INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ん?「大阪都構想」の話も?? NHKで「フェイク・バスターズ」選挙をテーマに

第4回】12月18日(金)夜10時~放送 “選挙とフェイク”


要はファクトチェック的な番組だろう。
テレビ朝日で、荻上チキ氏が一枚かんで深夜にやってた、似たような番組合ったけど、あれ終わったのかな??

まあ、ちょっと興味があるが、NHKなら無難でお堅いかな…と思ったら、大阪市都抗争選挙で、賛成派反対派のどれが「デマ」かという話に踏み込むらしいぞ!!
その定義次第では、おおさわぎだだだだだ。


「“選挙とフェイク”」 2020/12/18 放送予定
誰もがスマホで気軽に情報発信できる時代。
ネット上にあふれる「デマ」や「フェイク情報」とどう向き合えばいいのか?
「フェイク・バスターズ」はその具体的な方法を、さまざまな分野の専門家と考えてく番組です。
MCは、ネット社会に対する鋭い批評で知られる、評論家の宇野常寛さんです。

今回のテーマは『“選挙とフェイク”』

バイデン氏が勝利を宣言したアメリカ大統領選。
フェイクの拡散を防ぐため、数多くのメディアが「ファクトチェック」と呼ばれる検証報道に力を入れました。
その一方で、自分と異なる意見を「フェイク」と決めつけ、受け入れようとしない風潮が広まるなど、社会の分断が進んでいます。

そして同じ11月に行われた、いわゆる「大阪都構想」をめぐる住民投票
根拠の不確かな情報が数多く飛び交い、賛成派・反対派それぞれの支持者が、互いに相手の主張を「デマだ」と批判し合う書き込みも目立ちました。

日本は来年10月には衆議院が任期を迎え、それまでに必ず総選挙が行われます。
有権者がフェイクに惑わされないためにはどうしたらいいのか? 
そして自分がフェイクの拡散者にならないためには何に気をつければいいのか? 
ひごろから「フェイク」と向き合っている専門家たちが、具体的なアイデアを議論します。
www.nhk.jp