INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「戦争は女の顔をしていない」コミカライズ第2巻。読売に書評も

500人以上の従軍女性を取材し、その内容から出版を拒否され続けた、ノーベル文学賞受賞作家の主著。『狼と香辛料小梅けいとによるコミカライズ、第2巻が登場。

ん?アマゾン解説文、あまり気合が入ってねえなあー。

読売の書評

 この漫画からは音が聞こえなかった。もちろん戦場が舞台だから戦車も銃撃も描き込まれている。けれど聞こえないのだ、肉声以外は。
(略)
帰郷した彼女たちは、待っていた女たちから白い目で見られた。身内でさえ従軍の事実はひた隠しにした、妹たちの縁談に障りがあるから。戦下の殺人は、男たちにとっては手柄となったが、女のそれは罪業となる。彼女たちは、戦地で受けた勲章も心の傷もひた隠しにして、日常しか知らない娘に戻ろうと必死で努めた。

 封印された記憶は、しかるべき時と聞き手を得て初めて引き出される。戦後およそ40年、若きアレクシエーヴィチは500人以上に聞き取りを行った。怯おびえる心に寄り添いながら、彼女たちの魂の声に注意深く耳を澄ませた。

 この漫画からは、そんな原作者の意図を継ぐ意志を感じる。原作を恣意しい的に利用するのではなく、ただ「伝える」ことに注力する…


www.yomiuri.co.jp


追記 ブクマで、この書評のURLもお寄せいただいた。
aqm.hatenablog.jp







今回、メインでお伝えしたいのは、自分が「2巻が発売されたことを知らなかった。たまたま書店店頭で知った」ということだった。

うーん、自分は関係者のアカウントは基本フォローしてたはずだし、漫画連載も一応巡回続けている。
なのに、単行本発売情報を知らなかった。
新刊案内が著者ごとに来るサービス…新刊netとか、もっとちゃんと活用しないとだめだな

sinkan.net


この本の2巻発売を知らなかったのが衝撃なのは、以前こういう話を書いたからだ。

m-dojo.hatenadiary.com


最初にこの連載第一回が発表された時は、957ブクマもついた。

だけど、そのうちの何割が、今も連載を読んでいるだろう?
何割が、単行本1巻が出た時買っただろう?
その何割が、今回の2巻を買っただろうか?


そう思うと、連載を続けるというのはタフなことだし、付き合って読み続けるのも、多少の努力が必要なのだろうと思う。いや、知れば皆喜んで読み続けるだろうけど「知らなかった」となりそうなのだ。
そんなことに注意注意。

第一巻と原作