INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「あのアカウント」に閲覧制限をさせたのは『脅迫めいたメール』の力だった~赤報隊事件の日の記事。

……昭和62年に兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局に散弾銃を持った男が押し入り、記者2人が殺傷された事件から3日で34年となり、支局に知人や地元の人たちが訪れ、亡くなった記者を追悼しています。
昭和62年5月3日、西宮市の朝日新聞阪神支局に散弾銃を持った男が押し入って発砲し、当時29歳だった小尻知博記者が殺害され、別の記者1人も重傷を負いました。

www3.nhk.or.jp

あらためて、犠牲者の冥福と犯人の逮捕、つまり事件の解決を祈ります。


その5月3日夕方にネットにアップされた朝日の企画記事。この企画はまさに事件を受けて始まったもので「みる きく はなす」と言う名で続き、一部は単行本になっている。
ただ、自分は読み続けて、その”角度の付け方”に違和感を持つ切り口も毎年多い。

今回の話は、

第5回

「井戸に毒」投稿者に2度問うた 虐殺の現場訪ねた記者
2021年5月3日 17時00分

 目の前の電線が、左右に大きく揺れていた。

 2月13日午後11時すぎ、東京都内の住宅街。下水道工事の現場で作業していた男性(34)は休憩中、福島県沖を震源とする最大震度6強地震に気付いた。缶コーヒーを片手に、右手のスマホツイッターを開き、指を滑らせた。

 「BLMが井戸に毒を投げ込んでる!!!!!」

 システムエンジニアの20代男性は、横浜市の友人宅でゲーム中に揺れを感じた。スマホを見るとこのツイートがあった。黒人差別反対を示すBLM(ブラック・ライブズ・マター)から変え、自分も投稿した。

 「バイデンが福島の井戸に毒を投げ込んでるのを友達が見ました!」

 最初のツイートから2分後だった。

 「井戸に毒」という投稿は、翌日までに少なくとも約3万件になった・・・・・・(略)

www.asahi.com

要はこの話


togetter.com
togetter.com
togetter.com


ときに、記事に出てきた津田大介氏は、上まとめに収録されたやりとりのなかで、以下のように表明しているな


実は自分がこの話題で連想したのは、その朝日新聞の「天声人語(深代淳郎)『ゴルフ庁』スクープ事件」だった。

……昭和48年10月の『天声人語』では「大きな声ではいえないが、ふとしたことで盗聴テープが筆者の手に入った」という書き出しでこんな閣議の模様を描いている。
 低迷する田中内閣の支持率回復のため「ゴルフ庁を新設してはどうか」という話が出た。参院選前に1000万ともいわれるゴルフ人口を放っておくテはない。
 〈▼「尾崎将司の立候補打診をすべきだ」という人もいた。ゴルフ減税、総理大臣杯などの案が出た。「長官をだれにするかね」「やはりホールインワンの総理兼任でしょう」「いや、本場のイギリスでのスコアがお恥ずかしい」と、首相はめずらしく反省の様子だ▼「石原慎太郎君はどうだ」「彼は飛ばしすぎだ」〉
 読めばすぐ架空の閣議と分かる話なのだが、このコラムは内閣を怒らせ、官房長官から厳重抗議がきた。深代は翌日こう書いた。
 〈政府が迷惑をこうむったというならば、申し訳ないことだが、冗談が事実無根であることを確認するには、やはり「あの冗談は冗談でした」というほかはない

jukuhinokuruma.blogspot.com

さらにいえばその後、韓国内でこんなスローガンが生まれ、思想的にはさらに迷走しかねない状況に…
bunshun.jp
togetter.com


まあ、内容についての議論はここで止める。なぜなら以降は、内容に関係無くなる話だからだ。


……『「バイデンが福島の井戸に毒」と投稿したのは、京都大学出身のシステムエンジニアの20代男性だった』そうだ。

残念ながら、アカウント名がクオリティペーパーの紙面を飾ることは無かった。なんというアカウント名だったんだろうね

それはともかく、このツイートは、まもなく一般の人は見られなくなった。…なぜか?

記事内に、さらっと触れられていた。

見知らぬ人物から脅迫めいたメッセージも届いた。怖くなり、アカウントに閲覧制限をかけた

あたくしが、記事につけたブクマ。※最初のもの。いまはこのブログ記事へのリンクに差し替えています

ん?「知らぬ人物から脅迫めいたメッセージも届いた。怖くなり…」とあるんだが…。内容がどんなひどくても、脅迫による恐怖によって封殺されたなら、その「脅迫めいたメッセージ」こそが赤報隊的なものじゃないか?
https://b.hatena.ne.jp/entry/4702107661565109154/comment/gryphon

f:id:gryphon:20210504084339p:plain
パロディ「やはり脅迫」「脅迫はすべてを解決する」

天下の諤々、君の一撃に如かず。
これがこの記事のサムネイルになるのもあれだけど。


・・・・・・・・・・・・・・・・という話にならないか?


付録 同事件に絡んだ、朝日社説

(社説)支局襲撃34年 SNSを凶器にしない

2021年5月2日 5時00分

 兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局が銃撃され、記者1人が死亡、1人が重傷を負った事件から、あすで34年になる。関連・類似事件を含む計8件の警察庁指定116号事件は、未解決のまま03年に時効が成立した。

 暴力で言論を封殺しようとする、民主主義への重大な挑戦だった。卑劣な行為にひるむことなく、報道の使命を果たしていくことを改めて誓う。

 犯行声明を出した「赤報隊」は、朝日新聞を「反日」と批判した。そして今、ネット上には「反日サヨク」「非国民」といった言葉があふれる。標的にされるのは、広く社会・労働運動に取り組んだり、政権に批判的な発言をしたりする人たちだ。

 昨年6月、弁護士やジャーナリストらが中心となって「SNSOS」というグループをつくった。SNSを使った誹謗(ひぼう)中傷や悪意ある攻撃に対抗し、被害者を支え、泣き寝入りしない・させないことをめざす。コロナ禍で活動に制約はあるが、これまでに寄せられた相談を見るだけでも事態は深刻だ。

 性差別むき出しの罵声を浴びせる。労働組合に「反社会的勢力」とレッテルを貼る。人権活動に尽力している弁護士を懲戒するよう扇動する――。

 こうした事実に基づかない批判や憎悪をあおる行いは、自由な発信を妨げ、社会を萎縮させる。国や政治家の行いをチェックする活動を抑え込み、問題を覆い隠して病巣を深くしてしまうことにもつながる。

 賛同人の一人で作家の雨宮処凛(あまみやかりん)さんも「非国民」「日本から出ろ」といった攻撃を受けた。「物言う女は集団で黙らせるべきだ、それが正義だ、と思っている人々がいる。最初は無視しても、何度も続くと精神的に追い詰められる」と話す。

 日々のくらしに役立つSNSだからこそ、社会全体でその健全な発展を図らねばならない。

 コピーライターの小竹海広(おだけみひろ)さんらは昨秋、この問題で屋外広告を出すことを思いたち、クラウドファンディングで1カ月間で約320万円を集めた。

 「#この指とめよう」が合言葉。SNSの送信ボタンに乗せた指を一瞬止めて考えよう。人を傷つける言葉ではなく、背中を押し、励ます言葉を送ろう。そんなメッセージを東京・渋谷の街頭などに掲げた。運動のさらなる発展をめざす。

 ミャンマーや香港で言論弾圧が続く。歯止めをかけるべく、その様子を世界に伝えてきたスマホも、使い方次第で人を絶望に陥れ、命を奪い、社会を荒廃させる。2人の記者を死傷させたのは散弾銃だった。いま多くの人が親しむSNSを、それと同じ凶器にしてはならない。

www.asahi.com

付録2 「バイデン」とは別の、記事に出てくるtwitterユーザーの、取材を受けての感想

SNSの投稿者は記事内に2人出てくるから、混同しないようにネ

それ以降のツイートも加えたまとめができています
togetter.com


削除はしていなかった、その人のところにも、その人の言によれば「脅迫的なツイート」が来ていた…と書かれている。