INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「日本人が(黒人音楽の)ジャズをやることをどう思う?」その答えは…「ブルージャイアント」より【漫画小ネタ集】

【漫画小ネタ集】一記事一コメントぐらいで、短く書いていきます。

ブルージャイアント 日本人がジャズをやる?最高にクレイジーで素敵なことさ

日本人の僕が、この街(ニューオリンズ)でジャズをやることをどう思いますか?

FINE(良い)。

いいかい?
ジャズはこの街で生まれたんだ。

ざっと100年前さ。

それが遠いアジアの国まで届いて、
100年かけて反響して
戻って来たんだろ?

最高にクレイジー
素敵なことさ。

違うかい?

BLUE GIANT EXPLORER
第54話 “DEAR LOUIS“



この「漫画小ネタ集」は画像を集めた日付と、アップした本日の日付はだいぶん異なる。
単純に、時間が無かったり、ほかの話題を書いたりしてたからだが、アップしている今、「トールキンの映画に出てくるエルフをどの人種が演じるべきか云々」が話題になっている。

togetter.com
togetter.com
togetter.com
togetter.com
togetter.com

これは偶然。





その参考資料になるかも、ならぬかもしれない。

あるいは「アジア人の役柄は、アジア人が演じるべきだ」「LGBTの役はLGBTが演じるべきだ」とか「アイヌ文様や、少数民族に伝わる図柄をオシャレなファッションブランドに流用するのは『文化の盗用』だ」
togetter.com

…みたいな話になるかも、ならぬかもしれない。

あるいはK-POPや、「イカゲーム」のような韓流ドラマやウェブトゥーンが…などなど。



そもそも、この話自体がフィクションであり、話を考えて絵にしているー-つまりこの「老黒人の言葉」を語らせているのは東洋人、日本人ではないか、ご都合主義的に、そういう属性の登場人物に、自分らへ有利な意見を述べさせているー--という視点もあろう。いやしかし、綿密に取材を重ねる中で、実際にアフリカ系が同趣旨の発言をしており、作中の台詞もその「取材」に基づいたファクトかもしれない。


といった、論点を差し引いても、この表情を含めた「画」がすばらしい。



あれ?映画公開延期なのね