INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

AIS、ドライブレコーダー、そしてICレコーダー…記録装置が完全に普及した社会とは(※「となりのビッグブラザー」問題総集編)

AIS、ドライブレコーダー、そしてICレコーダー…記録装置が完全に普及した社会とは - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/617125

あらかじめ断っておきますが、今回発生した海難事故はあくまでも話題のきっかけで、少なくともまとめ者はあまりこの報道を追っておらず、海難事故の知識もあまりありません。ただ「AIS」という聞きなれない記録の存在を知り、その話題から派生した「ドライブレコーダー」や「24時間録音族」など・・膨大な記録の保存と検索技術、の普及に関する議論、未来予想です。

つまり、自分が今まで「となりのビッグブラザー」と言っていた話です。
今回、海難事故で「AIS」という記録がクローズアップされたことで、ひとつの”総集編”をつくるきっかけとなりました。

まあ、いつものことではあるが、そこに「リンク集」をつけたら、自分で分量の多さにひいた(笑)。だが、技術の発達に期せずして寄り添った感じになった。グーグウrストリートビューも、始まったときは賛否がすごかったねえ。


togetterの最後で紹介した本

自由とは何か―監視社会と「個人」の消滅 (ちくま新書)

自由とは何か―監視社会と「個人」の消滅 (ちくま新書)

かつてより快適な暮らしが実現した現代社会。各人の振る舞いは膨大なデータとして蓄積され、“好み”の商品情報が自動的に示される。さらにはさまざまな危険を防ぐため、あらかじめ安全に配慮した設計がなされる。こうして快適で安全な監視社会化が進む。これは私たち自身が望んだことでもある。しかし、ある枠内でしか“自由”に振る舞えず、しかも、そのように制約されていることを知らずにいて、本当に「自由」と言えるのか。「自由」という、古典的かつ重要な思想的問題に新たな視角から鋭く切り込む。

いつか紹介したいと思っていた記事も、このきっかけで検索して見つかった。
togetterからもとべるけど、張っておく。

「24時間録音族」急増の背景 ICレコーダーの小型・高性能化 #getnews http://getnews.jp/archives/270250

何気ない会話がいつの間にか記録され、それが自分に不利な材料として使われる――。いま巷では、ICレコーダーで会話や物音を録音し、それを“武器”として使う「録音族」が急増している。もはや「口が滑った」では済まされなくなった…
(略)
現代社会は「録音」の脅威にさらされている。本来は会議などに使われるICレコーダーを、トラブル回避など“自己防衛”のためだけでなく、相手を攻撃する材料として利用する人が急増しているからだ。

 背景にあるのはICレコーダーの小型化・高性能化だ・・マイクの性能も向上し、仮にイベント会場で胸ポケットに入れていたとしても、かなりクリアに会話相手の声を録音…再生機能も大幅に向上しており、声のみが収録された部分だけを再生…退社の際に録音状態で机に忍ばせておけば、翌朝、自分が不在の間の同僚の会話が丸々聞ける。また、車に設置しておけば、一見密室に見える車内の会話も筒抜けとなる。