【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

会場に街宣/献花中に罵声/開催賛成・反対ともに脅迫文/聖火ランナーに爆竹……抗議の夏、或いは妨害の夏。

大阪府立労働センター「エル・おおさか」(大阪市中央区)で16日、「表現の不自由展かんさい」が始まった。(略)脅迫文や不審物が既に届いており、府警は厳重警備を敷いた。周辺では開催に抗議する人と賛成する人が言い争った。不測の事態も懸念されている。18日まで。

 会場には作品を鑑賞しようと多くの市民らが詰め掛けた。入り口に腕章を着けた弁護士が数人立ち、飲み物入りのペットボトルを預かる措置も取られた。会場周辺では開催に反対する人々が拡声器も使い抗議。大音量の街宣車も現れた。
nordot.app

…センターには13日、「開催するのなら実力阻止に向かう」との脅迫文が届いた。14日には「サリン」と書かれた文書と液体入りの袋が届いたことも分かった。吉村氏によると、14日に届いたものは「開催せよという方からの脅迫文。表現の不自由展を応援する方から届いた」という。
news.yahoo.co.jp

16日夕方、東京・武蔵野市で行われた聖火リレーのセレモニーの最中に、会場近くで関係者に爆竹のようなものを投げつけたとして、男の容疑者が威力業務妨害の疑いで警視庁に逮捕されました。セレモニーに大きな影響はなかったということです。

警視庁によりますと16日午後5時すぎ、聖火リレーのセレモニーが行われていた「武蔵野陸上競技場」の前の歩道で、会場の案内役のスタッフに向かって突然、爆竹のようなものが投げつけられたということです。

けが人はいませんでしたが、60代くらいの男の容疑者が近くで警戒にあたっていた警察官に取り押さえられ、威力業務妨害の疑いでその場で逮捕されました。


www3.nhk.or.jp

…久野成章さん(61)率いるデモ隊が公園脇の道路で抗議運動を行った。

 午後1時半、雨が降りしきる中、バッハ会長が公園内に姿を見せた。ゆっくりと慰霊碑に歩み寄り、関係者の説明を受けて献花を行ったが、その最中にデモ隊から「命よりカネのバッハは帰れ!」「オリンピック中止しろ!」の怒号が飛んだ。関係者から説明を受け散る間も「帰れ!」の声を浴び続けた。その後、バッハ会長は関係者らと原爆資料館を見学。被爆者をはじめ湯崎英彦広島県知事(55)らと面会中も公園外ではデモ隊が叫び続けた。

www.tokyo-sports.co.jp

かつて、小田嶋隆氏はこうツイートした。


『「表現・言論の自由」は、あくまでも公権力が国民の表現・言論を弾圧することからの自由を保障したものであって、国民同士の意見の対立はむしろ自由の成果だぞ。』
うん、意見は対立し、罵声は広島に、大阪に飛び交う。どっちも同じお好み焼き文化圏か。

蝸牛枝に這ひ、 神、そらに知ろしめす。

なべて世はこともなし。




ただし、前からの繰り返しだが、民主社会において「抗議」は基本、あるわけだが、その目的や主張…「なにを」の部分でうんぬんしても、その正しさは判定がいろいろだろう。
それよりは、その抗議が「いかに」行われているかのほうが、ずっと判定しやすい。

ニャントロ星人のメッセージに従い、その展示/訪問は中止されるべきである』などとデモ隊が主張していたら、その「なにを」の部分は( ゚д゚)、で誰も共感しないだろうが、その抗議の仕方が自ら節度を保った合法的なものであるなら「いかに」の部分は認められるだろう。
その逆も、十分にありえる。

とりあえず、火薬は使うな。この前名古屋で不自由展のほうに送った爆竹らしきものの郵便物、とかまわん。


もうひとつ、これは「ミヤネ屋」でのコメンテーターの言で、バッハの広島訪問(への抗議)についてのコメントだったが、自分は映像などを見る限り「抗議は基本的に合法の範囲だったみたいだし、人数も(結果的に)少数だったしいいんじゃないの?」との感想だったが、年配男性のコメンテーターは、「抗議は自由ではあるが、すくなくとも献花をしている儀礼の間に関しては、抗議するのは自分は賛成できない(大意)」と語っていた。
ふーむと、その視点は無かったので記録しておく。

f:id:gryphon:20210717030226j:plain
バッハに抗議するデモ隊(東スポサイトより)