INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「イカロスの誤りは太陽に挑んだ傲慢さではなく、蝋が溶けると想定しなかった無知にある」(漫画「チ。―地球の運動について―」より)

f:id:gryphon:20210213174427j:plain
イカロスの誤りは太陽に挑んだ傲慢さではなく、蝋が溶けると想定しなかった無知」(「チ。」)

「天動説」という神学が、新たな思想「地動説」の登場によって変化を起こし始める社会の在り方を、厳密な史実とはちょっと違う視点で描く作品。1巻が出てすぐに、2巻も発売された。

上の画像は、最新のビッグコミックスピリッツ掲載回より。


ただ、語っている老人が、果たしてどんな思想、どんな立場に立っているのか、この言葉だけでは実はわからない。それはーーーーーーーーーーーーーー

ま、お話が今後どうなるかはともかく
イカロスの誤りは、太陽に挑んだ傲慢さではない。蝋が溶けることを想定しなかった無知にある』『蝋でダメなら、鋼の翼を作り、太陽へ挑み続ける』

という、今後も残るであろう名言が登場した、というだけで、作品も記憶に残るのではないか。多くの科学者、技術者、エンジニアなどの心にも刻まれるだろう。


動かせ 歴史を 心を 運命を ――星を。

舞台は15世紀のヨーロッパ。異端思想がガンガン火あぶりに処せられていた時代。主人公の神童・ラファウは飛び級で入学する予定の大学において、当時一番重要とされていた神学の専攻を皆に期待されていた。合理性を最も重んじるラファウにとってもそれは当然の選択であり、合理性に従っている限り世界は“チョロい”はずだった。しかし、ある日ラファウの元に現れた謎の男が研究していたのは、異端思想ド真ン中の「ある真理」だった――


命を捨てても曲げられない信念があるか? 世界を敵に回しても貫きたい美学はあるか? アツい人間を描かせたら敵ナシの『ひゃくえむ。』魚豊が描く、歴史上最もアツい人々の物語!! ページを捲るたび血が沸き立つのを感じるはず。面白い漫画を読む喜びに打ち震えろ!!



私達はこの世界に絶望すべきなのか――?

地動説を生き延びさせるために、神童ラファウが自ら命を絶ってから10年が経った。代闘士として殺人を繰り返す超ネガティブ思考の青年・オクジーは、同僚の超ポジティブ思考の男・グラスに「絶対の信頼がおける『希望』を見つけた」と告げられる。そしてグラスが取り出したのは、「火星」の観測記録だった――
あらかじめ絶望しておけばそれ以下の悲しみも苦しみもない。ならばこの世界に絶望しておくのが正解なんだろうか? いや、そんなことはない。 まったく違う。その理由はこの漫画に描いてある。