INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

所得に関係ない「単一税率」は世界で24カ国が採用している(メモ、朝日新聞書評欄)

増税が国を滅ぼす」という本の中に出ているそうだ。
レーガン政権の経済政策の理論的支柱になり、その一方で「根拠ない」「格差社会の元凶」と批判を浴びたラッファー曲線の考案者ラッファーが共著者の一人だ。

日本では、この税率を渡部昇一が支持していたと思う。あ、いきなり説得力が減った(笑)

いや、だが、ラッファーが言うには2008年のアメリカでは所得税法人税とも単一の12.1%で、同じ税収を得られるんだってさ。

ミソは、控除を廃止すると言うこと。控除を廃止するというのは徴税が「単純」になり、それは徴税コストを減らし、知恵ものの税理士によってあれやこれやと、最終的な納税額が減る(しかも優秀な税理士を雇える金持ちが!)ということがなくなるということだ、そうだ。

わたしはこの当否を言えないが、以前
「親切だけど複雑で手間のかかる制度」を
「不親切だが単純で簡単な制度」が
上回ることもあるんじゃないか?という話をしたことがある。


■もし最低限、食える所得がもらえる社会なら?「ベーシック・インカム」論じた本が出版。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080223#p5


いまは思考実験である「ベーシックインカム」もしかりだが、民主党政権交代後、母子加算復活、公立高校無償化(その場合授業費を国が払うか?家庭にその分を与えるのか?)、配偶者控除廃止、子供手当て、農家戸別補償・・・などいろいろ出てきた。

そのへんを考えるときに面白いかもしれない。
例によって今週木曜日?ぐらいにこの書評記事はネットにUPされるはずです。

増税が国を滅ぼす

増税が国を滅ぼす