INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

『ダルビシュの乱』を機に「今や『Aが〇〇とツイートした』は立派な報道」と再確認したい

朝起きたらはてなブックマークで勢いがあるのはこれ。
www.huffingtonpost.jp

b.hatena.ne.jp


togetter.com


自分も当日、サンモニを見ていた。一種、こういう人が、視聴率には貢献しているのは間違いない。
関口宏氏の「意志」によって張本氏は起用されているので、ちょっとやそっとではこのコーナーは無くならない。ピッコロ大魔王かセルか人造人間か魔神ブウか、つまりシェンロンを超えるぐらいの実力はハリーにはあるんでな(笑)

あっしのコメントも置いておこう。

ダルビッシュ有「コーナーを消して」。張本勲の週刊・御意見番「スポーツ選手は楽させちゃダメ」発言に | ハフポスト

面白いしそういう理由も十分わかるが、百田尚樹氏の「沖縄2紙はつぶさんといかん」と違いあるのか、という視点も入れたい(100の発言場所が政党の会合だった、だけか?)/ただあれがあるのは関口サンモニの姿勢。

2019/07/29 09:04
b.hatena.ne.jp





さて、ところでこの機会に、この話を再論したい。ハフポスのこの記事は、張本勲氏のテレビ番組に出演しての発言と、ダルビシュ有氏のツイートを紹介・採録し、それに書き手の論評、感想を付け加えているだけである。いわゆる「コタツ記事(コタツに入ったままでかける記事)」というやつだ。


だが、である。
これは、かつてtogetterでここから「スクープをものにした」ときに書いたものを”再放送”しておく。

m-dojo.hatenadiary.com


(前略)…ただどれも、ツイートの内容から外には出ていない、いわゆるネットを見ればそれだけでかける「コタツ記事」だ。


・・・・・・・・・・ただ、何度か書いているかもだが、「コタツ記事」というものは決して間違いではない、と思っている。
ネットの情報量はあまりにも膨大であり、誰かがどこかで何かを「書いた」ら、それですべての情報が完結しているわけではまったくない。「…というところに、…という話がかいてあったよ。これまでの経緯がこれこれであり、だから重要だよ」というのを、誰かが…あるいは自分自身で紹介しないと、その情報が埋もれるだけである。
タツの中からネットに接続し、モニターを眺めるのは2018年の「現場」であり、あさま山荘や内戦のユーゴスラビアに行くのと同じ…とはいわないが、それでもそこが現場であることは、善悪を超えて事実として正しい。
(略)

これは「さらに当事者や関係者に、さらに独自取材でコメントを得られればより良い記事になる」という話と別に矛盾はしないことも付け加えておく。さらにいうと、「まとめサイト」という形式の是非話でもあり、そこで偏りや誹謗中傷があるという内容の問題は当然問えばいいのだが、まとめサイトというものが生まれたことそれ自体は、大変結構なことなのであります。


これに全く気が付いていない人の…、はかったような典型例、「ナイス引き立て役」なツイートが少し前にあった。


こういう人が、令和の時代に適応できるかどうか。

余談だが、一部で「乱か変か」の議論が盛り上がりつつある

吉本興業のほうね、「加藤の乱」「加藤の変」ってやつ。本日29日、サンデ―モーニングで視界の羽鳥氏が「いま、加藤の乱とか加藤の変とか言われてますけど。これで現状が変われば『変』なのかな」といったら、玉川徹氏が「乱とか変とかは、少し意味合いが違う」とドヤ顔で語ろうとして、めんどくさいことを察した羽鳥氏が抜群のマスターオブセレモニー力を発揮、「その話は後日」と終わらせてた(笑)


「乱と変」でググったり、togetterの中を捜すだけで膨大だが、毎日新聞の記事
mainichi.jp
に加えて

乱と変の日本史 (祥伝社新書)

乱と変の日本史 (祥伝社新書)

という本を紹介しておきましょう


追記 ハフポス記事に『「シェンロン」は漫画「ドラゴンボール」に登場する』との解説・説明が無いのが「ドラゴンボールは日本人の共通の常識、教養だった」とうことを逆方向から示しているなァ

ダルビッシュ有「コーナーを消して」。張本勲の週刊・御意見番「スポーツ選手は楽させちゃダメ」発言に | ハフポスト

"ちなみにシェンロン(神龍)は世界中に散らばったドラゴンボールを7つ集めると出現し、どんな願いもかなえてくれる。"この説明するなら「漫画『ドラゴンボール』のキャラクターで…」とかいるんじゃない。

2019/07/29 10:25
b.hatena.ne.jp