【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

日本のワクチン接種率急増を論じる英文記事(THE DIPLOMAT,鈴木一人氏が紹介)


前半をグーグル翻訳すると…

日本のCOVID-19ワクチン接種ドライブの成功はグローバルリーダーシップの機会です

東京はCOVID-19の急増と戦っていますが、当初はゆっくりとした予防接種キャンペーンも急増しています。
ジェームス・ギャノンと和代加藤



夏の静かな驚きの1つは、日本が世界で最も効果的なCOVID-19ワクチン接種プログラムの1つを実施していることです。日本の医師は、この1か月間、他のどの主要先進国よりも速い速度で武​​器を撃ちました。結果として、日本の人口の完全にワクチン接種された割合は、9月中旬までに米国のそれを上回るはずです。

はい、日本はCOVID-19症例の史上最大の急増と戦っており、毎日20,000件以上の新規感染があります。ワクチンの展開も痛々しいほど遅かった。6月の初め、東京2020オリンピックが迫っており、日本の人口のわずか3パーセントが完全にワクチン接種されていました。Modernaワクチンを接種した後に2人が死亡した場合も、ワクチン接種に対する懸念が高まりました。

しかし、日本の医師は夏のほとんどを通して1日100万回以上の投与を行いました。8月末までに、人口の45%が2回の接種を受け、数週間以内に、日本は、現在人口の約52%に完全にワクチン接種している米国を通過する可能性があります。日本の高齢者の90%近くが完全にワクチン接種されており、はるかに早くキャンペーンを開始した多くの国よりも多くなっています。

多分これは驚くべきことではありません。多くの日本人がパンデミックに対する政府の国内対応に不満を持っているにもかかわらず、日本は一貫して他のほとんどの豊かな国よりもはるかに優れたCOVID-19の仕事をしてきました。これまでのところ、死亡者数は16,000人未満であり、G7諸国の中で最も低く、G7パートナーの一人当たりの死亡者数のほぼ14分の1です。

しかし、迫り来る疑問の1つは、日本がこの国内での成功を基に、グローバルなCOVID-19キャンペーンにより多くのリーダーシップを発揮できるかどうかということです。パンデミックが世界中のどこにでも制御不能に広がることが許される期間が長ければ長いほど、デルタよりもさらに危険な亜種が出現し、日本などを脅かす可能性が高くなることは明らか…(後略)



thediplomat.com