INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「あの記念日に、わざとこれをぶつけちゃる!」GHQ禁断奥義(?)が、遂にここまで…


このブログの日付は2月12日だが、前倒しで書いているので2月11日の執筆です。で、2/11付のエントリでは、
■今日は建国記念日・・・。すなわちA級戦犯求刑の日
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20120211/p5
というのを書きました。本当に”狙って”のものかは証拠がなけれど、あまりにもGHQのコントロールできる行事・活動の日付が、旧体制日本の節目の日と重なっている、というところからの仮説、推測ですわね(自分は極めて有力と思うが)。


ま、そういうわけで、ある「記念日」とかでかい行事に、対抗して意図的に「何か」をぶつけて、その日の記憶や意味づけを変えるという手法があると。
それをまねたのか、どうか、は分からない。
分からないけどね・・・
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1328519185912.html

愛する人にふんどしを贈ろう! 2月14日はふんどしの日2012年2月9日 10時00分
 
  2月14日といえば、ご存じバレンタインデー。バレンタインの贈り物といえばチョコレートが定番だが、今年は「ふんどし」を加えてみるのはいかがだろう。実は2月14日は今年から「ふんどしの日」でもあるのだ

日付の由来は、2と14で「ふんどし」と読む語呂合わせ日本記念日協会にも認定されている、れっきとした記念日だ。制定したのは、日本ふんどし協会。ふんどしの普及と人々のふんどしに対する理解と関心を高めることを目的に、昨年12月に立ち上がった団体である。
(略)
記念日も制定することに。語呂合わせを考えてみると、偶然にもバレンタイデーと一致した

そういえば、高田延彦twitterを開始したわけだが。
いや、それはいい。
あくまでも語呂合わせだという。そうか。
ただ、なんにせよ、こう決まってしまった。のだから、仕方ないのである。

いしいひさいちは、こういう状況も予測していた

ちょっと、舞台設定は変わるけど。(記憶だよりの、大意です)
選挙に落選した某候補者。
「あれがなければ…」「あいつらのせいだ!!」
一転して、選挙速報のテレビ局?アナウンサーと解説者
「推薦政党に足を引っ張られましたね」「まったくですね」
「なんとかできなかったんでしょうか」「あっちが推薦するのは、どうしようもないですね」
「まあ、同候補を推薦した自民党社会党公明党民社党共産党およびインキンタムシ党にとっては残念な結果でした」



実際のところ、選挙における政党の「推薦」というのはまた一般的な意味と違っていて、候補が断っても推薦ができるかといえば実際の実務上は違う様子。だが「勝手に乗っかる、意図的に自分たちも同類としちゃう」ことの無敵さを風刺して、いまだに印象に残っているいしいひさいちの一作だった。