INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

大統領来日やTPPの話題後は、現政権批判者からも「売国」「国賊」「愛国心がない」などの言葉が飛び交う

よくある風景だが
別の時期に「売国」「国賊」などという”使うべきでない”言葉を使っている…という批判があったりしてたので、それとのクラッシュ具合が面白いのでした。

http://mainichi.jp/select/news/20141018k0000m040011000c.html
朝日新聞 『売国のDNA』」(週刊文春9月4日号)、「中国共産党に国を売った」(同9月18日号)、「1億国民が報道被害者」(週刊新潮9月4日号)、「売国虚報32年」(同9月25日号)、「廃刊せよ! 消えぬ反日報道の大罪」(月刊誌「正論」10月号)、「言い逃れできぬ『慰安婦』国辱責任」(同11月号)……といった文字・記事が書店やら電車の中づり広告やらにあふれているのだ。

 例に挙げたのは、いずれも大手出版社や新聞社が発行する媒体だ。誤報は批判されて当然だが、このおどろおどろしい言葉遣いは何なのか。


http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2014100302000145.html
……「売国」「国賊」「反日」の大見出しが躍る。敵を排撃するためには、あらん限りの罵詈(ばり)雑言を浴びせる。まるで戦前・戦中の言論統制だ。ネットではおなじみの風景だが、活字メディアでも「市民権」を得つつある。「嫌韓本」で一線を越えた出版界には、もはや矜恃(きょうじ)もタブーもないのかもしれない。安倍政権が「戦争できる国」へ突き進む中、「売国奴」呼ばわりの横行は、あらたな「戦前」の序章ではないのか。


「おどろおどろしい言葉」考…「売国奴」、等々とそれへの反駁をめぐって - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20141023/p6