INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

佐高信氏「言論人は法廷でなく『言論』で戦え!」と、植村隆氏を批判……え?彼じゃなくて佐藤優氏??

なんか、そう言ってる。見出しに取られている。

www.zaiten.co.jp
佐高信「言論人なら法廷でなく『言論』で戦え!」

この特集の一環。
www.zaiten.co.jp


ここでも語っているな。公式のコメント

今回の訴えに対し佐高氏は「言論人が裁判に訴えるということは言論での敗北を認めること。言論人失格である。すべての著作を絶版にしろと言いたい」とコメント。
weekly-economist.mainichi.jp


もう一回かくほどのものでもないので、関連ツイート収録

端的に言って佐藤は毒をもっている。それは薬になる毒であり、毒にも薬にもならない輩が、薄っぺらなレッテルを貼って佐藤を非難するのは、私に言わせれば、ちゃんちゃらおかしい。
diamond.jp

だまされちゃってたの? このとき??

「私は二冊も佐藤と共著を出した責任​を感じて、ここで佐藤批判を、特に佐藤ファンの読者に届けたい。」

パロるなら
【二冊も共著を出して、「責任を感じてここで佐藤批判を届けたい」はないでしょう、ですよ。】となる



佐高氏はついでながら、佐藤優とくっついたり離れたりをすると同時に、連動して鈴木宗男氏とも過去にくっつき今は離れている(今月の「創」コラムも鈴木宗男批判)
だが、これ…タイトルだけで失笑。
diamond.jp

創コラムでは「一度は気づいたのである」「先祖返りした」「私と離れて、鈴木は彼らのところに戻ったということだろう」とか言ってるが、その冒頭で「人間の品性とか気質は簡単には変わらない」とおっしゃる。なら、民主党政権と鈴木が近かったころに、その「本質」とやらに気付けや。
著作タイトル「だまされることの責任」のむなしさ。



 元慰安婦の証言を伝える記事を「捏造(ねつぞう)」と記述されて名誉を傷つけられたとして、元朝日新聞記者で「週刊金曜日」発行人兼社長の植村隆氏がジャーナリストの櫻井よしこ氏と出版3社に計1650万円の損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁第二小法廷(菅野(かんの)博之裁判長)は植村氏の上告を退けた。請求を棄却した一、二審判決が確定した。18日付の決定。
www.asahi.com

報告集会は午後6時半から「かでる2・7」大会議室で開かれた。会場は220人の参加者で満員。東京からは共同代表の香山リカさんと崔善愛さんもかけつけた。植村さんのあいさつの後、札幌と東京の弁護団からの報告、佐高信さんの講演「櫻井よしこは何者か」
sasaerukai.blogspot.com


こういう講演をしながら、内心では「言論人は法廷でなく『言論』で戦え!」「言論人が裁判に訴えるということは言論での敗北を認めること。言論人失格」と内心でウエムラ氏をケーベツしてた、と思うと胸熱ですな。…え、そんなことは思ってない???しかし、今回発した言葉を、整合性を踏まえて敷衍させていけば、そう「忖度」しても問題ないっしょ?……え、彼の言葉に「整合性」求めちゃだめって言われても……


とはいえ佐高信氏が、あっちで言ったこととこっちで言ったことの整合性がとれなくなるのは通常の風景で、上の話も佐藤氏を佐高氏が批判しているひとつである「マルクス竹中平蔵の両方を評価」の10万倍は矛盾している。まあ、単に忘れてるだけの可能性も高し。


そういえばこのブログは「佐高信」のカテゴリタグを作っていたのだが、久々の更新と相成りました。
m-dojo.hatenadiary.com