INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

アメリカで「保守/リベラル」に、互いに「相手が嫌いですか?」と聞く世論調査があったとか。日本でもやって!

ここからの続き。米国の世論調査ネタ
m-dojo.hatenadiary.com


各国の世論調査とか、政治家の討論会にまつわる記事を見ていると、時折「おっ、こんな調査(質問)をやっているのか!その『設問』のアイデアがすげー!!我が国にも取り入れなよ!!」と思うことがある。
あるいはすごいすごくないはともかく、お国柄が表れているなあ、とかね。

以前感心したのは、アメリカ大統領選の世論調査
「あなたが、我が国の軍隊の最高指揮官としてふさわしいと思うのは誰ですか?」
これ、日本で菅義偉枝野幸男で問うてみたら・・・・・・・・・・回答「そんなこと、考えたこともない」となっちゃうだろうねえ。


m-dojo.hatenadiary.com



あるいは


m-dojo.hatenadiary.com

これ、ほんとに菅氏と枝野氏に、討論の最後に聞いてみたらどんな答えが返ってくるかな?来年??の衆院選ではそういう討論も行われるだろうが、ぜひ聞いてみたい質問だ。



あーーーー、またまた余談尽くしになってしまった。やっと本題!!

タイトル通り・・・・・だけど、元ネタ、情報源がどこかというと「昨日立ち読みした雑誌・ムックの何か。詳細は覚えていない」になってしまうのだ、すまん。
コロナ関連のムックだったかなあ…そこからアメリカ政治について書いてたんだっけかな。

とにかく。
アメリカで、こんな世論調査があったという。

1:回答者に「あなたは保守か、リベラルか(共和党支持か、民主党支持か、だったかもしれん)」とまず聞く。

2:その回答者が保守ならリベラルに、リベラルなら保守に対して「どんな印象を持っているか」を聞く。「とても悪い」「やや悪い」「好意的」などだったかな

3:その結果、やっぱり昔と比べて、自分の反対党派の支持者への印象は急速に悪くなっている。「アメリカの分断」が、統計上も証明された・・・・・・・・・・・・という話。

実に面白い調査で、「日本でもやってほしい」と切に願うところです。

以上。
m-dojo.hatenadiary.com

世論調査とは何だろうか (岩波新書)

世論調査とは何だろうか (岩波新書)