INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

しろくまではなく「白いくろくま」が、島の番長

http://www.nhk.or.jp/darwin/program/index.html

12月9日(日)総合テレビ/地上デジタル
放送夜7時30分から7時59分の放送です。次回放送分の予告編がごらんになれます。

アメリカグマ、通称クロクマ。
黒い毛が特徴ですが、カナダのグリブル島には幻とも言われる「白いクロクマ」が数多く暮らしています。その割合は島全体のクロクマのおよそ半数にものぼります。白い動物は緑の森の中で目立つ為、天敵に襲われやすく生き残るのが難しい、というのが動物界の常識です。しかし、この白いクロクマは例外で、黒いクロクマより体が大きく、島の「番長」的な存在である事が明らかになってきました。
なぜ「白い」クロクマが「強い」のか?最新の研究を紐解きます。

中国三台詭弁とも言われる「白馬非馬」というのがありましたが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E5%AD%AB%E7%AB%9C
とにもかくにも公共放送NHKが「白いクロクマがいます」と言ってるんだからしょうがない。

にしても、おまけに白いクマこそ島の番長なんだって。
マンガとかにもよく、番長と思ってた見ためごっついやつはN02で、最後の裏番長は美形の優男、なんてパターンがありましたが。
おう、ワイや清原や。