INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

アメリカが百田尚樹氏に感謝してもしきれない、たったひとつの理由。

あいかわらず「たったひとつの理由。」とつけるとジャンク感がハンパないな。
んで。
あれ?第一報より詳しいかな。

http://www.47news.jp/47topics/e/250394.php
NHKがキャロライン・ケネディ駐日米大使のインタビュー取材を米国大使館(東京都港区)に申し込み、調整を進めていたところ、経営委員を務める作家 百田尚樹 (ひゃくた・なおき) 氏の東京裁判南京大虐殺をめぐる発言を理由に大使館側から難色を示されていたことが14日、複数の関係者の話で分かった。
 NHK広報部は「取材・制作の過程に関わることについては回答を差し控える」とコメント。米国大使館は「大使のスケジュールはお話ししないことになっている」としている。
(略)
2月上旬、取材班が大使館を訪問したところ、報道担当官から「百田氏の発言でインタビューの実現は困難になった。大使本人とワシントンの意向だ」との趣旨を伝えられた。その後、取材の可否について正式な連絡はないという。
 百田氏は3日、都知事選に立候補した元航空幕僚長田母神俊雄 (たもがみ・としお) 氏の応援演説をした際、米軍による東京大空襲や原爆投下を「大虐殺」とした上で「東京裁判はそれをごまかすための裁判だった」と述べた
 さらに1937年末に南京を占領した旧日本軍が捕虜や市民らを虐殺した南京大虐殺に関しても「38年に蒋介石がやたらと宣伝したが、世界の国は無視した。そんなことはなかったからだ」と発言した。
 発言をめぐっては、米国大使館が8日、米政府の公式の統一見解として「非常識だ」と批判。中国外務省も南京大虐殺に関する発言に強く反発するなど、国際的に波紋が広がっている。
 (共同通信

自分が第一報につけたブクマ。
ここで論点はある程度出しちゃってるか。
というか表題のことってある程度シンプルだよ。

ここで興味深いのは、もっとダイレクトに米国と関わる筈の「東京大空襲」「原爆」という言葉が、少なくとも記事には登場しない点。/あと「これを理由に取材拒否するのはアリだ!」としちゃうと、また色々問題が出る点。

もっと分かりやすくするために、菅原琢氏の論考ツイートを紹介したい。

https://twitter.com/sugawarataku
SUGAWARA, Taku ‏@sugawarataku 2月8日
東京新聞:百田氏発言 海外に波紋 東京裁判批判 米「非常識だ」:国際(TOKYO Web) http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014020902000091.html … 
この記事を斜め読みすると、東京大空襲や原爆投下は大虐殺だというのに米国が反発していると読んで、氏に賛意を示す人もいそうだ。
  
百田氏の発言要旨 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-219133-storytopic-3.html
 
前記事から引用「だが、東京裁判で突然、亡霊のごとく南京大虐殺が出てきた。米軍が自分の罪を相殺するためだ。東京大空襲、原爆投下は「米軍は悪くない、おまえたちが悪いことをしたからこうなった」と。そのために持ってきたのが南京大虐殺だった。」
 
要するに米国なるものを主語にしたチープな陰謀論を叫んでおり、そのために原爆や大空襲の犠牲を持ち出しているわけだ。

まあ、もっと分かりやすくいうとおなじみ「ポリティカルコレクトネス」の話である。
東京裁判で亡霊のごとく南京大虐殺
東京大空襲、原爆投下は「米軍は悪くない」」
「そのために持ってきたのが南京大虐殺


と、このへんをぜんぶ抱き合わせ販売、1パックにしている。
菅原氏のツイートを読み直そう。
 
『斜め読みすると、東京大空襲や原爆投下は大虐殺だというのに米国が反発していると読んで、氏に賛意を示す人もいそうだ』
 
 
ここだけだったら、
どうだったか?
・・・・・・・・・実はそこが問題となる。



百田氏の応援演説で、米国により直接かかわるのは「東京大空襲は大虐殺」「原爆投下は大虐殺」である。
<これについて>の米国大使館の意見はどうだったのか。実はそれを今回、キャロラインはんや国務省その他は、百田氏のおかげで「うやむや」に出来たのである。


ぜんぶまとめて百田氏ががひとくくりにしたから、米国はこれを具体的にいわずに、ひとまとめにしてうやむや状態で否定する大義名分を得た!という……、実に麗しき百田氏の「敵に塩を贈る」言葉だった。高血圧が心配になるレベルで塩を贈っている。
要は整理をされていないのだ。
「♪ベッドのまわりに なにもかも 脱ぎ散らして〜」だ(かならずひとつは入れるナイトスクープネタ)

 
だから自分は菅原氏のツイートに、こうリプライをつけた。

gryphonjapan ‏@gryphonjapan 2月8日
ここは質問者(※共同通信)が「あなた(※米国大使館)の否定論は『東京大空襲・原爆投下は虐殺だ』という部分をも否定しているのか? それだけなら問題ないか?」と、細かく確認してほしかったですね。これからでも知りたいテーマ。 @sugawarataku

繰り返すが、ある意味
ポリティカルコレクトネスの問題である。
東京大空襲は大虐殺である」
「原爆投下は大虐殺である」
こういう意見を、米国大使館、米国務省ニューヨークタイムズ、ウォールストリートジャーナル……もろもろは許容するのか?賛同するしないじゃなく「米国としてはそう考えないが、そういう意見は尊重するし議論できる」とかなのか、或いはそういう議論は「非常識」だったり「失望した」となるのか。

とりあえず今現在はよく分からないし、あちらから言うことはないだろう。記者会見などで、こちらからそういう質問が出れば、しぶしぶ見解を表明するかも、というレベルだ。


実は、東京大空襲歴史的評価については、昨年5月にこんなことがあったのを覚えている人もいましょう。

政府、東京大空襲は人道に合致せずの答弁書 

政府は1945年の東京大空襲について「人道主義に合致しない」と強調した答弁書閣議決定

2013/05/07 13:30 【共同通信
http://www.47news.jp/FN/201305/FN2013050701001286.html

 
原資料はここだ。PDFなんで文章はコピーできない。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/183/toup/t183084.pdf

質問したのは福島瑞穂氏だ。大空襲や原爆が大虐殺だ、人種論に基づいている…という話は、本多勝一氏も書いている。


関係者のコメントとして百田氏の選挙演説を「非常識」といい、NHKの取材をそれを理由に断ったのなら、さらに一歩詳しく進めて「つまりアメリカ的には、東京大空襲や原爆を『大虐殺』と批判するのも歴史修正主義なんですか? それともここの部分は問題ないんですか?」というのを詰めるのにはいい機会なんではないか。
昨年5月の答弁書閣議決定のときに、米国の大使館や本国報道官に質問があったのか、質問がなかったのか…は分からない。
4月のオバマ大統領訪日のとき、会見があれば誰か質問してみればいいのではないか…たとえば…うん、NHKとか(笑)



まあキャロラインさんも、大使館&国務省靖国で「失望」コメントをしてから、あまり間もおかずに「イルカ漁反対」ツイートをし、「ああ、こういうレベルで他国の文化を理解してるのか」というふうに取られたのだから、互いに譲り合う麗しき日米交流をしてる、という気もする。

おっと、百田氏自身がこの件に関して15日にツイートしてた。

百田尚樹 ‏@hyakutanaoki 2月15日
アメリカ大使が百田尚樹の街頭演説を理由に、NHKの取材に難色を示したという。もしこれが本当なら、アメリカは「東京大空襲と原爆投下は大虐殺」という言葉に、よほど腹が立ったのだろう。ちなみに、アメリカは東京大空襲と原爆投下に関しては一度も謝罪していない。私は謝罪を要求する気はないが。
 
私は69年も前の「東京大空襲と原爆投下」に関してアメリカを糾弾する気もないし謝罪を要求する気はない。そんなことをして両国に何も益はない。しかし、これが「無辜の一般市民の大虐殺」であることはまぎれもない事実である。だが、これをいつまでも恨んでも無意味である。ただ、忘れてはならない。
 
ちなみに第一回の東京大空襲は下町の民家密集地帯を狙って行われた。米軍はいかにして日本人を効率的に焼き殺すことができるかと、砂漠に日本家屋の町を作って実験を繰り返した。ハワイから日系人の職人を呼び、畳やふすままで作らせるほどの徹底ぶり。そして一夜にして12万人の市民を焼き殺した。

あんがいスイート・キャロラインと百田氏がどこかで歓談をすれば、非常に気が合うかもしれないぞ。

「2人が直接会う機会は無いんですか?」
「永遠に0です」