INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

洋泉社「冲方丁公式読本」を買った人に聞いてみた

コメント欄に時々出没する「某出版関係者」に、夜に電話。
プルルルル。

某 「はい」
Q:おう俺。この前コメント欄に「聞きたいことがあったら聞いてくれ」と書いてあったんでな、これからインタビューする。んーとな、要は端的にいって、今回の公式ムックって買いか?
某「まあ一言で言うと、上級読者向け。初心者向けじゃない」
Q:あ、そうなの
某「とにかく、かなり詳しいからな」
Q:[メインになるのは天地明察?それともあのSFのほう?]
某「いや、どっちもや。どれもや。」
Q:そもそもあの人って全著作は何冊ぐらいでてるの?
某「20冊ぐらいだけど…本以外の仕事が多いのよ彼は。まず漫画の原作もしてる。アニメの脚本書いている。ゲームまで作っている。今回のムックはそういうのも網羅してるのがすごい!」
Q:ふーん、アニメってどんなアニメの脚本?
某「ぐぐれかす」
Q:わかったわ、あとでぐぐるよ。あれかい、天地明察のヒットでようやく作家になtれたとか言ってるから、今後はSFに身を落としていたくらい過去を捨てて・・・(※これ冲方の話題の時に私が持ち出す「SF自虐」の持ちギャグ。http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20100519#p4 参照)
某「あのな、今でもSFやっとるし…そもそもあの人、自分の原稿を編集者に『これはSFだね』って言われてそうかSFなのか、と思ったくらいで、意識的なSFへの帰属心とかはないんだ。オイレンシュピーゲルのころから」
Q:俺も一巻のあとがき読んだぞ。なんか短編の依頼受けたら、がーっと大長編・・・文庫を3冊に分冊しないといけないぐらいの分量ができたと。・・・でも凄い話だけど、編集者に取っちゃ大迷惑な話じゃね?
某「まあな。」
Q:それからとうとうな冲方丁マニアの君が、これで始めて知ってへーと思った新事実とかある?
某「対談で結構そういうのが出てくる。詳細は略するがな。聞き手がいろいろ聞いているよ。あと書き下ろしのシリーズ関連短編それ自体が、けっこう新しい情報とかが入ったもので結構やる気感じられた」
Q:そういえばさ、このインタビューの直前、はてばブックマークがたくさん集まった記事を自動的にならべる「はてブニュース」を見たら、このオイゲンシリーズのアニメ映画が完成したことがニュースに入ってた(※すまん、紹介したいんだがはてブニュースhttp://labs.ceek.jp/hbnews/の流れは速すぎる…)。
某「しっとる。間もなく公開されるわ」
Q:なんか主役に、ある声優が過去に名乗りを上げたが、企画が流れてその声優もやる気なくして今回は断ったとか。それを今度は企画側がねばりづりょくオファーして・・・
某「知ってる知ってる、言わんでももう有名な話だ」
Q:あ、そう。これを見に行くの?
某「俺の職場近くじゃ、新宿しかやってないからな。しかもソレ見ると深夜になるからどうかな」
Q:ふーん上映館少ないの?
某「すんごく」

というわけで、冲方丁の公式読本が発売中なりよ。

冲方丁公式読本 (洋泉社MOOK)

冲方丁公式読本 (洋泉社MOOK)