INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

職場の中には女性のパンプスに『暗黙のルールで「履くなよ」な雰囲気・プレッシャーがかかる』とこもあるらしい。

どれが元の話、ニュースの発火点だったかな…とりあえず、twitter内検索で探す

globe.asahi.com

togetter.com




ところで、ここでは既に2017年に「はてな匿名ダイアリー」に投稿されてそれなりに話題になった記事をもとに

m-dojo.hatenadiary.com
という記事を書いているのだから、我ながらなんともはや、先駆的にすぎる。内容は読んでの通り。


・・・・で、これに関しては別の視点から記事をかきたいと思っているのだけど、その資料とするために、ある人(女性)から、ご自身の実感を知るために「インタビュー」してみたが、その回答がちょっと自分の予想を超えていたので、ここで記事にしておく。

以下、概要を大幅に自分の言葉にして要約


Q:(上のリンク先のような話題を説明し)…みたいな議論が盛りあがってるんだけど、あんたんとこの職場は?

A:うちは逆やな。履きたい人、履いてる人に対して、暗黙のルールとかプレッシャーで「何しに来てるんだ」「そんなカカトの高い靴履くな」っていう感じで、履きにくい雰囲気やな


Q:えっ、そんなとこあるんかいな

A:雰囲気というか、履いてる人もいる!いまだと3人ぐらい? でもそういう靴を履いて働いている人のへの悪口は、あからさまに陰で言われてるで。

Q:うーん「履きたくても、職場が『履くなよ』的な雰囲気、がある」、という逆の方向ね…ああそうだ、それに『合理性』があるんじゃない、仕事上?

A:えーと、なんというかな…職場内で頻繁に、動いたり歩いたり、ものを運んだり、整理仕事もするんだけど…日によって、あるいは仕事の流れ的には一日中、事務仕事をしてることもあるんや。動いたりする仕事も、別に極端なハイヒールならともかく、そうでないのなら、それができないってほどでもないし…。ただまあ一般論としては、そもそもパンプスで仕事が十分可能だとしても、かかとの低い靴の方が「より」動きやすいことはまちがいないわな。「業務にまったく支障はない」ととるか、「それでも100%のポテンシャルを発揮できず、制限される」「かかとの低い靴の方が『より』動きやすい」ととるか、どっちも正しいんよ。
わたしはその雰囲気に逆らわず、履かないけどね…
そっちはどう思う? パンプスやハイヒールを履きたい、履いてる人に『何しに職場に来てるの?』『もっとかかとの低い靴にしなさいよ』という雰囲気がにじみ出る職場は是か、非か。


Q:えーと…