【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

どーでもいーがある政治家たちの肖像。

鳩山由紀夫

http://blog.goo.ne.jp/minsuto2008/e/7e8af908acc54bc71a20956ebd8ad676

鳩山幹事長シーク教徒に仏教を説教

鳩山由紀夫幹事長は23日午前、都内で来日中のインドのマンモハン・シン首相と会談。両国のさらなる関係強化に向けて、意思を確認した。(略) …
 鳩山幹事長は、インドは精神文化が発達している国との私見を述べ、両国で協力し、今日の行き過ぎたマネーゲームシステムをコントロールしていくべきとの考えを明示。仏教の基本を平和活動により活かしてほしいとも求め、…・・・(略)

 鳩山幹事長は、インド訪問が2回もあ+るのに、ターバンを被った人がシーク教徒(シク教徒)であることも知らなかったようです。

 

小泉純一郎

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101228/plc1012280248009-n1.htm

この秋に相次いで出版されたブレア元英首相とブッシュ前米大統領回顧録が面白い。ブレア氏の原書は700ページ超(略)。
・・・ブッシュ氏は小泉純一郎元首相を称賛しているが、ブレア氏の回顧録にはもっと傑作な場面がある。

 イラクをめぐる米英と仏独の対立が高まっていた2005年夏、シラク仏大統領が「料理がまずい国の人間は信用できない」と英国を非難する放言(本人は否定)騒ぎが起きた。この数日後、ブレア氏が議長を務めた主要国首脳会議(G8)の晩餐会(ばんさんかい)で、小泉氏は「ヘイ、ジャック(シラク氏)、英国料理はうまいだろ、どうだい」と、大声でシラク氏をからかったというのだ。

 満座の爆笑の中で、しかも英女王の面前で挑発されたシラク氏は顔色を失った。小泉氏は新たな料理が運ばれるたびに発言を続け、ブレア氏によれば、シラク氏は「最後は護衛官の銃をつかんで小泉氏を射殺しかねない」様子だったという。

きみ
たち。