INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

宮台真司氏は、荻上チキ氏のやった風俗研究を、あまり評価してないらしい

https://twitter.com/miyadai

宮台真司 ‏@miyadai 2時間
荻上チキらの偏見に満ちた「風俗嬢調査」を批判するセックスワーカー自助的支援グループswash代表要友紀子の発言がウェブ論座に。僕の知る限り怒っているセックスワーカー多数。調査倫理を欠くエビデンス厨が溢れる昨今、頓馬な社会学者も加担する。http://goo.gl/YpaMKc
 
インタビュアーは僕も尊敬する澁谷知美さん。こうした女性たちからの発信が愚昧な男どものミソジニーを明るみにします。要友紀子さん、渋谷知美さん、頑張れ。渋谷さんが書いた記事、全部読んでます。要友紀子さんはセックスワーク調査倫理綱領を準備中。http://goo.gl/YpaMKc
 
そして要友紀子さんと僕は、大手デリヘルグループの過去十年間3000人の統計データから、差別を助長しない、調査倫理綱をきっちり踏まえた--というか荻上チキ的な鈍感さを排した--分析を一緒にやるための準備をしています。http://goo.gl/YpaMKc
 


つねの・ゆうじろう(常野雄次郎) ‏@toled 1時間
.@miyadai @torakare あなたと荻上チキの男同士の対抗意識のためにセックスワーカーを利用しようとしているように見えますが。
 
宮台真司 ‏@miyadai 1時間
そう見えるのは、あなたの自己投射が理由です。

荻上チキ氏の出世作
がこれ。

彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力

彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力

出会い系メディアを通じて“ワリキリ"を行う女性100人超にインタビュー
彼女たちがなぜワリキリを行うのか? その理由に耳を傾けることは、すなわちこの社会がどのような状態にあるのかを明らかにする作業でもあるーー

戦後のある時期までは社会問題として論じられ、政府による政策も一応は行われてきた売春問題。
しかし、いつしかそれは過去のものとされ、気づけば、個人の心の問題――道徳観の欠如や価値観の変化――として語られるようになっていった。
しかし、100人超のワリキリ=売春女性のインタビューを通じて見えてきたのは、変わらない、そしてあまりに脆弱なこの社会の姿だった。
DV、精神疾患、家庭環境、雇用不足、男女格差、借金など、社会から斥けられた“彼女たち"は、「居場所」を求め、
「今よりマシになるため」の手段を求め、出会い系に引き寄せられた。彼女たちが語る壮絶な物語と膨大な統計データの組み合わせにより、
現代の売春=の実像があぶりだされる。気鋭の評論家による待望のルポ。

【本書の構成】
プロローグ
1章 社会的な引力・斥力 ……風俗・ワリキリ・精神疾患
2章 排除の果て、アウトサイドの包摂 ……虐待・ホスト・ドメスティックバイオレンス
3章 貧困型売春と格差型売春と ……学歴、貧困、ハウジングプア
4章 母親としての重圧 ……離婚、中絶、シングルマザー
5章 全国ワリキリ事情 ……車、パチンコ、買春旅行
6章 3・11 ……地震津波原発事故
7章 ナナとの出会い……日記、メール、妊娠報告
8章 買う側の論理……喫茶、サイト、利用データ
9章 出会い喫茶のルーツ……自己決定、自己責任、自由市場
エピローグ
巻末「ワリキリ白書」

で、宮台氏のツイートのきっかけになったウェブ論座の記事がこれ

http://astand.asahi.com/magazine/wrnational/2014040900004.html
偏見をうまないセックスワーカー支援の可能性

追記 こんな資料がありました。

両者の連名で検索したら出てきた資料。下のリンクは直接討議している(インタビューの聞き手がチキりん?)

要友紀子氏との議論に関する荻上チキ氏のメモ - Togetterまとめ http://togetter.com/li/640603
 
宮台真司ロングインタビューvol.7 … ナンパというメディアとホモソーシャルの機能
http://d.hatena.ne.jp/miyadialogues/20061226/p1