INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

2012-05-05から1日間の記事一覧

ロンドン市長選、保守党現職が接戦制す。かつての名物男、リビングストンは敗れて引退

女王陛下も許可なしでは入れないというシティ・オブ・ロンドン(ソース:MASTERキートン)のほうは市長が名誉職として存在したが、ロンドン市長自体は、2000年に初めて公選市長となったらしい。 Mayor of LondonとLord Mayor of Londonが違うんだって。おも…

「テレビ局の視聴率なんて、新聞欄の左右やchボタンの位置で変わるんだよ」説。そして政治も・・・

まず、こんな話題があります。 ■番組より面白い!仁義なき「視聴率」大戦争の内幕「三冠」日テレがフジをどんどん引き離す http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32363 実に30年間、視聴率三冠王の杯は、この2局の間だけを往復している。今年日テレは8年ぶり…

「右利きのへびがいる」・・・あ、いや、ツッコミはちょっと待って(新聞書評)

言ってるんだから、しょーがない。 http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2012042300007.html この世に「右利きのヘビ」なるものが存在して、右巻きのカタツムリ食に特化しているようだ。カタツムリの大多数は右巻きであり理にかなっているが、右利きヘビ…

「逃げ切った独裁者」フランコと日本(新聞書評)

http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2012042900018.html フランコと大日本帝国作者: フロレンティーノ・ロダオ,深澤安博,八嶋由香利,深澤晴奈,渡邊千秋,砂山充子,磯山久美子出版社/メーカー: 晶文社発売日: 2012/02/02メディア: 単行本 クリック: 1回こ…

テルマエ・ロマエが映画も好調のヤマザキマリ、最近はエッセイ集なども(新聞書評)

本当はちゃんと続けなきゃいけないのに、いつもずぼらで続かないもの ・腕立て伏せと腹筋 ・読んだ本を書名だけでもいいからブログに記録 ・ネット上の新聞書評を巡回し、いい記事を保存して、リンクを張る だが時々思い出して、「やらねば!」と思う。今が…

佐高信が小沢一郎を評す。未来のために記録しておきましょう。

ゲンダイネット http://gendai.net/ 評論家の佐高信氏はこう言った。 「松下未熟塾の政治家による子供の政治が終わりを告げ、大人の政治が、ようやく始まる。そんな期待が持てます。民主党における小沢一郎氏は、子供の中にひとり、大人が交じっているような…

カリフォルニアではADHD(注意欠陥・多動性障害)治療にマリファナが使われているらしい(ニック・ディアス)

OMASUKIFIGHTの作者が人間風車サイトに寄稿している記事より http://ningenfusha.com/?eid=185 ニックは、2009年にADHD(注意欠陥・多動性障害)であると診断されたため、医療用マリファナを使用しているとしているが・・・ ニック・ディアスの”法廷闘争”につい…

「UFC145.5」、6日の夜11時から。お昼はメイウェザー

今日じゃなくて、明日ね。 http://www.wowow.co.jp/sports/ufc/preview/index.html?ufc145_5 5/6(日)よる11:00 5/20(日)深夜2:00 「ネート・ディアスの野望」 UFCナンバー大会に次ぐUFCのビックイベントの放送が、ついにスタート! 激戦区ライト級、ウェルタ…