INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

大津市教育長テロ事件とそれへの喝采――、に際して思い出す2008年のテロ(未遂)事件。

http://mainichi.jp/select/news/20120816k0000e040188000c.html

大津市教育長襲撃:事件後、苦情電話やメール急増
毎日新聞 2012年08月16日 13時16分(最終更新 08月16日 13時36分)
 

 いじめを受けた大津市立中学2年の男子生徒が自殺した問題を巡り、対応に当たっていた大津市の沢村憲次教育長(65)がハンマーで殴られ負傷した事件の直後、市教委に寄せられた苦情電話やメールの件数が、事件前の約18倍の273件に急増したことが16日分かった。多くは襲撃を「当然だ」とする内容だった

 市教委によると、7月4日に「自殺の練習」など学校が実施したアンケート内容が明らかになって以降、いじめへの対応などを批判する電話やメールが計約1万5865件寄せられた。

 襲撃の前日までは1日平均15、16件だったが、襲撃があった15日は273件に上った。この中には「謝れ、謝れ、謝れ」と連呼するものや、「(いじめがじゃれ合いなら)襲撃もじゃれ合いだろう」と擁護するものもあったという。

 松田哲男教育部長は「なぜここまでやるのか。誤った情報に基づく批判も多く、冷静に行動してほしい」と話している。大津市は16日から、ガードマンを市教委と市長室前などに3人増員し、常駐を始めた。

こう、ブクマをつけた。

2008年、ブッシュ米大統領の会見席上で記者が、靴(かかと部分は結構硬い)を脱いで思い切り投げつけるという事件があった。 その系譜につながる、お仲間さんがここにいる。

その時おれは、こう書いていたからねっ。

ブッシュ大統領を襲った、ジャーナリストによるテロ事件に怒りと抗議を表明…しなきゃ整合性がとれんので、しておく。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20081216/p5

われながら、たぶんにアリバイ工作のにおいもぷんぷんするが、それでもアリバイ工作はしておいてよかったー。

「相手は悪党で、権力者。普通の批判は届かない。もう実力行使しかない」と靴を投げつけりゃ、(そしてそれに喝采が送られたり、「いいことではないが、そもそも彼の政策に問題があった」という論点にズレていけば)・・・それが4年後に場所と対象を変え、凶器も靴からハンマーになったっておかしくない。
さて、当時のはてブは・・・(といいつつ、面倒なので探しません)


■今回の「政治テロ」に際し、政党、知識人、政府関係者は声明を出すのか?
今のところ、知ってる限りではないようだね。
新聞の社説は・・・今日あす当たりに出るのかな。まあ他の大事件が続いたこともある。