INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

【リンク集・一覧】パトレイバー・ゆうきまさみ関連過去記事を紹介



  ↓

キャラクターを一新したオリジナルストーリーではありますが、「直球ストレート娯楽作にする」というコンセプトの元、それこそ二度目の監督デビュー戦のつもりで全力で挑んだ作品です。このコンセプトで制作すること、そしてプロットと脚本第一稿を書くことを快諾してくださったオリジナルスタッフの皆様には、この場にて改めてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました!
.
個性的なキャラクター・大型車両としてのレイバー・見慣れた日常と地続きの世界観など、パトレイバーパトレイバーたる魅力を(本作の大ファンである)自分なりに抽出し、今の時代の技術で映像に新たな切り口を加えつつ「もう一度パトレイバーの王道を語り直す」ことを何よりも大切にして制作しました。


まだ無かったんで朝飯前の仕事で(比喩表現ではない)一本作っちゃったよ

新作アニメ「パトレイバーREBOOT」発表への反応 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/1005772


まあ、なんとも感慨深い。
はてなに限定しても、たぶんパトレイバーに言及した数は上位1%に入ると思うし、オールタイム漫画ベストを選出せよ、と言われたらゆうきまさみ漫画版を不動の1位とするものであるが、ただし「1990年代に、現在社会と地続きの21世紀の未来を予想して描く」というのがひとつのウリだったのだから、その時代が到来し、過ぎ去っていったら少なくとも市場価値、一般人気は違ってくるだろうな…と思っていました。
その予想を覆し、30年近くも支持を受け、実写映画やアニメ新作ができるとは…というだけで、すごいことではないか。

ただ正直、新作と聞いて「鋼の錬金術師みたいに、マンガのストーリーを完全再現したものができるとか??」と一瞬思ったのは内緒だ。

過去記事リンク集再紹介

自分の昔のパトレイバーゆうきまさみ関連記事抜粋。
これ、「ぜんぶ」じゃないですけど。・・・でも、たくさん書いたなあ。
基本的に漫画版びいき。

パトレイバー関連、その他も

95年、マンガ連載終了時点で書いた「機動警察パトレイバー」の感想 
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080804/p3
パトレイバー論・延長戦
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080805/p3
何度目かのゆうきまさみ
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20081231/p5
ゆうきまさみの風景」第一章〜メジャー以前、そして「あ〜る」。(「コンティニュー」を読んで)
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20090116/p4
「はみ出しもの」「組織の異端者」「内部でも持て余すワル」「裏組織」が、非常時に強さを買われて登場・・・・というパターン大好き。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20091212/p2
ゆうきまさみは「SF的状況の中での国家(軍隊・官僚組織)」を描くのがうまいなぁ(鉄腕バーディー
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20090504/p5
プラネテスロックスミス問題について。過剰な「わがまま」は力に通ず http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20090817/p5
渋谷で開催中「ゆうきまさみ展」から。漫画家仲間が寄せたお祝いコメントとイラスト
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20101219/p4
ゆうきまさみが「内海課長」について語った言葉(昔、どこかの掲示板で)。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20101201/p7
ゆうきまさみデビュー30年の年に、あらためて「内海課長」を考える。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20101202/p2
小松左京逝く。薄い読者の、ごく一般的な思い出
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20110729/p3
押井守が自作「パトレイバー2」を語る/スタジオジブリ評がすごい(ヒドい) http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20121204/p3
漫画の話題補遺。ブラックラグーンブラックジャック創作秘話、くーねるまるたパトレイバー・・・
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20121219/p5
ゆうきまさみの新作漫画は、社会的偏見により正体を隠さざるを得ない表現者の悲劇を描く(笑…だよね?)
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130503/p4
パトレイバー」実写映画企画、目撃証言多数。「パトレイバー生みの親」たちの対立も、また才能の証か。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130805/p3


追加
m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com



(以下「究極超人あ〜る」関連)

■本日発売のスピリッツで「ヒーローズ・カムバック」スタート。そして…「究極超人あ〜る」復活も正式決定!!
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20121022/p3
■来週いよいよ「究極超人あ〜る」復活・・・「自然体」な予告がすばらしい。細野不二彦ギャラリーフェイク」復活篇もいい出来。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20121031/p3
■いよいよ本日、復活「究極超人あ〜る」スピリッツに登場!で総まとめ的回想
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20121105/p4
究極超人あ〜る、復活のその後。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20121106/p4
■日曜民俗学。日本において「中指ポーズ」はいつごろ、どう普及したか? 外国での意味の変化は?
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20100107/p3


こんなたくさんあったってしょうがないだろうなので、特に一本ピックアップ。

95年、マンガ連載終了時点で書いた「機動警察パトレイバー」の感想    http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080804/p3
これはたしか、ゆうき氏の週刊連載の終了からほどなく書いた、氷河期の氷漬けマンモスのような価値のある(笑)文章です。



このムックが個人的には超貴重だと思います