INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

敵味方問わず「強い幹部」一斉集合はジャンプ伝統を感じるなー。本日「鬼滅の刃」柱合会議TV放送。【創作系譜論】

本日全国放送の「柱合会議」の回について フジテレビで。

www.itmedia.co.jp

f:id:gryphon:20201220102733j:plain
鬼滅の刃 柱の集結 柱合会議

柱合会議って禰津子は鬼だけど殺すかどうかをああだこうだと議論する回だっけ?
なんか11月に見た気がするんだけど…と思ったら、要は関東ではなく全国での放送、ということでもあるららしい

…第3弾「那田蜘蛛山編」は関東ローカル放送だったため「その後のストーリーも全国ネットでみたい」という意見が多数寄せられていた。

この機会に、その柱合会議を見た感想を。
ちなみにこの会議は、いろんなものをお勧めするコラになっているのはご存じのとおり。
「柱合会議 おすすめ」でtwitter検索せよ
柱合会議 おすすめ - Twitter Search



本題です 幹部を先に一斉に登場させる…、そのプラスとマイナス。ジャンプの系譜から(観測範囲)

さて、ここからがタイトルの話の本題。

自分はまさに、原作の漫画本はこの柱合会議が終結するぐらいまでを読んでいて、そこから進んでいないんだけど、この「柱」が登場した時に、「なるほどまさにジャンプの王道、四番打者なんだな」という印象を抱きました。
これは肯定的にも否定的にもとれると思うんです。まさにジャンプの王道、という言い方は
「大ヒットしたことに納得できる」その一方で「これまでのジャンプの人気作を越えた、社会現象になる意味がちょっとつかみがたい」という意味でもあるのだから。
しかしそれが自分の偽らざる評価である。
m-dojo.hatenadiary.com
そして後者の疑問は、皆さんと一緒にいろいろ考えるのが楽しい、ということでもある。そういう系統の記事は定期的にはてブでも人気だしね。



で、ジャンプの伝統だ王道だと言っても、自分の観測範囲を超えることはないわけだけど……

f:id:gryphon:20201220105108j:plain
グループが一斉登場したジャンプ作品
f:id:gryphon:20201220105147j:plain
グループが一斉登場したジャンプ作品
f:id:gryphon:20201220105206j:plain
グループが一斉登場したジャンプ作品
f:id:gryphon:20201220105228j:plain
グループが一斉登場したジャンプ作品
f:id:gryphon:20201220105301j:plain
グループが一斉登場したジャンプ作品
f:id:gryphon:20201220105326j:plain
グループが一斉登場したジャンプ作品
f:id:gryphon:20201220105351j:plain
グループが一斉登場したジャンプ作品
f:id:gryphon:20201220105417j:plain
グループが一斉登場したジャンプ作品
f:id:gryphon:20201220135402p:plain
グループが一斉登場したジャンプ作品
f:id:gryphon:20201220135437j:plain
グループが一斉登場したジャンプ作品


張った画像だけでも、いろいろ例外はある(笑)その例外も、貴重な検討材料になる。

でも、まずはこうやって敵の幹部でも味方の幹部でも、強い一団が一斉に登場!!というのは、かなり盛り上がる。ワクワクする。
その一方で、出すほう…作り手側は大変ですよ。まず全キャラクターのデザイン、設定を詰めていかねばいけない。完成させておかねばならない。これだけで大変なんだよね。

それが生んだ悲劇が、
最初のほうに出した、キン肉マンの悪魔超人。その、あいつ。…通称プリプリマン。
最初に決めて、出した。「あ、こいついらねーよな」と気づいた。そいつの登場を、なかったことにした…なんて、普通の漫画家じゃできないよ!!!!!あるいは単行本ではさすがに修正しているよ!!!

dic.nicovideo.jp

xn--nck4eqcb4308dnjuak0r.gamematome.jp

悪魔超人たちはすぐさまファン感謝デーのリングの上でキン肉マンに宣戦布告する

その真ん中にいたお尻の顔が特徴的なのがプリプリマンである。だがこの漫画のためか次の話では何事もなかったかのように、同じくいたミスターアメリカンやアーム・ストロングなどと同じく消えていた。

f:id:gryphon:20200512065948j:plain
キン肉マンに登場?する「プリプリマン」

なお、この正体についてはシルクロードにまたがった神話体系と関連していることを、わたくしはこの前発見いたしました。
m-dojo.hatenadiary.com


ゆでたまご氏は、その後経験を積むにつれこの「あ、やっちゃったなと思った登場人物は無かったことにする」手段だけは無駄に進化させ、「覆面のオーバーマスクは知っているな? それと同じく、俺は正体の上にオーバーボディを着ているんだ」という、子供心にも納得のいかない説明で、キャラを変更させていました。



ではあるが、その一方で、まじめに律儀に最初の設定に束縛されるのも善し悪しで・・・・・・・・・相当に真面目な和月伸宏氏は、最初に出した「10本刀」に逆にからめとられ、必死でキャラ立てをしようとしたもののなかなかうまく行かず、単行本で「やはり10本は多すぎた」と弱音をはいたものでした。

blog.esuteru.com

f:id:gryphon:20201220114302j:plain
るろうに剣心 作者が「十本刀は多すぎた」とぼやく

「十本刀 多すぎた」でtwitter検索!!
十本刀 作者 多すぎた - Twitter Search


というか、鬼滅の刃のほうに話を戻すと、自分はこの柱合会議に集まった「柱」の言動を見ただけで、実際にそれ以降の各々の柱の活躍は知らないんだよ。煉獄さんが今度の映画で〇〇らしい、というのも、断片情報として知ったぐらいでさ。
だから逆に思うのは、「ああ、こういうキャラが一斉に登場して、特にそこで会議とかやらせてそれぞれの個性を出そうとすると、逆に「ベタだな」と受け取られやすくなるな…」ということ。
熱血、クール、乱暴、マイペース、気は優しくて力持ち・・・・・集まって、対比させなきゃいけないから、どうしても一種の類型の活用は避けられない。というか、この種のベタや類型を逆に避けようとすると、かなり不自然で、かえってつまらないものになりそう。
それぐらい、このへんのグループのキャラ立ては練りこまれ、成熟しているのだ。

それを示しているのが、次々と物語やキャラの「ありがち」「ベタ」を笑える方法で読者に提示し、創作者の首を真綿で絞めている(笑)「オモコロ」の企画だ。
なかでも大傑作とされる伝説企画がある。ブクマ1800か!!

omocoro.jp
【検証】老若男女が並べば『能力者』っぽい写真が撮れるんじゃない?
能力者マンガは老若男女で並びがち。じゃあ一般人でも老若男女で並べば能力者っぽくなれるのでしょうか?

(略)
そうと決まれば行動あるのみ。さっそく僕を含め、性別も年齢も国籍も違うメンバーを5人ほど集めたいと思います。
案外すぐに集まりました。何でもやってみるものですね。
電話やメールを駆使して企画に協力してくれる老若男女を見つけだし、このスタジオに集まってもらえることになりました。

・やはり女性の能力者といえば、自然を操る『草の能力者』でしょう。
・「老人の毒使い」ってかっこいいと思いませんか?
・不機嫌そうな顔でゲームばかりしている子供キャラは、底抜けの強さを発揮しがちです。
・それほどまでに彼は、トランプで攻撃してきそうなのです。

f:id:gryphon:20201220124110j:plain
オモコロの「検証 老若男女が集まれば能力者っぽい」

あるいは同じオモコロの「かまど」氏の漫画もそーだが
omocoro.jp

どれも幅広いようでいてジョジョと富樫系漫画に比重を置き過ぎだ、とは思わないでもないが(笑)、それにしてもきれいに、こういう物語・キャラ類型の「ありがち」を指摘しきっている。
ほんとに線の細い漫画家さんがこれを見たら「この手はオモコロでネタにされてた…それは避けないと…」とノイローゼになりそうなので、編集者はうまくこのサイトをブロックしてあげて(笑)。


で、こういう目で「鬼滅」の柱集合と、竈門兄妹の処遇を決める議論を見た時は「ベタ……いや、王道だな!!」と、そう思ったんだわさ。どうしたってここで奇をてらいすぎてはいけない。どこかで聞いたような、見たようなキャラ設定でも、それは今後の使い方次第。
むしろ、そんな「王道」を自分たちはあゆもう…そんな作り手がわの意識と覚悟を、「柱」というなかなか重要なキャラを一気に披露し、それぞれの個性を結構大胆に打ち出す展開に感じたのです。


フードで正体を隠して、キャラは思いついたとき、必要な時に順番に出していけば??

上の類型で言えば、たしか記憶のかぎりでは黄金聖闘士は一斉にではなく、順番に出てきたと・・・・・・・・ああ、間違いないや。みんな、「自分の星座の聖闘士がかっこいいか、悪いか」気にしてたもんな(笑)。いや俺はリアルタイムでも今でもいい読者じゃないけど、2、3ぐらい全部を悪に割り振ったやつが出てきて…それは今でもひきずってる人がとか、いないとか。


そして車田正美氏の発明なのかどうかしらんけど、キン肉マンから男塾まで使われたこれ。

先の展開やキャラデザインを思いついてないとき便利だ!正体不明!謎のフードの男!!(「いぬまるだしっ」より)

上のガンダーラ十六僧も、これの同類だな。堂々と「なんでこれで、顔に影がかかってるん?」「実際にキャラが登場したら、体型とかまるで違ってるぞオイ」などとのツッコミを当時もいまも受けながら、あまりの便利さに救われたクリエイターの多いこと。
やはり偉大な大発明だったのでしょう。


で、やっぱり世の中、時間の制約ってある。そして、話の流れにそって出した方が、人数的にも個性的にもやっぱり無理なく出せる。(多すぎた、とかはない)
そんなことは作者もわかってるはずで、その兼ね合いや、一斉集合とのインパクト、あるいは自分の事前作りこみ・完成度への自信などが合わさって、一斉集合を選択する人も出てくるのでしょうね。


その一方であれだ、話題になった鬼側…鬼舞辻無惨のパワハラ会議に依る鬼の内部粛清だが、「むしろこのような〇〇衆は多めに出しておいて、多すぎるなーと思ったら内部粛清したり、特に強さを強調したい相手キャラにまとめて倒してもらって人数調整すればいい」ということもあるんじゃないかな。
夢枕獏の「やられ役パンデミック」を抑えることもできるかも??
m-dojo.hatenadiary.com


おまけ ジャンプ以外

ジャンプ以外では、これも個人の観測範囲として、仮面ライダーストロンガーデルザー軍団は面白かったなー。デザインも秀逸だし。

それまでも死神博士地獄大使など、順番に出てきた幹部が最終的に勢ぞろい(再生したりとかね)で並ぶことはあったわけだけど、このデルザー軍団はけっこう一斉にそろったんじゃなかったかな(記憶曖昧)
そしてその内部で手柄争いや内部抗争がある、というのもおもしろかった。

f:id:gryphon:20201220135023j:plain
悪が一斉集結する デルザー軍団


真田十勇士のような個性豊かなメンバーの集結はあるけど、これは毎週連載しながら話を考えてくとかそういうのじゃないだろうしな…(講談の続き物はあったけど)
山田風太郎の忍法合戦とかの影響も当然あるだろうけど、まあそれはもっと詳しい人に任せる。
自分個人の観測範囲の中から、今日の柱合会議全国放送に合わせて、強い幹部の一斉集合!!の系譜を思い出してみました。



【創作系譜論】※準タグです。この言葉でブログ内を検索すると関連記事が読めます