INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「彼」が遂に沈黙を破った!木村浩一郎が衝撃証言続々。「リングスの僕の試合は全部…」「前田日明さんとのエキシは実は…」「安生さんの実力?それは…」

ニコニコ上の一部有料ブログ『Dropkick』チャンネル より。
http://ch.nicovideo.jp/dropkick

大大大衝撃ですよ。
はっきり言って「彼が語ってくれれば、立ち位置的にいろんなことが明らかになるんだろうけどなー。だけど墓場まで真相は持ってくだろなー」と思っていたんですよ。
ところが、このメディアがインタビューに行ったら話してくれた(笑)。
まあ、そんなあっさりしたものでもなく、聞き手や媒体の質問の技術や信頼関係もあるのだが、何にせよ貴重すぎる証言が、記録として我々の前に登場してしまったことには疑いがない。
しかし、それは禁断の死海文書……。

【90年代・灰色の狂気】木村浩一郎FMWとリングスで俺はこの業界をナメてしまったんですよ」 http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar569058

タイトルがそもそも衝撃的すぎるだろ(笑)。

いま振り返ってみて俺はこの世界を2回ナメてるんだなって。1回目はFMW、2回目はリングス。長井(満也)戦ね。
 
――リングスの長井戦は卒業試験を控えて練習してなかったのにそこそこ健闘してしまったという。
 
木村 あの試合は大学の卒業試験前でぜんぜん練習できなかったんですよ。それなのに毎日練習してる長井と互角に闘えたことでナメちゃったんですよね。俺はそこで負けたらリングスジャパンに入る気持ちはあったんです。イチから格闘技をやろうかな、と。でも、蓋を開けてみたら「……なんだよ、リングス」って感じで。

WJといえば、安生さんとやったときはヤバかったあ……。安生さんはホント強かった。
 
――さすがUWFのポリスマンですね。
 
木村 当時は安生さんは前田さんを殴った件の流れがあったから、リングスに上がってた俺のことを「前田派」と呼んでたんですよ(笑)。噂で「安生さんは凄い強い」と聞いてたんですけど、実際に自分でやってみないとわかんないから「お願いしま〜す!」とふざけた感じでやってみたら、もうね、ことごとく返された。ヒョイヒョイと。強かったなあ……(しみじみと)。安生さんの悪口言う奴がいるんだったらやってみって。あんなヘラヘラしてて本当に強いんだから。

……この2証言だけでおなかいっぱいなんだけど(笑)。


ただね、事実は事実として、その「解釈」ではこうもいえる。当時はU系団体への期待値が、木村氏もふくめ高すぎたから「大学の試験で何も練習してない俺と互角って…」となったのだろうが、今の視点からなら「リングスやUWFの練習経験だけで、『高校のときにレスリングをやってて沖縄国体で3位とかになった』木村と互角だなんてすごいよ!!長井もリングスも」と見てもいいんじゃないか??・・・よくないですか。


そして「安生証言」は、まぁ他の情報どおりであって。



そしてグロム・ザザ戦の真実(笑)。
これは木村もザザも気の毒やないか。だがそれと同時に、以前若林太郎氏の証言にも出てきたように「リングスの場をうまーく使って、こっそりとガチをしのびこませようとしていた一派(※前田日明もガチを完全排除する気はなかった。だが、無断でその比率を高めようと勝手に動いた一派)がいて、アクシンデント的にガチをやらせようとしていたという……
そして結局、グロム・ザザは何の心の準備もなしで、はじめから「やってやるよ!(それも悪気はない)」という意識でガチで向かってくる相手を「あれ?それで来るの??……・じゃあこっちも、それでやっていいのね。」とやって、あっさり返り討ちにしちゃった、ということになる(笑)。


そして…申し訳ないが「木村政彦もそうやるべきだったのに、できなかった」ということにもなる。

一説には、ザザはヒカルド・モラエス戦もまったく同じ構図というか、直前で「これはガチなんで」「ふーん、そっすか」というノリで戦い、それで勝ったともいわれる(笑)。

動画とか、ネット上にはあるんだろうか。
にしてもザザすげえぜ。

その後も木村は。

木村 そのあとの長井戦もガチだし、実験リーグもガチだし、外人との試合もガチだし。俺の試合は全部ガチですよ。でも、俺らばっかガチなのは不満があってやめたんです。それでこんなにギャラが違うなんて馬鹿らしいよねってことで。

あっさりと、こう語る(笑)。



そして!!!
ついに……論争に決着!!!

前田日明さんと僕のエキシビション、立ちはプロレス、寝技はガチ」……聞いたか、にわかっち!!

格闘技オリンピックで前田さんとエキシビジョンマッチもやらせてもらえたじゃないですか。あれは寝技はガチ、立ちはプロレス。それで前田さんに極められなかったから、そこでまた勘違いしちゃったんですよ……。

NHKがトップニュースでこれを報じるかと思って、思わずテレビをつけた(ウソ)。

この「前田vs木村浩一郎のエキシビジョンはただごとではない」という話、実はあの人が語っていた。
いやッ、語っていたッツ。

つまりこの人だッツ。この本だッツ。

板垣恵介の格闘士烈伝(グラップラー)

板垣恵介の格闘士烈伝(グラップラー)

人として生まれ、男として生まれたからには、誰だって一度は地上最強を志す! コミック「グラップラー刃牙」「餓狼伝」の作者が語る、熱い格闘魂。


んーーとね…内容を詳しく覚えてはいるんだが、手元にないんだ。
だから「ネットでだれか、該当部分を引用してないかなー」と検索してみたら、凄い名前の人が、すごい場所で引用してたよ…なにもかも、懐かしいな。

カトー・クン・リー・鷹
 04:「板垣恵介の格闘士列伝」より抜粋。

『興行として長い歴史を持つプロレスは、勝ち負けのみを目的としていない。凄味を見せることもその大きな目的になっている。勝つことだけを考えるなら、相手の技など受けなかればいいのだ。相手の能力など何ら引き出す必要はないのだ。その凄味を見せつけたところに、プロレスの魅力があり、崇高さがあると俺は思っている。だから当然いただけないプロレスラーがいる。とくに格闘技路線を名乗り、従来の興行としてのプロレスを否定しながら、その実、古式豊かなプロレスを行っている人間だ。俺にとってUWFは擬似格闘技だった。』

『前田はこんな主旨のことを言っていた。「俺はみんなを食わせていかなきゃいけない。そのためにはひと月に一度の興行がいる。そういうスケジュールで選手が壊れないようなルールを採らなきゃやっていけないじゃないか。」言っていることはまったく正しいよ。でも仮にも、最強を名乗る格闘技を確立しようとして団体を旗揚げした人間が、このような言葉を口にする事に俺は疑問を感じる。格闘技を名乗るなら、最強を名乗るなら、勝利を得ることを第一に考えてくれよ。はじめに興行ありき、じゃなくて勝負ありき、にしてくれよ。』

『前田の格闘家としての実力は92年3月に正道会館が主催した「第一回格闘技オリンピック」のときに、木村浩一郎とやったエキシビジョン、あれが全てと、俺は思っている。アレが前田日明のモノホンの力。正式な試合じゃなかったけど、お客さんの前で本当に勝とうとしているのは、アレしか知らないね。格闘王に関してはね。あのとき、前田は鬼の首を取ったように、「木村は緊張してガチガチになって、何もできなかった」なんて高揚していたらしいけど、お前、まだ相手は学生だろって。』 100/01/03 17:45:14

リンクを紹介しよか??
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/1143/past/taka0011.html
しかし、実際に行くのはおすすめできへんな。「あの時代」の熱気が強すぎて、ほとんど魔界へつながるゲート的な何かだ(爆笑)。


そして、この前田日明の(寝技の)ガチンコを闘った、「木村浩一郎証言」は、惜しいことに有料ゾーンのほうに続いていく。
そこを語るのはアレなので、今月だけでも加入すればええねん。
http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar569090

 じゃあ、逆にキミに問おう。

・この「スタンドはプロレスだけど、寝技ではガチ」は、前田サイドと木村サイド、どっちが提案したと思う?
・前田と実際に寝技でガチでやった木村は、前田の実力に対してどんな感想を持ったと思う?


このへんのことが情報として無いと、
パズルのピースがうまくはまらず、作品は完成しない。
後半の記事は、そういうパズルの、重要ピースであります。


その後の木村浩一郎氏の人生も「宇宙パワー」に代表されるような波乱万丈な物語がある(自分は実際の試合を見てないにも関わらず、宇宙パワーのギミック・キャラクターがすごく好きだった。あっちい!!)のだが、これは格闘技系インタビューなのでそちらにはふみ込まない。

だが、その後木村氏は「修斗」「UFO」「WJ」などにも関わっていくので、さらにすごいことになっていく。

木村 佐山さんって瞬間湯沸器だから。ミット打ちしてて最初は「オーちゃん、いいね〜!」とか和やかにやってたんだけど、ミットがズレてパンチが佐山さんの顔に…(後略)

の話とか、

木村 あいつ必死に練習やってたからね。試合後に「当たってました?当たってないですよね!? なんで勝ったんだろ……!?」って。

このせつない話が、誰のことを指しているのか、などの話も、後半記事では読める。
後者の話は、夢枕獏「牙の紋章」だよ……。

牙の紋章 (祥伝社文庫)

牙の紋章 (祥伝社文庫)

若きヒーロー陣内雅美は、リング上で屈辱感と怒りに咆哮した。無敵のムエタイ・チャンピオンのソータンクンに勝ったものの、明らかな片八百長試合だったのだ。十カ月後、かつてソータンクンに完膚なきまでに敗れた片山草平は、路地裏でやくざに土下座するまで落ちぶれた陣内を目撃した…。勝負に絶望した男と、敗北にすべてを失った男が再起を期す格闘小説の真髄。

にしても、自分としてはやっぱり
前田日明との『格闘技シンポジウム』エキシビション証言」を読んだだけで、料金の元はとった気分である。

この記事、リングスや、90年代初頭の格闘技ビデオをいまだに保管している人にとっては、さらに面白く読めるのではないかいな。



そして、にわかっちはこの記事を読んで、どんな感想を持つだろうか。
詳細はコメント欄………に、なるかどうかはわからん(笑)。

追記 そのコメント欄。

gryphon 2014/07/17 02:48
今回の最初の木村浩一郎記事、何ともノスタルジックなものになってしまったな(笑)。木村浩一郎vsグロム・ザザとか前田と木村のこのエキシビションとか、だれかいまでも映像を持ってたりするのだろうか。
 
fullkichi1964 2014/07/17 06:14
にわかっち氏でなくて申し訳ないが(笑)。

前田対木村エキシビションに関して言えば、当時ダビングして何度も見直したからかなりハッキリ覚えています。
少なくとも寝技に関してガチというなら、前田の実力について判断するときに、
「この前年に、前田はすでに長井とのスパーで左ヒザに重大なケガを負っている」
という前提は欠かせないかと。
むろん「左ヒザは攻めない」という前提でのガチだったのかもしれないけど、少なくとも前田は怪我していた上で、木村とのエキシを有利に進めていた(たしか2回エスケープ奪っていたはず)わけで。
おそらくは「立ちはプロレス、寝技はガチ」は、
「ロー食らっちゃかなわんけど、それ以外ならええよ。タックルなら体格差あるし何ぼでも切っちゃる」
との前田の思惑があったのでは・・・とも思え、なかなかに興味深いですわ。
 
gryphon 2014/07/17 08:10
実際に映像見た人、
こんな近くにいやがった!! ひざ悪い感じだったの?
木村浩一郎氏も「自分は前田に『極められなかった』」という形での満足感、誇りを持っていたという。あの当時のルールは総合よりもU系に有利なデザインだったけど、少なくとも前田の実力は、そういう水準(寝技だけなら木村浩一郎に有利なスパーをやれる)だったのではないか。
 
万次 2014/07/17 09:13
fullkichiさんのおっしゃるとおりで、某所によると、
> グラウンドでは前田がV1とアンクルで2回エスケープ取ってる。
> それとは別にリング中央でアンクル決めて外してやってる。
> 木村は1回エスケープ取ってる。
> ロープ際でタックルで倒して、アームロックの体勢に入る前に前田がエスケープしてる。
だそうですね。
 
万次 2014/07/17 09:20
あと、もうご存知かもしれませんが、これと
http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar576792
これも
http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar503790
さりげなく凄いこと言ってます(笑)。

本日「DNA親子鑑定」判決。法の発想に無かった「DNA」を科学が生んだのだから、そりゃ混乱するわ。歴史よ、科学にひれ伏せ。

=記者解説=DNA鑑定「父子関係」訴訟
2014年07月12日 09時22分
http://www.saga-s.co.jp/column/saga_rensai/20401/83160
 結婚後に生まれた子が、父と血のつながりがないことがDNA型鑑定で分かった場合、法律上の親子関係は取り消せるか−。最高裁で17日、注目の訴訟に判決が言い渡される。妻が結婚中に妊娠した子を夫の子と推定する民法の「嫡出推定」の規定が、血縁関係を科学的に証明する鑑定技術の発達で、大きく揺らいでいる。家族のかたちが多様化する中、時代に即した法制度のあり方はどうあるべきか。佐賀県内の専門家らも司法判断を注視している。

http://alfalfalfa.com/archives/7400217.html
 DNA型鑑定で血縁がないと分かれば父子関係は取り消せるのか。そんな争点の裁判を、四国地方の40代男性も起こしていることが新たにわかった。これまでに判明している2件の裁判は、いずれも妻側が父子関係の取り消しを求めているが、この裁判は男性が取り消しを求めている。3件とも17日に最高裁で判決が言い渡される。DNA型鑑定の結果は父子関係にどう影響するのか、統一判断が示される見通しだ。

何度かここでも語った話題だが、自分は明確に「科学タカ派」…いやタカもハトも基準が分からんか(笑)、言い換えると「科学と知の側」に立ち「因習と迷信と非科学」を討伐する立場に立ちたいのである(笑)。
DNAの遺伝情報をその子に受け継がせた人間が「父親」だよ。
それが科学。知恵。知性。理性。啓蒙。
そうじゃないというのは牛痘をすると牛になる、とか、カメラに魂を吸われる、とか、そーゆー迷信邪教のたぐい。

まったく、科学を知らぬ無知蒙昧の民とは、あわれなものでございます。



ま、以上は煽りで……、そもそもこの裁判でも、それは前提とした上で「血はつながってなくても、ともにすごした親子の関係、実の親子以上に親子じゃありませんかい」という、浅田次郎の「天切り松」のような泣かせる話。

天切り松 闇がたり 1 闇の花道 (集英社文庫)

天切り松 闇がたり 1 闇の花道 (集英社文庫)

(この巻の「百万石の甍」が、そのテーマを扱っている)

そういう意味で、これまで親子だと思って暮らしてきた人のつながりを重視し、そちらで育つという判断があっても、別におかしかない。

だが、自分の意見としては、仮にそうであったとしても
「『実の親』はDNAを受け継がせた、結婚期間中の母親の浮気相手。だが、育てるもろもろの権利は、その女性の元夫にある」とすべきで、「父親(親権)は元夫」と定義しちゃーいけないと思うのなりよ。
そういう場合は親権を移動できるような規定を、今後立法でもいてはじめてそうするべきだと思うのどす。

しかし「人類数千年の解決不能の問い」を解決した「DNA鑑定」。その科学の勝利を、あらためて寿ごう。

本日、別のところで、こういうのを紹介させてもらった。
このブログでは何度か紹介済みだが、実物がそのたびにどこかに行って、正式な原文を紹介できなかった(笑)。今回は孫引きできる。

http://ameblo.jp/gallina50/entry-11469186127.html

“主要な抵抗は、消極的な形で現われた。
教会に避雷針を立てることには気まずい消極性が示されたのである
それは信仰の不足、あるいはもっと悪いことに、無神論を後援するように見える科学への全幅の信頼を示すように思えたのだ。
だが、避雷針を立てるのを拒否した結果は、忍びがたいことになった。教会の尖塔は依然として町じゅうの最高の建物であり、その後も落雷が続いた。
避雷針で保護されない町の教会には落雷があるのに、町の女郎屋は避雷針で保護されていれば落雷がないということは、誰の目にもあまりにもあきらかだった
〜(中略)〜
私の読んだ話によれば、なかでも飛切りの出来事がイタリアのブレシャという都市でおこった。
この都市の聖ナザロ教会は避雷針で保護されていなかったが、その神聖さに包まれた住民は非常な確信を持っていたために、そのドームが考えうる最も安全な場所と思い込んで、そこに100トンもの火薬を貯蔵したのである
ところが、1767年、教会に雷が落ち、火薬は大爆発をおこして、都市の六分の一を吹きとばし、3000人を殺した。
これでたくさんだった。避雷針が勝ち、迷信は降伏した。”
(略)
“一年の間に落雷で死ぬ者の数は、飢饉や戦争や疫病で死ぬ数にくらべて微々たるものだったから、雷に対する勝利はある意味ではたいしたものではなかったけれども、それは決定的だった。
この瞬間から、迷信の勢力はもっぱら撤収作戦を行なうばかりで、大会戦に勝ったことは一度もないのである。

以下、進化論や無痛分娩などで、迷信が科学に駆逐されるさまを、アシモフは躍るような筆致で描いている。

そして
「たとえDNAの結果がどうであろうと、俺の子は俺の子だ!」なんてえのは、「避雷針などなくても、神の前に正しければ落雷などない」「人間がサルの子孫なんてゆるせない」と同じカテゴリーと思っていい。(繰り返すが「俺の子ではないが、これまでの生活の積み重ねがあるので、今後も保護していきたい」という「義父」「養子」的な考え方は考え方でアリですよ?あらためて立法すべきと思うけど)


今回の裁判・判決はある意味、大岡越前にささげられるべきだ。
(フィクションながら)あまりに有名なあの「大岡裁き」、それは当時としては見事で、人情にも則していたろうが、種痘や進化論のように、科学が、その「大岡裁き」をいまや不要にしてくれたのです。
蘭学を大幅に取り入れる道を開いた徳川吉宗の使えた大岡越前なら、この科学の勝利を、喜びとともに天上から見守ってくれるだろう。


いつも、こういうときはこの歌を思い出す。
科学と 知性と 進歩と 啓蒙の側に立って、因習や迷信に対峙するものにとっては一番の応援歌だ。

光が射す未来へ 手を伸ばせば つかめる未知なる世界を
境界線などない 飛び続けろ 遠く遠く Dive in the Sky
 
光が向かう場所へ羽ばたくだろう 大地をいま強く蹴って
果てなき夢を乗せた フロンティアへ 高く高く舞い上がれ

まあ、今回の判決がどうであろうとも、「DNA鑑定によって親子関係が確定する」という事実を後戻りさせることはできない。より多くの人が、その恩恵に浴していくだろう。それは種痘やワクチンがそうであったように。


だけどDNA鑑定には、なぜかこんなに抵抗が。なぜかなあ(笑)?

AERAの…2014年1月27号より。

女性に、抵抗があるひとが多いようす。(といっても、正式な世論調査ではたぶんなくて、読者アンケートだったかも?ならば統計的な意味はほぼ無いだろう。)


コラムニストの北原みのりさんは、さらに厳しい。
「血縁や遺伝子にこだわる日本では、DNA鑑定で問われるのは女性の貞操だけ。男性が仕事ばかりで家族と過ごしてきた時間が短ければ、子どもから尊敬されず、家族の行事では仲間はずれになるのは当然。父になれないのは自業自得です」

この話、何度も書いてきました。関連記事

■親子(父子)の関係証明にDNA鑑定が義務付けられたら?−−科学が政治の上に立つ刻
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20081124/p8
■科学の進歩は人間の幸福! 例えばわが子は妻の不倫の子で、実子では無いとすぐ分かる!!(うーむ…)※「特上カバチ!!」より -
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20110429/p6
■「分からない」が前提のものが「分かる」ようになった時・・・…出生前診断の重さと難しさ
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20120907/p5
■本日上映開始「そして父になる」。だけど…DNA鑑定を義務付ければ、こんな”事故”はなくなるよね。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130928/p3
■「婚外子」裁判から大屋雄裕氏が語る、結婚制度のそもそも
http://togetter.com/li/562424
■ 「子供は本当にその父親の子か」、外からじゃ分からなかった時代が数千年。「分かる」時代の法制度とは…
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20131225/p4

「親子関係DNA裁判」判決の日、「特上カバチ!」26巻を再紹介します

特上カバチ!!-カバチタレ!2-(26) (モーニング KC)

特上カバチ!!-カバチタレ!2-(26) (モーニング KC)

本木幸治は親子三人、家族で仲睦まじく暮らしていた。ある日、妻の昔の携帯 から、結婚直前の妻の浮気メールを発見した幸治。最愛の息子、翔太は本当に 自分の子供なのか。深まる疑惑で夜も眠れず、仕事も手につかなくなった幸治 は、田村に相談をもちかける。裁判で親子関係を争う前に、DNA鑑定を受けるこ とになるのだが、その結果が本木家をさらに追い込んでいく!!




その結末は、なかなか興味深いのですが、やはりあらためて再論。
「今は、たった3万円でDNA鑑定ができる。親子関係の有無が科学的に照明されるんやで」という世の中… それはやっぱり、科学が、社会を進歩させてくれたと、笑顔で祝福すべきものなのではないでしょうか。


この進歩は、男性の敵でも女性の敵でもない。強いて言うなら「嘘の敵」であり「真実の友」。さらに強いて言うなら、紛争の中でDNA鑑定を「拒否できる」制度こそが敵、なのでありましょう。

関連記事

■親子(父子)の関係証明にDNA鑑定が義務付けられたら?−−科学が政治の上に立つ刻
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20081124/p8
■科学の進歩は人間の幸福! 例えばわが子は妻の不倫の子で、実子では無いとすぐ分かる!!(うーむ…)※「特上カバチ!!」より -
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20110429/p6
■「分からない」が前提のものが「分かる」ようになった時・・・…出生前診断の重さと難しさ
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20120907/p5
■本日上映開始「そして父になる」。だけど…DNA鑑定を義務付ければ、こんな”事故”はなくなるよね。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130928/p3
■「婚外子」裁判から大屋雄裕氏が語る、結婚制度のそもそも
http://togetter.com/li/562424
■ 「子供は本当にその父親の子か」、外からじゃ分からなかった時代が数千年。「分かる」時代の法制度とは…
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20131225/p4

2014年上半期は、個性的人物が多数(過剰)。これ「キセキの世代」すぎだろ…(久田将義×プチ鹿島)

久田将義責任編集 ニコ生タックルズマガジン
[ニコ生タックルズ放送まとめ!]【前編】久田将義×プチ鹿島がメッタ斬り!【2014年上半期ニュース総決算】こんなに濃い上半期はあっただろうか?!【2014年7月03日放送】

前後半
http://ch.nicovideo.jp/hisada/blomaga/ar576934
http://ch.nicovideo.jp/hisada/blomaga/ar577044


たんにトークイベントをテキスト化したものだけど、非常にわかりやすく2014年上半期をまとめていて、一読をおススメしたい。
しかし「キセキの世代」って元ネタ実はよくわからないけど、もうだれかが敷衍して指した「2014年上半期に日本に登場した怪人物群」のこと、と定義しなおしていいのではないか(笑)。

「彼」が遂に沈黙を破った!木村浩一郎が衝撃証言続々。「リングスの僕の試合は全部…」「前田日明さんとのエキシは実は…」「安生さんの実力?それは…」/本日UFCのFOX中継

NHBニュースリンク用 日付部分をクリックしてください