INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ジマーマン事件、或いはマーティン事件・・無罪判決下る

ちょうど自分がアンテナに入れている、米国在住者ブログに2つの反応があった。

■手ぶらの黒人少年射殺した男への無罪判決に抗議する歌
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20130716

■フロリダ銃携帯青年正当防衛事件、ジョージ・ジマーマン無罪!
http://biglizards.net/strawberryblog/archives/2013/07/post_1547.html

内容は読んでもらえば分かるように対照的だ。
米国のそれなりの事件となると、事件発生時に報道される(今回は大統領もコメントしたし)けど、判決まで報じられるのは珍しい。ただし、事件のディテールまで日本の報道で読めるわけは無い。こういう形で在米者の反応が読めるだけで多少は幸いだ。
あとひとつ、これはアンテナでははく、はてなブックマーク経由。
アンテナ経由の意見がちょうど1対1なのでこれを紹介するとバランスが崩れるが、、ブクマもついたし判決前、2012年の主張なので別枠とすればいいだろう。
http://conservative.jugem.jp/?eid=278

こういう判決が出た以上「ジマーマンさん冤罪事件」と呼ぶべきだろうか?

・ある罪の容疑で、検察に起訴された。
・裁判の結果、無罪だった。
・その判決への賛同も批判もある。
ただ最終的には・・・そういう判決がある以上「冤罪」と表現すべきだろうか?
これもわからんね。
「無罪判決は不当だと思うので、冤罪とは言わない」という基準はありかなしか。