INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

編集手帳落穂ひろい(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/
この前の続き。これで追いつく

サラリーマン川柳」入選作にクールビズの句があったのを覚えている。〈我が社では部長のギャグがクールビズ〉。部下たちから「サブ〜イ」と陰口を…(略)◆条件付きとはいえ、「若い世代に責任を引き継ぎたい」という首相の発言が続投宣言であったり、「可能性は、ゼロではない」という内閣府原子力安全委員長の発言が「つまりゼロ」の意味であったり、寄ってたかって壊されようとしている日本語の“復旧”が急がれる時である

故・関沢新一さんには「座右の銘」があった。〈疲れたら休め。彼らもそう遠くへは行ってないはずだ〉◆「彼らというのは、ライバルの意味だけどね…」。

…小欄を借りて季節の花を愛(め)でる機会がなかなか見つからない。サクラはいつのまにか咲いて散り、フジの花房も見損ねた◆〈紫陽花(あじさい)や白よりいでし浅みどり〉(渡辺水巴)。色の七変化ではことに初々しい「浅みどり」も、今年はどうやら見のがしたらしい◆(略)被災地に親類縁者がいない人のなかにも、東北地方の気象情報にそのつど耳を傾けている方は多かろう。身近な花に気のまわらぬときもある◆せいいっぱい美しく咲く花たちには、なんとも張り合いのない初夏だろう。人が泣けば、花も泣く。