INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

たとえば、K党などの問題点~そもそも党首選が実質上まともに行われぬ党は、それ自体信用に足らぬ。

早いもんでJ党、いや自民党の総裁選はあす投票である。

 自民党総裁選は29日に投開票される。4氏が争う混戦で、2012年以来5回目の決選投票にもつれる公算が大きくなっている。

 派閥としての対応を決めていない竹下派(51人)は27日、会合を開催。同派会長代行の茂木敏充外相が、派内では岸田文雄政調会長の支持が多いことを報告した。同派は決選投票で…


digital.asahi.com

そんだから、その投票日前に、そして国政選挙(衆院選)が実質行われる前に言っておくけど。

今回の総裁選、討論会とか出馬会見とか、そのへんを直接見ることは時間も興味も足らなくて殆どなかったんだけど、それなりに自民党らしく泥仕合があったり、各候補者の欠点や思慮不足が明らかになる失言や極端な主張も、さまざまにあったと報じられる。
そしてまた、天下国家、国益や市民の利益をわきにおいた合従連衡や義理絡み利益絡みの駆け引き、そういったものも見て取れる。


こういった、民心からかけ離れた実に不見識な発言も…



しかし、そんなしょうもない党首選でも、まともに党首選を行うことない政党、
民意や党員の意志のありかを、投票という形で示してもらい、それに従ってトップが選ばれるということを(形式上はそれをあれやこれや正当化する理屈を並べても)やっていない政党よりは、そりゃまだマシだろうて。

そういう政党は、どれだけ歴史、伝統を自画自賛しようが、実際に長年国会や地方議会に勢力を築こうが、国民の大多数が、心から信を置けるかというと、実際のところ、そうはならぬのではないか。


あまりにも、凡庸な結論(みんなが感じる当たり前の議論)すぎて、ちょっと書くまでもないかと思ったが、やはり一応かいておこうと思った。


つまり「K党」…、公明党のような政党の持つ問題点である。

「屋台骨揺らぐ」と世代交代進まぬ公明、山口氏7選有力

2020年7月29日 5時00分

 任期満了に伴う公明党代表選を9月に控え、山口那津男代表(68)の7選が有力視されている。衆院解散の可能性が取り沙汰されるなか、「党の顔」は代えられないとの見方が多いからだ。ただ、国政選挙の得票数は減少傾向で、世代交代が進まない現状に不満の声も出始めている。

 公明党が9月27日に開く2年に1度……


ここで同党を例に挙げたのは、国会に議席を持つ政党の中で、上に挙げた問題を抱える中での最大議席の政党なので、あくまでも「代表」として挙げさせていただいただけで他意はない。表題にも「たとえば」とうたってあるし。
もっと少数議席の政党にも、同種の問題を抱える政党もあるやに聞くが、それは基本、同じ批判が通用すると思うので、各自思い浮かべていただければよいと思う(笑)。