INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「近親恋愛」って最終的には「LGBT」と同じ枠組みになるぜ。Amazonがどう評価しても、どう議論しても

ここにある作品、未読未見のものばかりなので、個別具体的にはいろいろ評価しようもないのだけど


gigazine.net

kai-you.net


で、詳しい理由はそもそも「「グローバルコンテンツガイドラインに合致しない」というAmazonの判断で当該作品が削除されることになった」ぐらいのことで個別具体的な理由は揚げられていないから、ここ以降は仮説、推測、憶測のたぐいであるが…。一部の作品については「近親間の恋愛、性愛」的なものを描写することが抵触した、という推測を目にする(※そもそも前述のように、未読なのでどの作品にそういう該当物があるかはわかりません!!)



その上で、それが話題なら…ということで、何度かこのブログで以前から指摘していた、一般的法哲学論議を再度紹介するのである。つまり我田引水だ(笑)

(1)■これをどう近代の法理論(他者危害原則)で裁けるのか http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080410#p3
 
(2)■法哲学的にどう「近親相姦」を否とできるかの理路が分からん。つーか訴えたら違憲判決出たりして http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20100428/p5
 
(3)■憲法記念日特集で、リレー形式のシミュレーション小説を書こう。この結末は?? http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20120503/p5
  
(4)■カソリック枢機卿のこの問いに、何と答える?&宮台真司はこう考える(同性婚問題) http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20121124/p3


この4部作で、だいたいの主張は言い尽くしている。端的に言えば2番目の記事のタイトル。
法哲学的にどう「近親相姦」を否とできるかの理路が分からん。』



この話は昨年4月に、さらに全体的なまとめを再論したので、それをそのまま「再放送」しますわ。

なんか最近、SNStwitter上で、各種の性犯罪容疑での裁判で無罪判決が相次いだことを受け、また更に、その中に、近親にまつわるシチュエーションがあったことで、こんな議論が出ている。

いわく「近親相姦そのものを違法化」せよと。





もう、この話なんども書いて、ネタかぶりを避けることはできないのだけど。2月にも総括的記事書いたんだが、でもまた話題になっちゃったのでしょうがない、再論す。

m-dojo.hatenadiary.com
の通りだすよ。
これは、純粋な法哲学の問題としてそうなる。でしょ?

f:id:gryphon:20190410031801j:plain
法哲学法哲学の対話」(有斐閣)より同性婚、複婚、近親婚
f:id:gryphon:20190410032003j:plain
法哲学法哲学の対話」(有斐閣)より同性婚、複婚、近親婚

法哲学と法哲学の対話

法哲学と法哲学の対話


一番端的に、わかりやすく書いているのは、小説仕立てのこれか…自作を、再引用しよう。

m-dojo.hatenadiary.com
(略)
「僕たちがきょうだいだからといって、結婚を国がみとめないんです!」と2人は口をそろえた。
「きょうだい?」
「はい、ぼくは山本一郎。こっちが姉の山本花子です」と男は答えた。
 
弁護士はずっこけかけたが、かろうじて姿勢を維持した。「それは法律上の規定があってですね・・・」
「その法律が、憲法違反なんじゃないですか?? わたしたちは両方とも成人です。自由で独立した意思に基づいて結婚相手を選択した。その選択が、だれに迷惑をかけるんですか?」花子が、冷静に、しかし真剣に話す。
 
「うーん、他者危害、ほかの人権を侵害しない以外は自由だという原則か…」
弁護士は、それでも食い下がる。
「しかし、科学的に、近親によって生まれる子供が遺伝上の問題を持つ確率が・・・」
「ひとつ、それは確率の問題に過ぎません。ふたつ、子供を持つ持たないは私たちの選択です。みっつ、障害のある子が必ず不幸だと決め付けてはいけません」
一郎が指をたてながら反論を列挙した。
 
弁護士「しかし、人類社会が積み重ねてきた長年の伝統がね・・・」
一郎「ええ、悪しき伝統です。そういう因習を憲法の立場から打破するのがロイヤーの使命ですよ。昔、平民と貴族の結婚はあり得なかった。カソリックプロテスタントの結婚もあり得なかった。白人と黒人も・・・」
 
花子「それに、同性結婚も。特定の宗教や伝統は、それを非道徳と見なしているでしょう。でも成人2人が、自由で独立の意思に基づき結婚相手を選択し、それはだれにも迷惑をかけないから同性結婚を各国で認め始めている。きょうだい結婚も、それに準じる話ではないかしら」
(後略)

このふたりを、あなたが「いやそれはちがうよ」と、説得したいなら…そしてそれができるなら、するがよい。

同じようなカップルを、架空物語でもう一つ知っている。

2015年に「アフタヌーン」に掲載された、読切漫画「冬の海」である。

読切漫画「冬の海」は政治的大問題作品。よく載せたな、アフタヌーン…(ネタバレします) - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20151026/p1

セリフを再度、大文字で引用しよう。

「お前が同性を選んだように 俺は妹を選んだんだ」
「お互い 肩身の狭い恋してますねえ」



そして繰り返すけど、これってそのまま、パロディにもしないで使えるんだよ。「同性婚に賛成するNZの議員のスピーチ」ってやつが。そのまま近親結婚(相姦)問題の議論に。

www.huffingtonpost.jp

繰り返しになりますが、言わせてください。

今、私たちがやろうとしていることは「愛し合う二人の結婚を認めよう」。ただそれだけです。

外国に核戦争をしかけるわけでも、農作物を一掃するウイルスをバラ撒こうとしているわけでもない。

お金のためでもない。単に、「愛し合う二人が結婚できるようにする」。だから、本当に理解できないんです。なんで……反対するのかが。自分と違う人を好きになれないのはわかります。それはかまいません。みんなそんなようなものです。

(略)……私は約束しましょう。水も漏らさぬ約束です。

明日も太陽は昇るでしょうし、あなたのティーンエイジャーの娘はすべてを知ったような顔で反抗してくるでしょう。明日、住宅ローンが増えることはありませんし、皮膚病になったり、湿疹ができたりもしません。布団の中からカエルが現れたりもしません。明日も世界はいつものように回り続けます。だから、大騒ぎするのはやめましょう。この法案は関係がある人には素晴らしいものですが、関係ない人にはただ、今までどおりの人生が続くだけです。


むろん、それでもなお
「伝統と文化が、それを禁じている」「神がそんなことは許されない」「とにかくおぞましいのだよ、道徳として」という、慣習と文化と宗教的善悪に基づいて主張される人もいるだろう。
それはやむを得ないものであろう、とも思う。それは同性婚でも、そう主張するかたがいるように。この点も、同性結婚と近親結婚は構造が同じ。


ついでに、蛇足の補足で「たとえば父親がその権力、支配的な雰囲気で未成年の娘の自由意志を奪って、意に反して関係を結ぶのは問題ではないか」という話について。

それは「未成年」や「自由意志を奪って」「意に反して」が問題…というかあからさまに犯罪であろう、というだけ。そしてそれは、血縁関係にあってもなくても同じこと。

ある地域の銭湯は、汚れた体のまま浴槽に入ったり、風呂場内で洗濯も行ったりする人が多かった。そういうトラブルを発生させつ人は地理的関係、そして入浴文化の際からR国人が実際に、多かったらしい。しかし問題がある、禁止さるべきなのは「汚れたままの入浴」「風呂場での洗濯」という行為であって「R国人」の禁止ではない。

それとおんなじ。

補足 ブクマより

この記事へのブクマで

id:ghate_flag なんねーよバカ https://blogos.com/article/314300/

緊急に再論しとく。「近親結婚の議論は、必然的に同性婚許容・合法化と同じ理路に辿り着く」でしょ? - INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

なんねーよバカ <a href="https://blogos.com/article/314300/" target="_blank" rel="noopener nofollow">https://blogos.com/article/314300/</a>

2019/04/15 02:45
b.hatena.ne.jp

とお寄せいただいた
意味は推測するしかないが、つまり
blogos.com
が、この記事への反論になる…ということだろうか
該当部を記録として引用しておこう

親子婚、きょうだい婚についても、現在政策課題にのぼっていないことを持ち出し同性婚を認めたら次はこれ」とすることに違和感があります
問題のすり替えとも取れます。

ただ、そう言ってもご納得はいただけないでしょうから、
以下に私の見解を記載します。

③「親子婚」「きょうだい婚」については、現在ではそうした婚姻制度を採用する国は少ないものの、過去においては行なわれていた地域や、現在、少ないながらもいくつかの国ではこうした婚姻制度について立法を求める動きがあることも承知しています。

日本においても、歴史をたどれば
敏達天皇推古天皇(異母妹婚)、聖徳太子の父母である用明天皇穴穂部間人皇女(異母妹婚)、また、天武天皇は兄である天智天皇の中娘を4人を妻としており(叔父姪婚)そのうちのひとりは持統天皇である等は周知の通りです。

このように時代や地域によって婚姻制度のみならず制度や法は変化するものなのです。

ご承知のように、国民主権の日本では、全ての法律は国民が選挙で選んだ国会議員により改正、創成、廃止することができます。
現行の民法では「婚姻障害」として婚姻できない事由を定めています。
① 婚姻適齢(731条)② 重婚の禁止(732条)③ 再婚禁止期間(733条)④ 近親婚の禁止(734条~736条)⑤ 未成年者の婚姻についての父母の同意(737条)
です。
もし親子婚やきょうだい婚や社会に必要という場合は、この「婚姻障害」の規定が定められた民法を改正する必要があります。

それを望む国民は国民的議論を起こし、この政策を実現しようという議員を立法府に送るもしくは議員に陳情・請願をし、その議論を堂々と国会でやればよいと思います。
不必要と思う人々は反対し、その意を組む国会議員や政党に投票する。いたってシンプルな話です。

私個人に対して「親子婚」や「きょうだい婚」についての婚姻障害規定を改正すべきかと問われれば、それは「否」です。
今の日本で現行制度を変える必要性を認識するには至らないというのが理由です。

ははは、闘う必要もない。だってこれひとっつも「反対」してないもの(笑)。「違和感がある」「必要性を認識するには至らない」「それを望む国民は国民的議論を起こし…国会でやればいい」
どれも「あなたは『反対』なんですね?」と問われたら「いや、反対はしていませんよ」と言う余地をのこしているんです。
てか、本当に阻止したい、反対したいものには「それを望む国民は国民的議論を起こし…国会でやればいい」とは言えないでしょ、ふつう
井戸まさえ氏は、2つの論理を全く別物だ、と言えないと思ったのでしょうね。

m-dojo.hatenadiary.com



hate_flag 氏は、今回の記事にも、なかなかそこから議論を発展させやすくて役に立つ(婉曲表現)ブクマをつけてくれた。そちらも論じよう(後半参照)




その他のダメ押しや、上のまとめ記事で部分的に紹介した記事そのものへのリンク。
m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com





============================

とはいえ、この話はしょせん純粋な法哲学談議であり、語る人々もほとんど切実姓がない。

切実な当事者の、絶対数的な視点で考えれば、たとえばLGBTが起こしたようなムーブメントを現実社会で行うには圧倒的に人数も足りないだろう。
だからAmazonの規制?が現実にあるとして、LGBT運動のような形でそれが撤廃されるとは考えにくい。


ただ単純に、リクツではそうなる(近親婚と同性婚は、認めるべきか否かにおいてほぼ同じ理屈建てになる)、という地点には、おそらく少し考えれば皆到達していくだろう。
それをのんびり見物しておこう。



読切漫画「冬の海」を英訳して米アマゾンで販売できたらおもしろかろう。

「お前が同性を選んだように 俺は妹を選んだんだ」
「お互い 肩身の狭い恋してますねえ」
こういう漫画を、アメリカのAmazonは問題にするだろうか、しないだろうか。
ほんと今から見れば、凄く攻めてるな…
マジに何がしかのマネーを払って、英語版として1ドルぐらいで電子書籍販売したい。一種の社会実験である。(だれが翻訳するかという問題はあるが)


作者さんはその後、こんな読切を書いていると知った。
www.moae.jp


新情報 萱野稔人が著書『リベラリズムの終わり』で議論?

「近親恋愛」って最終的には「LGBT」と同じ枠組みになるぜ。Amazonがどう評価しても、どう議論しても - INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

萱野稔人が『リベラリズムの終わり』で、この議論やってるよ

2020/07/20 18:16
b.hatena.ne.jp


学者がこの件について発言した例では、ほかに以下の例を採取している

樋口陽一氏はこう語った。

樋口 「分かりやすい例でいえば近親相姦(インセスト)タブーでしょう。なぜいけないのかという説明抜きでとにかくそれはいけないとされ、だんだんいけない理由が「いけない」ということを言う方にも理解できるようになる。言われる側もその合理的な思考を受け入れることができるようになってくると、今までタブーとされていた規範はそれなりに重大な理由があったのだということがわかるでしょう」(223p)


togetter.com




付記 id:hate_flag 氏のブクマを再び論ず

今回の記事に再度ブクマをつけてくださった。ありがとうございます。
なかなかそこから議論を発展させやすくて役に立つ(婉曲表現)

「近親恋愛」って最終的には「LGBT」と同じ枠組みになるぜ。Amazonがどう評価しても、どう議論しても - INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

同性婚を認めたら未成年の結婚や近親婚も認めるようになるから同性婚はダメ絶対」というのはイギリスで同性婚に反対していた連中の主張なんだが、そうなったか?

2020/07/21 11:15
b.hatena.ne.jp
べき論の話でいえば
それをイギリスで主張しているという人達の「だからダメ」という結論を、そもそも共有する必要が無い。以上。

というのが「べき論」の話で、状況論としては既に述べた以下の話で説明がつきましょう。

…この話はしょせん純粋な法哲学談議であり、語る人々もほとんど切実姓がない。

切実な当事者の、絶対数的な視点で考えれば、たとえばLGBTが起こしたようなムーブメントを現実社会で行うには圧倒的に人数も足りないだろう。
だからAmazonの規制?が現実にあるとして、LGBT運動のような形でそれが撤廃されるとは考えにくい。

あと、未成年の話は自由選択における判断力の問題で、これは酒煙草賭博選挙権その他もろもろと同じ別種の問題(という話も上の記事で触れていますが)