INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

不謹慎にして不道徳な作品をどう観るか。呉智英が古典を引用し語る

BSマンガ夜話」第一夜(真説ワールド・イズ・マイン)を、後半部分見逃していたのでビデオで再視聴したのだが、その中で、この作品がNHKで論じるのもギリギリであるような残酷描写、殺人描写の多い作品であることに対し呉智英が触れていた。

それで一言言うとさ、突然BSから教育テレビに変わっちゃうけどさ(笑)。
これ暴力シーンさっきから出ているでしょ。良識家の人が「こういうのは…」とか言う。

(略)大学でこういうのを扱うときもいってるんだけどね、こういう、ある意味けしからんマンガなわけですよ。そういうものをどう考えるかっていうときにね、ふつう言論の自由とか表現の自由なんて言うけど、俺ね、そういうバカなこと言いたくないから(笑)、いつもね俺、本居宣長のこういうのを引用するのね(笑)。

本居宣長の歌論、文化論ですね、うた論。

(歌の中には)
政のたすけとなる歌もあるべし、
身のいましめとなる歌もあるべし、
また国家の害ともなるべし、
身のわざわいともなるべし

ってんだよね。で、そういうものがあっても人間の真実が描かれているものは芸術であり文化であるって、本居宣長が言ってるんだよね。


昨日エントリを書いたTB先の新エントリは、こちらと同様に「映画ベストテンを選んだらこぼれちゃった作品があった」という話
 http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20071204 
でありますが、そのラインナップを観て、多少関係があるように思えた(爆笑)のであります。

この歌論、ちょっと検索したのですがそれほどたくさんネット上にあるものでもないようでした。ま、こういうのを振りかざすのも権威主義的でどうかとは思いますが、ひとつの「武器」には確かになるので、広くご紹介させてもらった。

原典について触れているサイト
http://www.norinagakinenkan.com/norinaga/kaisetsu/ashiwake.html


先に紹介していたブログがあった。
http://kazuuun.blog79.fc2.com/blog-date-20071201.html