INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「日本人は言いっぱなしで責任を取らない」(佐高信が週刊現代で)…「お前が言うな・オブ・ザ・イヤー」を進呈しよう(笑)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1422?page=2

評論家の佐高信氏が言う。

「はっきり言って小沢を起訴した検察審査会市民感覚っていうのは、死んでる民の『死民感覚』ですよ。メディアの言いなりになって、『小沢袋叩き』に乗っかってるわけでしょ。

 いまメディアと国民は、こういう『スクラム』に慣れきっている。次々と政治をひっくり返して、総理大臣をコロコロ変えてしまうことからもそれは明らかでしょう。これはおかしいぞ、と思いますね。

 そもそも私は世論って言葉を聞くと、とたんに身構えてしまうんです。小泉純一郎が総理で支持率が8割を超えたとき、小泉批判をしたらめっぽう叩かれましてね。

 メディアが世論を盛り上げて、その世論に乗ってメディアがさらに過熱報道して、世論がまた叫ぶ。だからいまは、絶賛か、袋叩きかしかないんです。

 それでいて絶賛していた小泉・竹中路線が間違っていたとわかっても、袋叩きしていた小沢一郎を特捜が不起訴にしても、私たちが間違えていましたという『決算書』を作らない。言いっぱなしで誰も責任をとらないんだから、なんと始末が悪いことか」

これ、雑誌掲載時も笑ってしまったが、大石英司ブログのコメント欄で引用されてネット上にもあることを知った。
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2010/10/post-b515.html
そのコメント欄に投稿したのが・・・
あっ!しまったこのブログは承認制になっているので、まだ表示されてない!!要は「あんた(佐高)がいうな」ってツッコミでした
あとで表示されたら紹介。
【追記】表示された

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1422
>それでいて絶賛していた小泉・竹中路線が間違っていたとわかっても、袋叩きしていた小沢一郎を特捜が不起訴にしても、私たちが間違えていましたという『決算書』を作らない。言いっぱなしで誰も責任をとらないんだから、なんと始末が悪いことか」

=============
これを言ってるのが「あの」佐高信だというだけで30分ぐらい笑えます。
あなた自身が「決算書」を書いたら広辞苑並みの分厚さだよ(爆笑)。

「三重野は平成の鬼平」、「期待の星伊東秀子」、「田中真紀子の総理大臣を待望」「菅直人とは30年以上の友人」・・・・・
佐高信が日本左派の(大衆的な意味では)代表格になって長いことたつけど、(左派全体にとって)大丈夫なのかね。

手前味噌ながらこれまで佐高信の言動の矛盾やブレを、拙ブログで蓄積していますので興味あるかたは。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/searchdiary?word=%2A%5B%BA%B4%B9%E2%BF%AE%5D