は「いる」。

それを前提に・・・一提言。


先回りして「イスラム国日本支部」なり、あるいは領域国家の枠を飛び越える「ジャパンとコーリアのイスラーム国」なりでもいい。
そういう組織をまず作っておく。
んで、黒字に白く「アッラーのほかに神なく、ムハンマドはその預言者である」と書かれた旗を振りかざして駅前を更新。

駅周辺を3周ほどしたら解散。
最後に駅周辺のごみを拾って帰る(笑)


これは冗談のように見えてそうではない。今回、本人や周辺の陳述などを見ても、本気でアッラーのために殉じようという人はあまり多くないようだ。
なら、そういう「テーマパーク」を作って、みんなでわいわいと「アッラーのほかに神なし」とかやってれば、ある意味一番平和なんじゃないかと。それ以上のことはしないしさせない。本気のやつが来たら密告しておく(笑)

このへんは公安の秘密工作費用を使ってもいいのではないか。