INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

本日(12月7日)、安生洋二のヒクソン道場破り失敗から25周年。

f:id:gryphon:20191207094536j:plain
安生の道場破り失敗を伝える週プロ
ヒットマン、失神
道場破り、失敗
ヒクソン、強し!

そう、当時の週プロは表紙で伝えている。



blog.livedoor.jp


安生洋二道場破り事件の真相~安生VSヒクソン

1994年12月7日、プロレスラー・安生洋二ロスアンゼルスヒクソン・グレイシーが師範を務めていたグレイシー柔術の道場へ赴くも生憎、ヒクソン・グレイシーは外出中。この頃、プロ格闘技界ではUWFインターナショナルの高田延彦ヒクソン・グレイシーとの対戦が熱望されるも対戦は何度も暗礁に乗り上げていた。

この頃、スポーツ紙や週刊誌では高田延彦の挑戦をヒクソンがギャラを上げようとして逃げ回っている等の風聞も報道され‥(後略)
blog.livedoor.jp


そういえば、25年経ったいまも、まだ一般にはビデオ撮影されていたこのファイトの動画は出回っていない。
子の道場マッチでもし安生が勝っていたら?という想像もしてみるが、その場合、どんな世界が来たのかは筆者の想像に少し余ることだけは確認できた。


そしてすべては、もはや歴史である。

最強伝説 ヒクソン・グレイシー (洋泉社MOOK)

最強伝説 ヒクソン・グレイシー (洋泉社MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2013/11/05
  • メディア: ムック

ヒクソン・グレイシー 無敗の法則

ヒクソン・グレイシー 無敗の法則

ニコラス・ぺタスがBSトウェルビの「BOOKSTAND」出演(7日午前2時半から)

つまり、間もなく放送である

【BS×BS】青い目のサムライ、ニコラス・ペタスが語る若き日の壮絶な空手修行!
【オンダナ】神戸出身の4人組ロックバンド・The Songbardsの松原有志がおススメの書籍を紹介!!

出演:水道橋博士、原カントくん、ニコラス・ペタス、松原有志(The Songbards)

www.twellv.co.jp

水道橋博士は「腰痛」によって、やりたいことや、やれることがどうしても制限せざるを得ない状況になっていると思うけど、こういう番組なら腰への負担はそうでもないのかな。

さあみんなー、RIZINの『K-1挑発劇場』はーじまーるよー



復活!!『バララッパ』!!!

朝倉海はマネル・ケイブと大晦日に再戦。

gonkaku.jp

これについて思うこと……やっぱり超ホンネとしては、がっかりこん。
別に悪いカードじゃない。RIZINナンバーシリーズで行われていれば、それなりに納得しただろう。
1-2のスプリットデシジョン判定だったが、負けてないと言い張り挑発する小うるさい輩がいる。じゃあ、勝ってはいるけど再戦してやるよ。今度は気絶させるからな…。挑戦者は、おお上等だ、俺は、UFC帰りの水垣だってKOしたんだぞ…。
悪くは無いんだよ。だが、その前に予定されてたのが「世紀のリターンマッチ vs堀口恭司」だったことを考えると。大晦日スペシャル感を考えると、やっぱりなあ。
ベラトールとの対抗戦とか、石原夜叉坊電撃参戦とかそのへんを期待してたよ。


でも、逆に言うと今回は本当に、朝倉海は完勝しないといけないよね。vs佐々木憂流迦は「以前に対戦が決まってた」、vsケイブは「前の対決時の判定に不満」と直接、彼との因縁がある形での対戦となるけど、朝倉海個人を離れて、「堀口恭司がKOで敗れ、その後長期欠場しているRIZINバンタム級」全体の流れでいうと、vs堀口挑戦権を決める「見えないトーナメント」を勝ち進んだ扇久保と石渡が大晦日で対戦、その勝者と朝倉が……と続かざるを得ないところだった。
ここでマネルケイブが勝っちゃうと、そのへんお序列がまたもぐちゃぐちゃになるんだよ(笑)
それはそれで面白いのだけど、でもさすがに余り混沌とすると「看板」にはならぬ。今回だけはスムーズに、ごね得挑戦権の相手をKOし、堀口復帰まで因縁を繋げていてほしい。

「ルールを作れば、技術が(勝手に)生まれる」か「技術を継承する」か?興味深い対談あり

ことし4月の記事だが、読み逃したか、読んでも本質がつかめなかったか…どっちにせよ、だれかがツイートかなんかして浮上し、偶然目にしたのだが、このへんの話がじつにこう、考えさせられた。
Dropkickの記事である。

ch.nicovideo.jp


中井  でも、ボクからするとスネークピットジャパンって、教わった技術を継承しようとしていることが逆に凄いと映っているんですよ。ボクらはなんとなく競技のルールを作っていけば、それに合わせてみんな練習するから、それでうまくなるんじゃないかという考え方なんですよね。

鈴木 競技ありきということですね。

中井  そう。「こういうルールです!」という競技を作って練習をスタートすれば、みんな技術が備わっていくという発想なんです。これはおそらく佐山聡先生の感覚だと思うんですけど、その血がボクには流れていて、柔術でもなんでも競技化してしまえば、それに合わせてみんな練習するだろうと。だから、自分のことを客観的に見ると、技術の伝承にはあまり重きを置いてない感じがしますね。

――技術の伝承より、競技化して強さを目指す。

中井  いや、もちろん技術そのものを教えることもできますよ。でも、選手は一人ひとり違うし、「その競技で勝利をつかめる自分を作ればいいんだ」という自分を、どうしても拭い去れないんですよね。だから「中井祐樹の技術を受け継いでいるのは誰だ?」みたいな話になったときに、それはみんなそれぞれ違うからなあ……みたいな。

――技術を伝承するってけっこう難しいことなんですね。

中井  でも、以前宮戸さんと手を合わさせてもらったときに感じたのは、やっぱりとても技術が精妙で、おそらくロビンソン先生に教わったことをそのままやっているんじゃないか……と感じました。だから、これは鈴木さんにも言ったんですけど、技術を継承するならキャッチ・アズ・キャッチ・キャンの大会をやればというようなことを……それも大それたことなので、あんまり言っちゃいけないなと反省もしたんですが(笑)。

わかりる???
わかりる???

すごいこと言ってるのよ、これ。
つまりだ、選手二人でとっくみあって、抑え込むなり、関節を決めて参ったさせるなり…、その関節も足関節を極めていい、いやそれは禁止だ、いっそ馬乗りから殴ってもいいぞ、いやいやむしろ、足の裏以外が一瞬でもついたら負け、土俵の外に出されたら負け…

こんなルールを決める。やりたいひと集める。やらせる……と、自然にそのルールで勝てるように、複雑微妙に道着を持って足をかけて転がすような、そんな技術が生まれていく、と。


その一方で、別の流派は、「この腕を持って、こっちはこうして、これに体重をかけて…」みたいな技のやり方をまず教えていく。それを優先する。選手たちも、まずそのように動いて、その技をやろう、ということに集中する。


これが流れ流れて、時間を経ると、その行きつく先は、大いに変わる…んじゃないかな。


この前の記事を思い出そう。有名柔術コーチが語った嘉納治五郎論。結果的に骨法・堀辺正史氏のいうことと同じになったが、それはそれとして正しい。

m-dojo.hatenadiary.com
「…彼(嘉納治五郎)は、近代のマーシャルアーツトレーニングにおける、もっとも偉大な叡智をもたらした人物でもある」

――もっとも偉大な叡智?

マーシャルアーツの価値を決めるのは個々の技術ではなく、トレーニングシステムだということだ。そして彼はそのトレーニングシステムを導入した。ランドリだ。そのことによって、コンバットスポーツ(格闘競技)と伝統的武道(トラッディショナルマーシャルアーツ)の違いが生み出されることとなった。文字通りの形で、だ。
そしてこのコンバットスポーツこそが、現代のマーシャルアーツにおける大いなる革新をもたらしたんだよ」

その骨法でも、話があったじゃん。MMAの衝撃を受けて模索しているうちに、矢野卓見がさまざまな技を編み出し、強くなっていった。
だけど、そうやって強くなったはいいけど、それは堀辺氏が頭の中で描いた「骨法の戦い方」とは違っていた。だけど、稽古、実戦形式のスパーリングをしたら、その「堀辺正史の机上の理想」より「矢野卓見の路上…じゃないな、稽古場の現実」のほうが上回る、と…

ch.nicovideo.jp

――矢野さんはそういった研究が骨法では許されなかったと言われてるんですよね。
北條 ボクらは先生の指導を忠実に守って練習してたんですよね。でも、矢野さんがインタビューで言ってたじゃないですか。それより自分が教えたほうが強くなれる、と。でも、なんというんですかね、ボクは先生に指導されて強くなりたかったというか……ただ強くなりたいというよりは先生に教わって強くなりたかったんですね。たしかにあの当時は柔術をやったほうがよかったかもしれないですけど。


おそらく、大局的にみれば、ランドリシステム…中井氏がいうような、ルールを作って、その中で競っていくうちに強さもセオリーも生まれてくるほうが優位になるとはと思う。ただ、そこに、「教わったことを守り続ける」人達が、ときおりエッセンスを加えることで、進歩していくのもまた事実なんじゃないか?と思う。それはあくまでもエッセンス、従に過ぎないのかもしれないけど。


まあ、どっちにしたって熱心に練習していれば、強くなることは間違いない。
いいところがそれぞれに残り、そしてのちに、時々に混ざり合えばいいのだろう


しかし、机上でそんな話を聞くことがメインで好きなだけというこちらにも、何かふかあく考えさせるものがあったのだよ。

中井祐樹の新バイタル柔術

中井祐樹の新バイタル柔術

  • 作者:中井 祐樹
  • 出版社/メーカー: 株式会社 日貿出版社
  • 発売日: 2018/11/02
  • メディア: 単行本

希望の格闘技

希望の格闘技

「ゴング格闘技」最新号発売。当然ながら「朝倉兄弟」が表紙

GONG(ゴング)格闘技 2020年1月号

GONG(ゴング)格闘技 2020年1月号

ゴング格闘技』2020年1月号(NO.305)

【12.31 RIZIN

朝倉 海
「“トップを目指したい"思いと
RIZINを盛り上げたい"葛藤があります」

那須川天心と振り返る大晦日
そして2019年大晦日のその先――
「あの挑戦がなければ今の僕はなかった」

石渡伸太郎が11月17日に語っていたこと

扇久保博正が11月17日に語っていたこと

佐々木憂流迦
「諦めたら終わり。借りを返さなきゃいけない」

強さの萌芽
浜崎朱加とハム・ソヒ
3度目の邂逅までの、10年の物語

ハム・ソヒ
「浜崎さんも自分も満足できる試合がしたい」

あい、大晦日覚醒のとき

RIZIN World GP 2019
ライト級トーナメント展望


【12・29 Bellator JAPAN】

マイケル・チャンドラー
「今回の大会後、サカキバラさんとお話がしたいんだ」

ベンソン・ヘンダーソン
「ベラトール王座を取った後、日本でRIZIN王者を倒すんだ」

Fighter? YouTuber?
朝倉未来
Bellator対抗戦で大将出陣
「いつ終わるか分からない緊張感を楽しんでもらいたい」

渡辺華奈×青野ひかる
アスリートコンビが師走の大一番

“俺がRIZINウェルター級"
中村K太郎
RIZINのリングを世界中から僕の首を狩りに強豪が集まるようなリングに」

Bellatorとの対抗戦に抜擢
元谷友貴
「自分自身の変化を求めて、このままじゃ勝てない」

DAZN Bellator中継解説
水垣偉弥に聞く
BellatorvsRIZIN対抗戦の見所

ライター厳選
「私の思ひ出の大晦日ベストバウト」
茂田浩司/高崎計三/高島 学/長谷川 亮/藤村幸代/布施鋼治/堀内 勇/松井孝夫/安村 発/熊久保英幸/松山 郷

年末格闘技イベントGUIDE

ジ・アウトサイダー卒業生の活躍が
目立ってきた今こそ聞きたい
前田日明が見てきた朝倉兄弟


K-1

[12・28名古屋 K-1 WORLD GP 2019 JAPAN]
大宮司進×KANA
「KANA、俺の想定を越えろ!」

[12・28名古屋 K-1 WORLD GP 2019 JAPAN]
新旧スーパー・ライト級王者は旧知の仲
安保瑠輝也×野杁正明

[12・15 K-1 KRUSH FIGHT.109]
レオナ・ペタス×加藤虎於奈
「2人でベルト4本、独占します!」


[12・3 GROUND ZERO TOKYO 2019]
大野克人×海人×大野克真
家族で作り上げた“SBの最高傑作"
「家族がいたからこそ強くなれた。そして今の自分がいる」


【格闘技を語る】

第一部:飯村健一&青木真也
「散打とサイドキック、アジアの女子MMA

第二部:ヒデ三好
レスリングとベン・アスクレン論、MMAの階級」

第三部:鈴木秀明
首相撲、女子ムエタイ、そしてONEムエタイ

第四部:新明佑介&澤田伸大
「スイープ&リバーサル、マウント、柔術愛」

ジョシュア・パシオ、23歳。MMA歴10年
シンクロするONE世界ストロー級
チャンピオンとチーム・ラカイの軌跡

大沢ケンジ非公認ONEランキング
から見る、ストロー級戦線


【格闘技を読む】

進撃の巨人』×ONEフライ級GP王者
諫山 創×デミトリウス・ジョンソン
「既成概念を脱すること」

『創世のタイガ』
森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕
「ヒロイン」ぱんちゃんと「超人」千裕が、
東京ドームに連れていってくれます!

吉田 豪「新・書評の星座」

新極真会「第12回オープントーナメント全世界空手道選手権大会」

【OVERSEAS】

MUAYTHAI INSIDE
意外とその実態は知られていない
ムエタイの「賭け」とは何か?
Bimonthly MMA Summary

Simplified Chart 2カ月間★早見表★

ザ・格闘家
アントニオ・マッキー&ハイム・ゴザリ

Extra Round

読者プレゼント

次号告知

まだ未見だけど、森恒二と諌山創という総合格闘技好き漫画家がW出演か。遠藤浩輝相原コージ両氏も登場してほしかったが、ローテーション的なものを組んでもらえるならそれもよし。他にも、何人かいたような気もするが…

宇野薫、44歳にして修斗メインイベントを務める

abema.tv

この試合がメインだった11月24日の大会(告知し忘れちゃった)は、あと4日見逃し配信をやってます。
abema.tv



見た感想は…ドイツの修斗王者、というのが、やはりどれぐらいの選手層だろうか、という話があるのだけど、チョークを巡る攻防、バックマウントをめぐる駆け引きはなかなかに見ごたえがあった。フィニッシュも、ちょっと面白い入り方だったし。

ただ、40代…というか、高齢になってからのファイターは、けっきょく平均化も画一化もできなくはあるけど、おしなべてやはり動体視力が衰え、そしてダメージの蓄積があるのか、以前ならKOされなかったような打撃をくらい沈むような場面が多い。
それはちょっとハラハラするが……


同じぐらいのキャリアを持った40代同士でのレジェンドマッチや、今回のように相手の方のキャリアや戦う環境が段違いな相手と闘えば、試合は成立はする。
その上で、医学的な注意をしていくしかないのだろう。


そんな中で、49歳の高阪剛がまた出陣する。
RIZINで戦ったあと、今度はHEATでのオファーがあったようだ。

yunta.hatenablog.com

……高阪剛は1970年生まれの49歳。来年3月に50歳となる。今月17日にはDEEP&PANCRASE大阪大会で同い年の中尾受太郎がプロ4戦目の嶋田伊吹に負傷TKO負け。試合後、セコンドの中蔵は……と、事実上の引退勧告を…
一方で、1968年生まれの大石真丈は3月のARZALET.5で一本勝ちし、45歳以降の戦績を5勝2敗とした。また、女子では1967年生まれの玉田育子が今年DEEP JEWELSで(いずれもデビュー直後の選手が相手だが)2連勝……